ブロックチェーンにより永久に変容するかもしれない 10 の分野

我々は新たな産業革命に直面しているのでしょうか?ある意味でその答えは「yes」です。ブロックチェーンは世界を支配しつつあるようです。早期導入事業者であったり、処理を最適化しようとするデジタルプロトコル産業等のキーライン企業は増加し続けています。このブロックチェーンが永久に変容させる可能性のある上位 10 分野の産業は次のとおりです。

銀行業(バンキング)

ブロックチェーンが変革をもたらす可能性のある上位 10 分野を考えたとき、銀行業がその筆頭に挙げられます。現在、銀行はメインの資金庫として、また送金のハブとしての役割を担っています。登場したブロックチェーンのようなより高度な技術は、完璧にその役割に適い、取って代わることができます。ブロックチェーンはデジタル化されたハッキング不可能な元帳であり、強化されたデータ転送プラットフォームとして考えられています。

技術のポテンシャルを目の当たりにし、 Barclays 、 UBS 、 Rabobank といった産業の有力企業が暗号通貨技術を試用開始しました。それはバックオフィス処理の合理化であったり、または Rabobank の Rabobit のように独自の暗号通貨を立ち上げ、マーケティングおよび推進計画に含んでいくことを目的としています。

電子商取引(イーコマース)

ビジネス処理および決済取扱いの最適化において、切実に変化を求めている次の巨大産業は電子商取引です。ここでも切り札となるのはブロックチェーンです!ICO が急増する中、世界中で投資された仮想通貨の額が 5,000 億米ドルと推定されることを考慮すれば、 2018 年が「暗号通貨の年」と称されることは何ら不思議ではありません。そのため、楽天を始めとする電子商取引大手が後れを取ることは考えられませんでした。日本の電子商取引プラットフォームは独自の暗号通貨、楽天コインの開始を発表する形で口火を切りました。この新通貨はプラットフォームの顧客ロイヤルティスキームの一部となるでしょう。

しかしながら、「ブロックチェーン化」に向けて歩みを進めているのは、先に紹介した産業だけではありません。

アダルト・エンターテイメント&ゲーム

ブロックチェーン化に最も近い産業トップ 3 には、大人向けの娯楽およびゲーム産業がランクインします。共にオンライン配信され、その熱望される内容量は広告を上回ります。加えて、これら 2 分野が生み出す運営費は広告費をはるかに超えます。それでも両業界には改善の必要性があります。

顧客の要望を満たすためには、アダルトとゲームの販売会社は最新の技術進歩に遅れずついていく必要があります。そのために彼らは、映像と音響からブロックチェーン技術まで、最先端ソリューションのアーリーアダプターとなるのです。より深い理解のためにこちらの記事をご参照ください

世界中に数百万人の利用者がいるにも関わらず、「悪徳産業」と蔑称されているこれらの分野のサービス提供者は、顧客の満足を得続けるソリューションを必要としています。さらに、提供するサービスに対する支払いを受領し、エンドユーザーにとって最適な匿名性の度合いを保証することも必要です。

アダルトやオンラインゲームがもたらす高いリスクに伴い、これらの分野の事業者は高い取引手数料に悩まされ、それは時に 15 %に上ることもあります。不可逆的な取引を実現している PumaPay 等のブロックチェーン・プロトコルを用いることで、事業者はチャージバック(不正利用による支払い取り消し)や高い取引手数料を 0 にすることができます。

会計&監査

会計や監査を始めとする金融分野において求められる確度を考慮すると、ブロックチェーンがもたらすインパクトは極めて重要かもしれません。現在の、すべての社費や資産の議事録をハードコピーと電子の両書式で保管する作業は煩雑で、不正な開封や改ざんを防止することからは程遠い状況です。さらにすべてのデータ入力が手作業で行われており、どんな優秀な会計担当者もミスを犯すことはあるため、人為的エラーは常に発生する可能性があります。ここでまさにブロックチェーン技術が役立ちます。エラーを取り除き、データのダブルチェックに取られる会計や監査担当者の貴重な時間を節約することができます。このことは同様に監査業務にかかる企業経費を削減することにもつながります。その上、ブロックチェーンが提供する人工知能と認知ツールを利用することで、監査担当者はより大容量のデータを扱うことができるようになります。ブロックチェーンの利点はさらに内部、外部両方の不正行為を防止することにまで及びます。

投票

ブロックチェーンが変え得る次の分野は投票、特に選挙です。投票者の身元の証明の他に、選挙は勝者を特定するため、より確実、そして正確にリアルタイムで票を記録することが求められます。ブロックチェーン技術はこの分野も変える見込みが大きくあります。高度に安全な暗号化データ転送ハブであるブロックチェーンは、不正行為を防止しながら、投票、追跡、集計の完璧な基盤を提供します。

ブロックチェーン・ソリューションを用いて取引と同様の方法で票を記録することは、政府や投票者が票の改ざんや不正票の追加を行えないよう保証する、絶対確実なツールを得たことを意味します。Follow My Vote はそのような革新的なアプリケーションの1つであり、我々は「次に何が来るのか?」と思案せずにはいられません。

人事(HR

ブロックチェーンのポテンシャルは我々の標準化された物の考え方をはるかに超えており、人事管理や求人にも及んでいます。現状、求人担当者が有力な候補者を特定するときに使用する主要なツールは LinkedIn 等のオンライン履歴書ハブで、求職者には自らの実績を列挙することが求められます。加えて、個人の職の「年代記」以上のプロフィールを作成しなければならず、ネットワークを構築し注目を得るのには時間とエネルギーが必要です。これは求職者とリクルーター双方にとって手間がかかることです。取引履歴を年代順に記録する確実なデータハブであるブロックチェーンは、職歴の把握に利用でき、リクルーターが困難なくデータへアクセスできるようにします。

課税

緊急に改善を必要としているもうひとつの分野に課税が挙げられます。経営者も労働者もその単語を発するだけで頭が痛くなってしまいますが、システムが非常に不平等で不十分であるため、そのようになることは当然です。例えば、オーストラリアでは通年の税額をそれまでの最も高い収入を基礎に算出し、徴税します。例外を現状としてみなし、最高税率区分に当てはめるため、納税者にとっては完全に不公平です。つまり例えば普段 1 時間あたり 20 ドル稼ぐ人が、一日限定で 1 時間あたり 100 dポルを稼いだとしても、税務計算は最高額を基に行われます。しかしそのことは税務当局にとって問題と認識されてはいません。

その上、納税者が控除の恩恵を受けるためには何年間もの経費の議事録を取っておく必要があります。誰もが避けたい業務ですが、ここでブロックチェーンがその本来の働きで急場を救います。年代順に記録されたすべての取引データは IR に利用でき、税額を算出することができます。

ブロックチェーン取引の作業を転換し、プル型決済を可能にした PumaPay は、時間経過に基づき、課税額にぴったりと合うように一定と変動の金額の反復支払いを容易にします。納税者はいくつかのパラメーターを設定し、具体的なプル型コントラクトを選択するだけで、円滑で適切な納税を確実にできます。

旅行(トラベル)

Expedia が予約の際、 Bitcoin 支払いを受け入れたことをきっかけとして、旅行業界は今後確実にその支払い方針を変えるでしょう。 Expedia の Bitcoin 導入は、そろそろこの分野の事業者がブロックチェーン導入を図るタイミングでした。

現在のフライトやホテル予約の古き良きクレジットカード方式は、事業者者と顧客双方にとって煩雑です。Booking.com はその観点の最たる例です。このプラットフォームを通して宿泊施設の予約を行うと、顧客のクレジットカードから金額が差し引かれ、宿泊施設提供者の口座に入金されるまで 20 営業日もかかることがあります。顧客にとってはチェックアウトまでお金がカード上で停止されているような、「あなたのお金だけど、実際はあなたのお金ではない」というような状態になります。そして言うまでもなく、関連する送金や両替手数料もかかります。

このことは旅行ビジネスに改善の十分な余地を残し、その上、 PumaPay をはじめとする高性能のブロックチェーン技術の幅広い採用への下地を作ります。仲介手数料の削減を可能とする PumaPay には、現状を変える大きな見込みがあります。また、暗号業界の新興企業 RoomDAO は、旅行者が必要とするすべてのもの(チケット、ホテル、レンタカーから周遊旅行まで)が揃う一元化された暗号市場を創ることにより、旅行産業に革新的な変化をもたらしています。

メッセージングアプリ

次にオンラインの暗号化の流れに加わると考えられるのが、メッセージングアプリです。暗号化されたオンライン通信プラットフォームの雄として君臨する Telegram は、クラウドファンディングに加わります。そのメッセージングアプリは全世界 1 億 7 千万利用者のエコシステムに、史上最高額の ICO となる 12 億米ドルを調達する予定です。これは Slack 等の競合相手にとって深刻な脅威となります。

他にも Kik は独自のアプリケーション内 ICO を導入したり、日本のチャットプラットフォーム Line の暗号取引に関心を示したりと、暗号化競争に参入しました。

医療(ヘルスケア)

ブロックチェーン技術によって巨大なインパクトを受け得る分野として最後に挙げるのは、医療です。電子カルテの採用により、医療産業はワークフローの最適化と患者の待ち時間短縮へ前進しました。しかしながら EHR システムは依然として利用者にとって使い勝手が悪く、ハッキングでき、 MedStar によれば世界中の医療ビッグデータのセキュリティ侵害が連続して行われました。

医療機関、専門家、保険会社そして患者は同様に、ブロックチェーン・ソリューションの採用によりこの業界を永久に変えるかもしれません。ブロックチェーン・ソリューションは、完全性を損なうことなく確実にビッグデータを交換すると同時に、医療行為の機密性を保証します。世界的に有名なブランド Philips Healthcare が有望なブロックチェーン新興企業 Gem 及び Tierionと提携し、 Philips Blockchain Lab を立ち上げてから、ソリューションが起こるまでそう時間はかかりませんでした。

しかしながら、これはまだ 21 世紀の産業革命の始まりに過ぎません。そしてブロックチェーン技術がどのように産業を超え、経済生活のあらゆる場面で成功の機会を創り出すのかという概観でしかありません。

 

コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!
 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.