AvnetがBitPayを通じて暗号通貨決済を導入

2019年4月8日

グローバルテクノロジーソリューション企業であるAvnetは、暗号通貨決済を受け入れることで、いよいよ暗号通貨ビジネスへ参入します。最大手の暗号通貨取引プラットフォームの1つであるBitPayと提携し、Avnetの顧客、暗号通貨でシンプルで効率的な支払いをする手段が手に入るようになったことを発表しています。

ウェブサイトによると、Avnetは“暗号通貨での販売するための完全なソリューションや商品を提供することで、決済方法の規範を打ち壊す”と謳っています。

変化の背景とは

変化する業界、イノベーションの必要性を認識し、Avnetはこの転換についてウェブサイトで次のように説明しています:「毎日およそ250,000のビットコインが台帳上で取引されており、その状況は変化し、私達、そして私達の顧客をそれに対応させるために動いています。起業家から企業まで、商品のライフサイクルのどの地点においても、Avnetは彼らの革新的な考えを発展させ、さらに高いレベルへ到達させるための体制を整えています。」

CoinDeskによると、米国内で、AvnetはマイクロソフトとDell(デル)に次いで、ビットコインを決済として受け入れる第3のテクノロジー企業となります。

プレスリリースでAvnetが述べていたことは、開発者は現在柔軟性を求めているため、この提携によりAvnetの顧客は、暗号資産で支払いを行うための便利な手段が手に入ります。

Avnetのディマンドクリエイション部門のヴァイスプレジデントであるSunny Trinhは、次のように述べています:「BitPayと提携し、安全なブロックチェーン決済を全ての顧客へ提供することで、彼らはどのように支払いを行うかではなく、製品の開発そのものに集中することができます。ビットコインでも、ビットコインキャッシュでも、どちらも対応できます。」

AvnetとBitPayは、米国外でも、国ごとに暗号通貨決済を処理することができます。BitPayによると、2018年は事業者やB2B顧客からグローバルに10億ドルを超える取引を行ったとのことです。

BitPayの最高商務責任者のSonny Singhは、革新的な企業は顧客のニーズを聞いているということを明確に言及しました。Avnetがビットコインを決済手段として受け入れることを決定したことは、論理的なものでした。「ビットコインでの支払いはクレジットカードや銀行送金より簡単で速く、安価で受け入れができるようになってきています。Avnetはビットコインで支払えるメリットを享受したいという、多くの新しいブロックチェーンを好む世界中の消費者に訴えることができるようになるでしょう。」

Blockchain.comによると、ビットコイン取引は増加していて、Avnetはビットコインを受け入れた初月に数百万ドル規模の暗号通貨取引を何度か行ったとされています。現在で、AvnetはBitcoin.comと組んで新しいハードウェアウォレットを開発しており、それは暗号通貨の保管ができ、最も高い水準で安全な取引を提供することができるようになります。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.