Binance Chainがメインネットを導入

2019年4月25日

Binance Chain (バイナンス・チェーン)はメインネットを導入し、メインネット・スワップを実行します。4月23日の発表によると、

世界最大の暗号通貨取引所のBinance(バイナンス)は、2018年12月にブロックチェーンの導入を発表し、ツイートで次のように述べました:「バイナンスはブロックチェーンの採用を後押ししており、業界を支援するために様々な事柄に取り組んでいます。数か月後にバイナンス・チェーンが完成し、数百万のプロジェクトがトークンを発行できるようになります。」

バイナンスは、バイナンス・チェーンと呼ばれる独自のブロックチェーンを導入し、ICOトークンや暗号通貨の作成を可能にします。バイナンス・チェーンのブロックチェーンは、4月23日より公開される予定です。

何が起こるのでしょうか? 

発表によると、4月18日には、バリデータ(承認者)はジェネシスブロックからの同意を得てブロックを作成し、バイナンスのネイティブコインであるBinance Coin(バイナンス・コイン、BNB)が作成されます。初回のコイン供給数は2億枚で、BNBをERC20で保有している所有者のコインを変換するために、初めの5百万BNBがBinance.comが所有するアドレスに割り当てされ、入金が行われます。

利用者は、バイナンス取引所上でERC20 BNBトークンをバイナンスチェーンのBNB(BEP2)へ変換することもできます。利用者がERC20 BNBをBNBへ変換するにつれて、Binanceはより多くのBEP2コインを公開することができます。

プレスリリースが謳っているように、「Binance Chain Explorer(バイナンス・チェーン・エクスプローラー)とウェブウォレットが選択された提携先へ利用可能になり、まずは導入テストのためのベータ版テストが行われます。その後、2019年4月23日頃に一般公開される予定です。」

ERC20 BNBトークンを保持したい場合は、BNBをBinance.com 364口座から4月23日の午前2時(UTC)までにイーサリアムウォレットへ引き出すことができます。

イーサリアムを離れる

イーサリアムブロックチェーンからバイナンスチェーンへ移行されるトークンについて、移行された後数時間の大規模なダウンタイムがありました。しかし同時に、2019年4月19日には、トークンをバイナンス・チェーンへ移行したMithril (MITH) は、50パーセントも価格が上昇する結果となりました。

Mithril (MITH) の価格上昇に、バイナンス CEO である Changpeng Zhaoはこう述べています:「では、トークンの移行を待っているプロジェクトはいくつあるでしょうか?」しかし、価格の上昇だけを狙っている場合、出来事や下落する価格もあり、将来的な移行については妥協点があるかもしれません。「移行されたトークンに何が起きたのか、より正確に確認してみましょう。」

バイナンス・チェーンが、イーサリアムにとって脅威となりえるかどうか、価格が安定するかどうかは、まだ確かではありません。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.