暗号通貨、ブロックチェーン、フィンテック


暗号通貨に取り憑かれた韓国

2019年2月11日 暗号通貨は韓国にとって必需品になっており、国としてもデジタル通貨では米国、日本に次いで3番目に大きな市場となっています。韓国での暗号通貨の盛り上がりは、ビットコインが米国のトレーダーが同じ水準に達する前に韓国の取引所で$10,000に値上がりした2017年に端を発しています。 社会的地位、ファッション、資産、セレブでいることが全てである国において、暗号通貨が若者の間で人気が高まることに驚きはありません。 あるNew York Timesの記事によると、韓国人の若い世代が、先が見えない将来から抜け出す道をさがしているという事実が、暗号通貨が盛り上がっている世界の資本へと国を...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨界の悪夢:QuadrigaCXの暗号通貨に何が起きたのか?

2019年2月8日 QuadrigaCXを取り巻く謎はまだ解決していません。どの暗号通貨保有者にとってもこの出来事は悪夢でした。朝起きて、あなたの暗号通貨にアクセスできないことが判明したら、あなたはどうしますか?もし、パスワードを忘れたり無くしたりでもしたら?これがまさに、カナダの暗号通貨取引所であるQuadrigaCXのCEOであるGerald Cottonが死去したのちに起きた出来事でした。 悲しいけれども(おそらく)事実である 暗号通貨取引所KrakenのCEOであるJesse Powell が言うには、「@QuadrigaCoinEx に紐づいているとされる数千のウォレットアドレスがあ...

Continue Reading...

Continue Reading


なぜテザーは謎につつまれた暗号通貨なのでしょうか?

2019年2月7日 最も活発に取引がされ人気がある暗号通貨の1つであるテザー(USDTとも呼ばれます)は、暗号通貨投資家が関心をよせていますが、それはそのコインがUSドルによって価値が担保されていると言われているためです。それゆえ、USドルの代わりとして暗号通貨市場で取引されています。しかし10月から、暗号通貨トレーダーは不安を感じています、というのも、テザーの価格が$0.94まで下落し、テザートークンの明らかな売りを引き起こし、投資家が通貨への信頼を失っているという憶測が広まったからです。 テザーの人気はビットコインと、価格操作を行っていたと言われている暗号通貨取引所のBitfinexから来...

Continue Reading...

Continue Reading


日本で暗号通貨は現金に置き換わるのか?

2019年1月29日 日本では、変化の兆しが見えてきています。政府はブロックチェーン技術や暗号通貨を徐々に受け入れ始めています。中国や韓国と違い、日本は電子マネーの採用がとても遅いです。長い間現金に頼っていたのですが、それには理由があります。路上での強盗が少ないことや、金利や相続税が低いことが、現金を使うという贅沢を可能にしたのです。 しかし多くの小売業者は法的な決済手段として暗号通貨を受け入れ始めています。日本は非現金経済へ移行しようとしています。デジタル通貨は漸進的な未来の一部です。この理由からも、日本は未来の自国経済に不可欠な部分を確実に作ろうとしています。 日本は日常取引において現金の...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーン、暗号通貨にとって2019年はどんな年になるのでしょうか?

2018年は暗号通貨やブロックチェーンにとってとても難しい1年でした。ブロックチェーンという技術にとっては、多くの意味でいい年だったかもしれません。というのも、ようやくブロックチェーンというものが暗号通貨とは別の概念ということがようやく認知されたからです。しかし2019年はもっと有望な年になりそうです。より多くのブランドが技術自体や暗号通貨を受け入れ始め、特にRobinhood や  TD Ameritradeのような主要な取引所がBTCや他の暗号通貨取引を取り扱うことになることも大きいです。多くの評論家はこれを前提に、ブロックチェーン技術を採用する会社が多くなればなるほど、この技術への投資が...

Continue Reading...

Continue Reading


スマートコントラクトを理解する

ブロックチェーンの最も革新的なことの1つは、分散化という側面にあります。疑いようもなく、分散化されたシステムは、全体のネットワークの中で共有され、透明性と安全性を向上します。ですが、取引の透明性と安全性は一体どのようにして保証されるのでしょうか? この魔法がスマートコントラクトといわれているもので、この技術は第三者を排除できるとされています。ではどうやって?スマートコントラクトは、銀行のような中央集権型の機関のサービスではない方法で、透明性が高く、利害対立がないやり方でユーザーが取引することを手助けします。 スマートコントラクトの目的は取引をより速く、より安価に、より安全に手助けすることです。...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーンの有用性とは?PumaPayが実証します!

暗号通貨業界について考えるとき、まず頭に思い浮かぶのはブロックチェーンです。ブロックチェーンは画期的、革新的、そして包括的な用語です。テクノロジー、ビジネス、教育、そして他の多くの分野で応用できる可能性について、ブロックチェーンの話題は尽きません。今までより効率的、今までより高速、そして今までより透明性の高い未来を予見させるような力がブロックチェーンには秘められているのです。このインフラストラクチャは、すべてのトランザクションを記録および文書化し、データを暗号化してセキュリティと統合性を確保する分散型プラットフォームに基づいています。個人情報の保護および暗号通貨の普及に対する期待が高まる傍ら、...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーンが変える素晴らしい10のこと

ブロックチェーン技術というのは、金融業界での最近の流行語になっています。第3者を排除しながらビジネスにおいて使いやすい方法を見つけるという約束は、ブロックチェーンのファン、会社、起業家の間で熱狂を生み出しており、一連のセクターや業界を変える可能性があると認めています。 ブロックチェーンののような非中央集権構造が変えることができるものをいくつかご紹介します。 1.伝統的金融システム ブロックチェーンは、中間業者を排除し取引に透明性をもたらす構造を提案しています。大幅な変革がなされていない複雑な基盤の一部として、未だに銀行が国家間の取引の主導権を握っている一方、ブロックチェーン技術は銀行の介在なし...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨とPumaPay愛好家への11のおすすめギフト

今年のクリスマスは、大切な人達に、珍しくて驚かれるような暗号通貨やブロックチェーングッズの贈り物をして楽しませましょう。何がいいかわからないまま理想のギフトを探す必要はありません、私達におまかせください。予算に応じて、様々なギフトを用意しました。 1.$20でかっこいいメッセージ入りのTシャツとマグカップが購入できます。これをあなどるべきではありません。「もうマグカップはいらないよ」という声が既に聞こえてきますが、これは単なるマグカップではありません。面白くて凝ったメッセージが書いてあるマグカップが  EtsyやAll Things Decentralにあります。後者では、靴下や帽子など、クリ...

Continue Reading...

Continue Reading


ビットコインは悪魔に関係している?理不尽な暗号通貨陰謀説

ブロックチェーンの技術と暗号通貨はフィンテック業界で一番話題に上るテーマの1つですが、その多くは謎に包まれ、いくつかの陰謀説を生み出すまでになりました。暗号通貨の主要な登場人物の1人でビットコインの創設者のナカモトサトシは今日まで匿名を保っているという事実は、神話性を強めており、オンラインユーザーの中でいくつもの偽情報が出回っています。 最も有名な陰謀説を見てみましょう: 1. 獣の刻印 人間はたいてい、ビットコインやその他の暗号通貨を含め、よくわからないものを悪魔化する傾向があり、その複雑な性質のために闇に包まれます。以下の陰謀説によると、ビットコインは“獣の刻印”であるとのことです!この説...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 1 of 3123