暗号通貨、ブロックチェーン、フィンテック


ブロックチェーンプロジェクトの数で中国が首位に

2019年4月17日 4月2日、現在開発中のブロックチェーンプロジェクトの数に関して、中国はおそらく世界で首位であろう、とChina.org.cnは発表しました。 China.org.cnは記事の中で、“ブロックチェーンプロジェクトで自国が世界を主導している”と述べ、暗号通貨市場は弱含んでいるものの、様々な業界が実体経済で利用するためのブロックチェーンプロジェクトに関わっていることを指摘しました。進行中のプロジェクトは263個あり、グローバル全体のプロジェクトの25%を占めています。中国はブロックチェーン関連イノベーションのリーダーであり、その領域は金融から公共サービス、ヘルスケア、サプライチ...

Continue Reading...

Continue Reading


PumaPayの決済レイヤーとは?

2019年4月12日 PumaPayの暗号通貨請求ソリューションは、暗号通貨のより幅広い利便性や採用を促す目的として開発されました。そのため、PumaPayは暗号通貨決済を受け入れる事業者が直面する、暗号通貨の高い価格変動性や流動性の問題への解決策を提供します。 PumaPayのプル型決済プロトコルは、特定の事業者の口座へ直接法定通貨ですることで、価格変動性リスクなく、100%の流動性を提供する法定通貨決済レイヤーも提供します。PumaPayは現在、法定通貨決済レイヤーを開発する第三者の企業と緊密に協業を行っています。開発が完了すると、第3者企業による拡張サービスとして、PumaPayのプロト...

Continue Reading...

Continue Reading


PayPalがCambridge Blockchainへ出資

2019年4月11日 Forbesによると、グローバルオンライン決済企業のPayPal(ペイパル)は Cambridge Blockchain(ケンブリッジブロックチェーン)というスタートアップ企業へ出資を行ったとのことです。Cambridge Blockchainは、ユーザーがデジタルな身分証明書を保有できる技術を開発しているテクノロジースタートアップ企業です。 4月2日にForbesが発表したところによると、PayPalが出資したのは、“ビットコインの利用者が銀行なしで価値の保全が可能になったように、Facebookのような第三者の必要性なしに、個人がオンラインで身分証明ができる技術を開発...

Continue Reading...

Continue Reading


AvnetがBitPayを通じて暗号通貨決済を導入

2019年4月8日 グローバルテクノロジーソリューション企業であるAvnetは、暗号通貨決済を受け入れることで、いよいよ暗号通貨ビジネスへ参入します。最大手の暗号通貨取引プラットフォームの1つであるBitPayと提携し、Avnetの顧客、暗号通貨でシンプルで効率的な支払いをする手段が手に入るようになったことを発表しています。 ウェブサイトによると、Avnetは“暗号通貨での販売するための完全なソリューションや商品を提供することで、決済方法の規範を打ち壊す”と謳っています。 変化の背景とは 変化する業界、イノベーションの必要性を認識し、Avnetはこの転換についてウェブサイトで次のように説明して...

Continue Reading...

Continue Reading


ルイヴィトンの親会社LVMHがブロックチェーンを導入

2019年4月4日 CoinDeskによると、フランスの多国籍高級品複合企業のLVMH (Moët Hennessy Louis Vuitton)は、商品の正当性を証明するために、追跡を可能にするブロックチェーンを開発するようです。 少し驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、ブロックチェーンの潜在的な可能性は留まるところを知らず、この例が表しているように、毎日新しいプロジェクトが始まっています。同様に、1887年にWilliam Grantによって創設された、独立系の、家族経営のスコッチウイスキー会社であるWilliam Grant & Sonsという会社は、彼らのブランド商品の出所を...

Continue Reading...

Continue Reading


ドイツの政治家がブロックチェーン関連規制を求める

2019年4月2日 Cointelegraph(コインテレグラフ)によると、ドイツの議員は、暗号通貨取引とトークン発行など、ブロックチェーン関連規制について、国としての戦略を示す必要があると提言しました。 この考えは、ドイツ連邦議会であるthe Bundestagでの金融コミッティーによる公聴会に先立って、プレスリリースにて提言されました。 プレスリリースの草案は統一党の金融広報担当のAntje Tillmanと同僚のMatthias Hauerが作成しました。統一党は、中道右派の2つの政党、ドイツキリスト教民主同盟(CDU)とバイエルン・キリスト教社会同盟(CSU)のキリスト教民主政治連盟で...

Continue Reading...

Continue Reading


Invescoがロンドン証券取引所でブロックチェーンETFを上場

2019年3月27日 Invesco(インベスコ)は3月11日に、ブロックチェーン上場投資信託(ETF)をロンドン証券取引所へ上場しました。このETFは「暗号通貨を支えている技術に対してファンドマネジャーの関心が高まっていることの現れです」とFinancial Timesの記事は指摘します。 米国系投資管理会社のInvescoは、ロンドンの投資会社であるElwood(エルウッド)アセットマネジメントと提携し、“Invesco Elwood グローバルブロックチェーンUCITS(EUの法律に従って設立・運用されている投資ファンド) ETF”を開発しました。Invesco Elwood グローバル...

Continue Reading...

Continue Reading


PumaPay:テスト環境

2019年3月22日 今週は、テスト環境の導入がいよいよ始まります。テスト環境は本番環境のシミュレーションが可能で、ビジネスコンソールの機能、請求モデルの設計方法、顧客側への見え方などを確認することができます。 テスト環境では実際の資金を使った取引は起こりません。テスト環境へアクセスするには、まずPumaPayに登録が必要です。そのためには、KYCを終えた後にウォレットの宛先を追加します。ウォレットアドレスがない場合は、Google PlayやAppleのApp StoreからPumaPayウォレットをダウンロードすることもできます。ビジネスコンソールへログインを行うと、テスト環境用のPMAト...

Continue Reading...

Continue Reading


ドバイのEmaarグループが暗号トークンを導入

2019年3月21日 世界で最も大規模な不動産開発業者の1つであるEmaar (エマール)グループは、イーサリアムブロックチェーン上で、“Emaarコミュニティトークン”を発行する準備をしています。 ドバイ金融市場に上場している97億ドルの価値をもつEmaarグループは、58.3億ドルもの年間収益を誇り、世界で最も高いビル、ブルジュ・ハリファ(バージュ・カリファ)やドバイモールを建設したことで知られています。どちらの建物もドバイ市街地の一部に位置しています。Dubai Creek Harbour(ドバイクリークハーバー)にあるDubai Creek Tower(ドバイクリークタワー)や、Dub...

Continue Reading...

Continue Reading


フェイスブックコイン:暗号通貨に朗報です

2019年3月19日 フェイスブックコインは数百万ドルを生み出すだけでなく、暗号通貨の採用をさらに促すことになると、insidersは指摘しています。 BarclaysのRoss Sandler:フェイスブックコインは190億ドルを生み出す BarclaysのインターネットアナリストのRoss Sandlerは、2021年までにフェイスブックコインは30億ドルから190億ドルの利益を生み出す可能性があると述べています。 ソーシャルメディアの巨大企業であるFacebookは、ピアツーピア(P2P)の決済に使える暗号通貨を開発しており、それは伝統的な通貨の価値に紐づけられるとのことです。Bloom...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 1 of 512345