Articles


アマゾンが管理するブロックチェーンサービスが登場

2019年8月6日 アマゾンが”Amazon Managed Blockchain(アマゾン・マネッジド・ブロックチェーン)”を発表するなど、ブロックチェーン技術は主流の業界へ進出し続けてきています。このサービスはアマゾン自身が管理しているもので、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)やイーサリアムブロックチェーンの一般的なオープンソースの仕組みを利用して、拡張性があるブロックチェーンネットワークを利用者が作成および管理することができるものです。 独自のネットワークを作りたい利用者と、それに伴う難しさの溝を埋めるために、今回アマゾンはブロックチェーン業界へ参入する...

Continue Reading...

Continue Reading


Pundi Xが暗号通貨決済を伝統的な店頭端末へ統合

2019年8月5日 米国の会社VeriFoneが作成したPOSシステムに暗号通貨決済を統合したことをPundi Xが発表したことで、暗号通貨決済は日々の現実に向かってまた一歩前進することになりました。 ブロックチェーンを搭載した機器の大手プロバイダーであるPundi XをVerifoneのPOSシステムに統合することで、XPOSモジュールが有効なVerifone X990を利用している小売店は、従来のクレジットカード取引と同じくらい簡単に、暗号通貨の支払いを処理できるようになりました。 Pundi Xの創設者兼CEOであるZac Cheahは、次のように述べています。「Verifoneとの提携...

Continue Reading...

Continue Reading


韓国モバイルIDシステムをブロックチェーンで提供

2019年8月2日 韓国の金融サービス企業コンソーシアム、携帯電話会社、およびグローバルハイテク企業が、2020年にブロックチェーンベースのモバイルIDを開始する契約に署名しました。 発表によると、政府が認定した第三者や個人データを管理する他の経済主体を必要としない”自己主権型アイデンティティ”を作る技術を開発するべく、KEBハナ銀行、ウリィ銀行、KOSCOM(コスコム)、SKテレコム、KT、LG、UPlus、サムスン電子が提携することになりました。第三者を排除することで、オンライン取引での身分証明を利用者自身が管理できるようになることを目指しています。 このモバイルシステムでは、住民登録番号...

Continue Reading...

Continue Reading


George Polzer:ブロックチェーンとは?

2019年8月1日 今回は、私達の戦略アライアンスマネジャーのGeorge Polzerによる、PumaPay小講義シリーズの第2回目です。最初の講義ではAIについて説明しましたが、今回は、AIと対照的なブロックチェーンについて説明します。そしてこの2つの変革的な技術がどう相互作用し、お互いを補完するかということが語られます。 ブロックチェーンとは? データポイントからの予測を学習するAIのアルゴリズムとは異なり、ブロックチェーンは単一の技術ではなく、長年にわたって存在してきた多くの技術や規律が統合したものです。例をあげると以下のようになります。 – ネットワーキング(ピアツーピア...

Continue Reading...

Continue Reading


海上輸送を分散型の未来へ

2019年7月31日 Samsung SDS(サムソンSDS)、オランダの銀行ABN AMRO、そしてロッテルダム港の3社が共同で、韓国からオランダへの輸送をProof-of-concept(PoC)で行ったことで、海上輸送は分散型の未来に向けて大きな飛躍を遂げることになりました。今月初めのMaritime Executiveのレポートによると、3社は相互運用可能なブロックチェーンプラットフォームを利用し、コンテナの追跡を行ったということです。 ロッテルダム港のCFOを務めているPaul Smithsが説明しているのは、この最終目的は、オープンで、独立した世界規模の貨物輸送プラットフォームを作...

Continue Reading...

Continue Reading


ネスレが新しいブロックチェーンプロジェクトを公表

2019年7月30日 食品・飲料大手のネスレは、OpenSCとの新しい提携関係を発表し、サプライチェーンの透明性において、新境地を開拓しようとしています。同社は、消費者が食べ物をその生産場所まで遡って追跡できるようにする、革新的なブロックチェーンプラットフォームを導入します。ネスレはオープンなブロックチェーン技術をこのように試験的に導入することを発表した、初めての大手食品飲料会社となります。 初期のプログラムでは、ニュージーランドの農場や生産者から、中東の倉庫に輸送される牛乳を追跡することができるようになります。その次に、彼らはアメリカで生産されたパーム油のサプライチェーンで当技術を試験的に実...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーン技術で不動産業界を改革

2019年7月29日 今週、ヨーロッパの不動産がブロックチェーン取引を通じて売却されたことで、ブロックチェーンは新たな段階に到達しました。 AnnA Villaというパリの豪華な建物が、ブロックチェーン技術を使用して650万ユーロという価格で売却されたことで、不動産ブロックチェーン界に新たな歴史が築かれました。  購入したフランスの不動産会社のSapeb Immobilier と Valorcimは、Esquisafeと呼ばれるフランスのブロックチェーン投資プラットフォームサービスを利用し、不動産の移転を行いました。 この取引はイーサリアムトークンを使用して行われており、不動産販売にブロックチ...

Continue Reading...

Continue Reading


中国ウォルマートのサプライチェーンをブロックチェーンで追跡

2019年7月26日 ウォルマート中国は今週、VeChainのThor Blockchainを使ってサプライチェーンを管理することを発表しました。 今回の発表では、ウォルマート中国、VeChain、PwC、Inner Mongolia Kerchin、中国Chain-Store&Franchise Associationが共同で行う”ウォルマート中国ブロックチェーントレーサビリティプラットフォーム(WCBTP)”と呼ばれる提携関係の概要が説明されています。  ウォルマートはブロックチェーンプラットフォームで追跡を行う製品ラインが23以上あり、年末までに100以上が追加されると立ち上げ時に発表さ...

Continue Reading...

Continue Reading


シャーディング

シャーディング

2019年7月22日 暗号通貨の世界は、初めて登場した時からこの11年間で劇的に変化してきました。ビットコインが唯一の暗号通貨であるという始まりから、今では2,000を超える暗号通貨の数へと成長し、現在では時価総額で3000億ドルを超えるまでに上昇しています。 暗号通貨が金融の世界を破壊し始めたものの、暗号通貨を構築するブロックチェーン技術は、スケーラビリティ(拡張性)の問題を予期していなかったという課題に直面しています。毎秒処理できる取引数に制限があるため、この技術は現在その進歩が妨げられています。ただし、”シャーディング”と呼ばれるものはその解決策になりえるかもしれません。 シャーディング...

Continue Reading...

Continue Reading


CoinMarketCapが暗号通貨データ提供方法をさらに改善

2019年7月17日 CoinMarketCapは、Hashtag Capital(ハッシュタグキャピタル)という会社を初めて買収することで、暗号通貨データ​​の提供を改善するための最初の一歩を踏み出しました。 彼らのウェブサイト上のプレスリリースで、CoinMarketCapがHashtag Capitalを買収したことが説明されていますが、これは、暗号通貨市場に「真の価格」を設定するのに役立つ一連のアルゴリズムを開発したと述べています。これは、暗号通貨価格決定を正確に行う方法を改善するという同社のイニシアチブに沿った動きになっています。今年5月1日、同社は新たな透明性向上のイニシアチブ、D...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 1 of 912345...Last »