Articles


Carrefourがブロックチェーンの追跡機能を利用し売上を拡大

2019年6月19日 Carrefourはブロックチェーンを利用した追跡機能で売り上げを拡大したと、ロイター通信が報じています。 ロイター通信によると、フランスの小売企業は、顧客の信頼を得る目的で、肉、乳製品、果物について生産者から販売店までの追跡を行い、今後は100以上もの商品に拡大するとのことです。これまでに、ブロックチェーンの情報は鶏肉、卵、牛乳、オレンジ、豚肉、チーズなどの20品目について利用可能になっています。 CarrefourのブロックチェーンプロジェクトマネジャーであるEmmanuel Delermは、ロイター通信に対してこう話しています。「この鶏肉の信頼性がCarrefour...

Continue Reading...

Continue Reading


主要な投資アドバイザ企業のVanguardがブロックチェーンを採用

2019年6月18日 投資管理会社のVanguard(バンガード)は、重要なブロックチェーン技術の導入を完了しました。ブロックチェーンを利用して、最も大きな投資信託だと8,000億ドルもの規模になる株価インデックスファンドなど、金融商品のデータ管理を行います。Forbesによると、2月時点で1.3兆ドルものインデックスファンドをブロックチェーンを利用して管理しているとのことです。2017年に公表されていましたが、インデックスデータの分散化を行うために、Vanguardは株価調査センター(the Center for Research in Security Prices、CRSP)やテクノロジ...

Continue Reading...

Continue Reading


Synchronize ヨーロッパ開催間近!

2019年6月13日 来る6月18日火曜日に、IMNが主催する展示会であるSynchronize(シンクロナイズ)ヨーロッパが、英国ロンドンのetc.venues St Paul’sにやってきます! Synchronize ヨーロッパとは? Synchronizeは、金融業界の分散化台帳技術(DLT)、ブロックチェーン、スマートコントラクトを企業や機関向けに採用を推し進める目的で開かれる展示会です。2018年4月にニューヨークで初開催され、今回はSynchronize初めてのヨーロッパでの開催となります。 この展示会は、既存の事業の中へ、分散化技術を最も効率的で効果的な方法で採用できる方法を教...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨の投資家はどのように資産を変化させてきたか

2019年6月12日 Forbesの記事によると、ある暗号通貨投資家がビットコイン全体の供給量の25%を購入したいと思っているようです。この顧客は、暗号通貨取引にピアツーピア(P2P)のネットワークを創り出した暗号資産の投資会社であるDadiani Syndicate(ダディアニ・シンジケート)を利用している投資家の1人です。この資産家は、多額の暗号通貨を蓄えてきた新しい億万長者の1人であり、これらを実物資産に交換したいと思っています。 高価値の取引 創設者によると、特に様々な国家間で暗号通貨を動かす際など、Dadiani Syndicateは高価値の取引の問題へのソリューションを見つけていま...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨専門家がビットコインの価格上昇を説明

2019年6月11日 グローバル取引とテクノロジーの会社であるSusquehanna(サスケハナ)のデジタル資産部門長であるBart Smithは、2019年のビットコイン価格の再上昇について、3月30日のCNBCの番組Squawk Boxで説明しました。 Smithがその番組で語っていたのは、ビットコインは投機的で価格変動性が高い媒体なので、取引をする際は、価格変動性を理解すること、適切な方法を採用することが重要であることです。また、直近2カ月間で価格が50%も上昇したことについて、技術、政治、規制などの要素がビットコインの価格をけん引したことにも触れています。「ビットコイン価格には多くの要...

Continue Reading...

Continue Reading


マイクロソフト、分散型身分証明にビットコインのブロックチェーンを活用

2019年6月7日 マイクロソフトは5月13日に、ビットコインブロックチェーン上のIdentity Overlay Network(アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク、ION)と呼ばれるSidetree(サイドツリー)を基盤にしたDIDネットワークの試作品を公表しました。DIDとは、分散化された身分証明書で、”証明可能な新しいタイプの証明書で、自己主権型身分証明書”を指しています。DIDは、個人利用者の権限者におかれ、いかなる中央権力も身分証明の提供元もアクセスできないものです。 IONとは何でしょうか? マイクロソフトの身分証明部門のシニアプログラムマネジャーのDaniel Buc...

Continue Reading...

Continue Reading


世界銀行が二次流通市場での取引にブロックチェーンを活用

2019年6月6日 世界銀行グループの国際復興開発銀行は、オーストラリアのコモンウェルス銀行(CommBank)と提携し、ブロックチェーン技術を利用して債券の二次流通市場での取引記帳を行います。 この提携は5月15日に公表され、bond-i向けに二次流通市場の取引をブロックチェーンに記録し、分散化台帳技術を使った債券の発行と取引を可能にした初めての例となっています。Bond-iは、ブロックチェーンで稼働する新しい債務証書のことで、新規発行、割り当て、移転、管理といった債券のライフサイクルを通じてブロックチェーンが利用される世界で初めての債券です。これは、2018年8月に世界銀行とコモンウェルス...

Continue Reading...

Continue Reading


AT&TがBitPayを通じて暗号通貨決済を採用

2019年6月5日 モバイルキャリアのAT&Tと決済サービスのBitPayは、暗号通貨決済をさらに推し進めるために提携することになりました。これによって顧客は、AT&Tの請求書をAT&Tのウェブサイトやアプリ上で、暗号通貨で支払うことがができるようになります。 BitPayは、グローバルで20,000以上の事業者に、暗号通貨を法定通貨へ変換するプラットフォームをサービスとして提供しています。BitPayは事業者向けに、ビットコイン、ビットコインキャッシュの決済処理ソリューションをオンライン決済サービスとして提供します。 BitPayのウェブサイトで対応通貨の一覧を見るこ...

Continue Reading...

Continue Reading


Facebookが2020年GlobalCoinを導入

2019年6月3日 BBCの報告書によると、Facebookが独自の暗号通貨を2020年に導入し、約12カ国でデジタル決済システムを立ち上げる予定ということです。 今年末までには試験的運用を始めるようですが、詳細は今年の夏に公表される予定です。Facebook創設者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)はイングランド銀行のMark Carney(マーク・カーニー)、米国財務省の高官と会い、暗号通貨に関する規制関連の課題について議論をしたと報じられています。Facebookはまた、ウエスタンユニオンなどの国際送金会社のような、より早くて安価な国際送金手段を模索しています。...

Continue Reading...

Continue Reading


EDFのDApp利用がイーサリアムの価格押上要因に

2019年5月31日 フランスやヨーロッパでの電力供給の先進的な生産・供給を行っているEDFは、イーサリアムのDApp企業であるiExecと提携し、イーサリアムを基盤にしたソリューションを検証します。多くの企業がイーサリアムやDAppsに興味を示してきたことが、イーサリアムの価格押し上げ要因になっていました。 EDFとは?  EDFは、世界で5番目に大きな電力会社で、大部分をフランス国家が保有しています。2016年は712億ユーロの収益を上げ、360億ドルの時価総額を持つ会社です。EDFは、電力の生産、送電、配電、輸入、輸出を行っています。原子力、石炭、ガスを利用し、フランスのエネルギー消費者...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 1 of 712345...Last »