Articles


ブロックチェーン技術で不動産業界を改革

2019年7月29日 今週、ヨーロッパの不動産がブロックチェーン取引を通じて売却されたことで、ブロックチェーンは新たな段階に到達しました。 AnnA Villaというパリの豪華な建物が、ブロックチェーン技術を使用して650万ユーロという価格で売却されたことで、不動産ブロックチェーン界に新たな歴史が築かれました。  購入したフランスの不動産会社のSapeb Immobilier と Valorcimは、Esquisafeと呼ばれるフランスのブロックチェーン投資プラットフォームサービスを利用し、不動産の移転を行いました。 この取引はイーサリアムトークンを使用して行われており、不動産販売にブロックチ...

Continue Reading...

Continue Reading


中国ウォルマートのサプライチェーンをブロックチェーンで追跡

2019年7月26日 ウォルマート中国は今週、VeChainのThor Blockchainを使ってサプライチェーンを管理することを発表しました。 今回の発表では、ウォルマート中国、VeChain、PwC、Inner Mongolia Kerchin、中国Chain-Store&Franchise Associationが共同で行う”ウォルマート中国ブロックチェーントレーサビリティプラットフォーム(WCBTP)”と呼ばれる提携関係の概要が説明されています。  ウォルマートはブロックチェーンプラットフォームで追跡を行う製品ラインが23以上あり、年末までに100以上が追加されると立ち上げ時に発表さ...

Continue Reading...

Continue Reading


シャーディング

シャーディング

2019年7月22日 暗号通貨の世界は、初めて登場した時からこの11年間で劇的に変化してきました。ビットコインが唯一の暗号通貨であるという始まりから、今では2,000を超える暗号通貨の数へと成長し、現在では時価総額で3000億ドルを超えるまでに上昇しています。 暗号通貨が金融の世界を破壊し始めたものの、暗号通貨を構築するブロックチェーン技術は、スケーラビリティ(拡張性)の問題を予期していなかったという課題に直面しています。毎秒処理できる取引数に制限があるため、この技術は現在その進歩が妨げられています。ただし、”シャーディング”と呼ばれるものはその解決策になりえるかもしれません。 シャーディング...

Continue Reading...

Continue Reading


CoinMarketCapが暗号通貨データ提供方法をさらに改善

2019年7月17日 CoinMarketCapは、Hashtag Capital(ハッシュタグキャピタル)という会社を初めて買収することで、暗号通貨データ​​の提供を改善するための最初の一歩を踏み出しました。 彼らのウェブサイト上のプレスリリースで、CoinMarketCapがHashtag Capitalを買収したことが説明されていますが、これは、暗号通貨市場に「真の価格」を設定するのに役立つ一連のアルゴリズムを開発したと述べています。これは、暗号通貨価格決定を正確に行う方法を改善するという同社のイニシアチブに沿った動きになっています。今年5月1日、同社は新たな透明性向上のイニシアチブ、D...

Continue Reading...

Continue Reading


2019年7月17日 CoinMarketCapは、Hashtag Capital(ハッシュタグキャピタル)という会社を初めて買収することで、暗号通貨データ​​の提供を改善するための最初の一歩を踏み出しました。 彼らのウェブサイト上のプレスリリースで、CoinMarketCapがHashtag Capitalを買収したことが説明されていますが、これには、暗号通貨市場に「真の価格」を設定するのに役立つ一連のアルゴリズムを開発したことが述べられています。これは、暗号通貨価格決定を正確に行う方法を改善するという同社のイニシアチブに沿った動きになっています。今年5月1日、同社は新たな透明性向上のイニシ...

Continue Reading...

Continue Reading


ドバイが中東のブロックチェーン中心地に

2019年7月12日 ドバイ商工会議所(DCCI)が”ブロックチェーンを利用した貿易ソリューションの採用”を促進するための共同イニシアチブを開始したことを発表し、ドバイが世界でも有​​数のブロックチェーンハブとなります。ドバイ商工会議所が国際商工会議所(ICC)とブロックチェーンのスタートアップのPerlinとの覚書に調印したことが発表されました。このイニシアチブは、DCCIが、その会員と当該地域の提携パートナーに、ICCとPerlinのCentre of Future Trade (CoFT)が開発した革新的なブロックチェーンソリューションを提供する世界初の商工会議所になるということを意味し...

Continue Reading...

Continue Reading


George Polzer:AIとは?

George Polzer:AIとは?

2019年7月11日 今回は、当社の戦略アライアンスマネージャであるGeorge Polzerによる、人工知能(AI)とブロックチェーンの相互作用について探っていく講義の最初の記事となります。   Georgeは、AIビジネスストラテジストであり、Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)のAI&ブロックチェーンSIGの会長を務めています。 AIとは何ですか? AIについて学ぶ最良の出発点は、アルゴリズムとは何かを理解することです。  例えば、正数のリストが与えられた時に、リスト上で最も大きな数はどれか識別しようとします。  この...

Continue Reading...

Continue Reading


マルタが賃貸契約でブロックチェーンテクノロジーを活用

2019年7月10日 今週、地中海の島マルタ首相のJoseph Muscatは、国の賃貸契約をブロックチェーン上で管理することを、地元のラジオ番組ラジオワンのインタビュー中に発表しました。 マスカットは、次のように述べています。「私たちは、この技術を日常生活で使用するものに適用することで、このテクノロジの付加価値を人々に伝えていきます。これは、デジタル革命が彼らの生活にどのように関わるかを示すことにつながります。」このニュースは、賃貸法やその管理方法に関して政府と長い協議を重ねた末に出てきましたが、 技術が高い安全性を持っていることもあり、国の全ての賃貸契約をブロックチェーンで管理する試みが採...

Continue Reading...

Continue Reading


ウィリアム・シャトナー、ブロックチェーンの「パスポート」を使ってグッズ詐欺対策に参入

2019年7月8日 William Shatner(ウィリアム・シャトナー)は、暗号通貨やブロックチェーンの普通のファンでは違いますが、法的強制力のあるスマートコントラクトMattereumのプロバイダとの最近のコラボレーションなど、新しいアプリケーションを積極的にサポートしています。 Captain KirkとしてSFファンにも知られているシャトナー氏は、それがテクノロジーへの興味をもつきっかけとなった役割でもあるのですが、スタートアップと協業し、グッズとその正当性をカタログ化するための認証システムを確立するべく取り組んでいます。シャトナー氏は、「貴重な未来の家宝と、価値のない偽物の違いを判...

Continue Reading...

Continue Reading


Visa、PayPal、UberがFacebookの暗号通貨へ投資

2019年7月3日 Facebookの新しい暗号通貨、Libra(リブラ)はいくつかの大企業に支えられています。ウォールストリートジャーナルによると、Facebookというソーシャルメディア大手は、Visa、Mastercard、PayPal、Uberなどの金融およびeコマース企業と契約し、これらの企業から新しい暗号通貨であるLibraを統括するコンソーシアムにそれぞれ1000万米ドルの投資を受けます。  Stripe、Booking.com、およびMercadoLibreも当該暗号通貨を支援しますが、どんな役割になるのかは明らかにされていません。 Libra協会とは、Facebookとは関連...

Continue Reading...

Continue Reading