Articles


暗号通貨取引所がG20で規制監督者と協議

2019年6月28日 6月28、29日に日本で行われるG20サミットに暗号通貨界の注目が注がれており、各政府の指導者が集い暗号通貨界の規制において、新しい前例を作り上げようとしています。 FATFが今年初めに提案した標準規格に続き、G20のグローバルリーダーたちは「FATFの提案に沿って暗号通貨を規制し、マネーロンダリングやテロ資金調達を防ぐことに立ち向かう」という宣言を掲げました。  当該宣言は暗号通貨コミュニティに大きな話題を提供することになり、業界のリーダーたちは一丸となってFATFの提案した規制案への具体案を模索しています。 FATFとは? フィナンシャル・アクション・タスク・フォース...

Continue Reading...

Continue Reading


スタートレックがブロックチェーンゲームの世界へ

2019年6月26日 スタートレック号がブロックチェーンゲーム開発会社のLucid Sightと、宇宙を舞台にしたゲーム、クリプト・スペース・コマンダー(CSC)を通じて、ブロックチェーンの世界へやってきます!Lucid Sightは、CBSインタラクティブというメディア会社と組み、U.S.Sエンタープライズ(スタートレックに出てくる宇宙船)やその他のスタートレック号やコレクションと一緒に、CSCで期間限定でコラボレーションイベントを行います。このニュースは6月4日(火)にLucid SightのCTOとその共同創業者のFazri Zubairによって発表されました。 ZubairはSFシリー...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨界のでたらめ

暗号通貨界のでたらめ

2019年6月24日 多くの人を惹きつけてやまない暗号通貨の世界はその可能性、自由、そして不運にも多くのでたらめや幻想に満ち溢れています。この世界に新しく入ってきた人が、真実に基づくものの、誇張されることが多い暗号通貨界の多くのでたらめ話の中をうまく進んでいくために、今回より、皆さんを”暗号通貨界のでたらめ”シリーズに招待したいと思います。 ”ビットコインの創設者は謎のままである”  ビットコインが2008年に導入された時、創設者はSatoshi Nakamotoという仮名の形で登場しました。”暗号通貨の父”が個人なのかそれとも集団なのかすら、実は明確になってはいません。2010年にSatos...

Continue Reading...

Continue Reading


エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスでのプレゼンテーション

2019年6月21日 6月17日月曜日に、私達チームの一員であるAlexis Solomonが、Enterprise Ethereum Alliance(EEA、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)コミュニティにてオンラインプレゼンテーションを実施しました。 EEAは、イーサリアムブロックチェーンを全てのビジネスへオープンな仕様として利用を促す目的で設立された、会員主導の業界組織です。企業に対応したソリューションを作るために共有されたビジョンを持ち、世界中から集まったソートリーダー(思想的指導者)達が会員として集まっています。 AlexisはPumaPay決済サービスプロバイダー向け...

Continue Reading...

Continue Reading


Buterinがイーサリアムのビーコンチェーンコントラクトを発表

2019年6月20日 イーサリアム創設者のVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)は、proof of state(PoS)ベースのブロックチェーンである、ビーコンチェーンへの修正をイーサリアム2.0の中核として提案しました。 2019年に期待されている大きな出来事の1つとして、イーサリアム2.0の導入がありますが、核となるインフラ基盤が再設計されるということから、再度注目を浴びています。ブテリンの最新の提案は、ビーコンチェーンとよばれるものが、分散化アプリケーションのイーサリアムネットワークへの導入をより簡易なものにし、ソフトウェア開発会社にとって開発をやりやすくします。例え...

Continue Reading...

Continue Reading


Carrefourがブロックチェーンの追跡機能を利用し売上を拡大

2019年6月19日 Carrefourはブロックチェーンを利用した追跡機能で売り上げを拡大したと、ロイター通信が報じています。 ロイター通信によると、フランスの小売企業は、顧客の信頼を得る目的で、肉、乳製品、果物について生産者から販売店までの追跡を行い、今後は100以上もの商品に拡大するとのことです。これまでに、ブロックチェーンの情報は鶏肉、卵、牛乳、オレンジ、豚肉、チーズなどの20品目について利用可能になっています。 CarrefourのブロックチェーンプロジェクトマネジャーであるEmmanuel Delermは、ロイター通信に対してこう話しています。「この鶏肉の信頼性がCarrefour...

Continue Reading...

Continue Reading


主要な投資アドバイザ企業のVanguardがブロックチェーンを採用

2019年6月18日 投資管理会社のVanguard(バンガード)は、重要なブロックチェーン技術の導入を完了しました。ブロックチェーンを利用して、最も大きな投資信託だと8,000億ドルもの規模になる株価インデックスファンドなど、金融商品のデータ管理を行います。Forbesによると、2月時点で1.3兆ドルものインデックスファンドをブロックチェーンを利用して管理しているとのことです。2017年に公表されていましたが、インデックスデータの分散化を行うために、Vanguardは株価調査センター(the Center for Research in Security Prices、CRSP)やテクノロジ...

Continue Reading...

Continue Reading


Synchronize ヨーロッパ開催間近!

2019年6月13日 来る6月18日火曜日に、IMNが主催する展示会であるSynchronize(シンクロナイズ)ヨーロッパが、英国ロンドンのetc.venues St Paul’sにやってきます! Synchronize ヨーロッパとは? Synchronizeは、金融業界の分散化台帳技術(DLT)、ブロックチェーン、スマートコントラクトを企業や機関向けに採用を推し進める目的で開かれる展示会です。2018年4月にニューヨークで初開催され、今回はSynchronize初めてのヨーロッパでの開催となります。 この展示会は、既存の事業の中へ、分散化技術を最も効率的で効果的な方法で採用できる方法を教...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨の投資家はどのように資産を変化させてきたか

2019年6月12日 Forbesの記事によると、ある暗号通貨投資家がビットコイン全体の供給量の25%を購入したいと思っているようです。この顧客は、暗号通貨取引にピアツーピア(P2P)のネットワークを創り出した暗号資産の投資会社であるDadiani Syndicate(ダディアニ・シンジケート)を利用している投資家の1人です。この資産家は、多額の暗号通貨を蓄えてきた新しい億万長者の1人であり、これらを実物資産に交換したいと思っています。 高価値の取引 創設者によると、特に様々な国家間で暗号通貨を動かす際など、Dadiani Syndicateは高価値の取引の問題へのソリューションを見つけていま...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨専門家がビットコインの価格上昇を説明

2019年6月11日 グローバル取引とテクノロジーの会社であるSusquehanna(サスケハナ)のデジタル資産部門長であるBart Smithは、2019年のビットコイン価格の再上昇について、3月30日のCNBCの番組Squawk Boxで説明しました。 Smithがその番組で語っていたのは、ビットコインは投機的で価格変動性が高い媒体なので、取引をする際は、価格変動性を理解すること、適切な方法を採用することが重要であることです。また、直近2カ月間で価格が50%も上昇したことについて、技術、政治、規制などの要素がビットコインの価格をけん引したことにも触れています。「ビットコイン価格には多くの要...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 3 of 912345...Last »