Articles


Facebookが2020年GlobalCoinを導入

2019年6月3日 BBCの報告書によると、Facebookが独自の暗号通貨を2020年に導入し、約12カ国でデジタル決済システムを立ち上げる予定ということです。 今年末までには試験的運用を始めるようですが、詳細は今年の夏に公表される予定です。Facebook創設者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)はイングランド銀行のMark Carney(マーク・カーニー)、米国財務省の高官と会い、暗号通貨に関する規制関連の課題について議論をしたと報じられています。Facebookはまた、ウエスタンユニオンなどの国際送金会社のような、より早くて安価な国際送金手段を模索しています。...

Continue Reading...

Continue Reading


EDFのDApp利用がイーサリアムの価格押上要因に

2019年5月31日 フランスやヨーロッパでの電力供給の先進的な生産・供給を行っているEDFは、イーサリアムのDApp企業であるiExecと提携し、イーサリアムを基盤にしたソリューションを検証します。多くの企業がイーサリアムやDAppsに興味を示してきたことが、イーサリアムの価格押し上げ要因になっていました。 EDFとは?  EDFは、世界で5番目に大きな電力会社で、大部分をフランス国家が保有しています。2016年は712億ユーロの収益を上げ、360億ドルの時価総額を持つ会社です。EDFは、電力の生産、送電、配電、輸入、輸出を行っています。原子力、石炭、ガスを利用し、フランスのエネルギー消費者...

Continue Reading...

Continue Reading


Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)とは?

2019年5月29日 魅力的でワクワクするブロックチェーンの世界にいる方であれば、もしかしたら、Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス、EEA)について聞いたことがあるかもしれません。スターウォーズ映画から出てきたような響きがしますが、そういうことではありません。Enterprise Ethereum Allianceは、略してEEAと呼ばれていますが、今会員を増やしていて、世界中で最も重要なブロックチェーン集団の1つになりつつあります。 Enterprise Ethereum Allianceとは何でしょうか? EEAとは、企...

Continue Reading...

Continue Reading


Alyxがサプライチェーン管理でIOTAと提携

2019年5月27日 高級ファッションブランドのAlyxは、IOTAが提供するオープンソースの分散化台帳技術を使用し、サプライチェーンで追跡を可能にします。この提携により、直近の7日間でIOTAの株価を52パーセントも押し上げることになりました。このプロジェクトには、原料を生産するAvery DennisonやサプライチェーンのEVRYTHNGも加わり、デザイナーのMatthew Williamsが作るファッションラベルのAlyxと共同でブロックチェーンソリューションを利用します。 ブロックチェーンを利用しファッション業界へ透明性をもたらし、消費者へブランドファッションが持続可能か、倫理的な調...

Continue Reading...

Continue Reading


ビットコイン・ピザの日を祝って

2019年5月22日 5月22日は、ビットコイン・ピザ・デーです!歴史上、最も高価な2枚のピザが購入された記念日です。 おそらく初めてビットコインで行われた日常的な決済です 有名なソフトウェア技術者であるLaszlo Hanyecz、”ビットコイン・ピザ男”とも知られていますが、9年前にPapa John’s Pizzaを10,000BTCで購入したとされています。当時、10,000BTCは25ドル程度でしたが、今日の現在価値が1BTCあたり7,915ドルであることを考えると、約80百万ドルにもなります。 暗号通貨の初期の投資家として、Hanyeczは、2010年にピザを買ったよう...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーン・ウィーク:芸術がスポットライトを浴びる

2019年5月20日 ニューヨークで、ランボルギーニが多く停められているようなブロックチェーンイベントが開催されたことはご存知だと思いますが、ブルームバーグは、今年のニューヨークのブロックチェーンウィークは、例年よりもランボルギーニが少なかったと伝えています。コインデスクが主催する暗号通貨カンファレンスである、Consensus (コンセンサス、5月13日-15日)は、”極端な”カンファレンスと見られている一方で、Ethereal Summitは暗号通貨業界をより人間らしいものにするためにあるとされてます。ブルームバーグが述べているように、富による祝福が、”音浴、瞑想、フードトラックで食べるラ...

Continue Reading...

Continue Reading


モスクワ官庁がブロックチェーンを電子投票システムへ

2019年5月17日 モスクワ官庁は、今夏の学生評議会の選挙で、ブロックチェーンを電子投票システムで試験的に利用します。ロシアニュース代理店のTASSが報告するところによると、9月8日に行われる市長選の前に、システムの検証目的で利用するとのことです。 このプロジェクトは、18のシンガポールの教育機関が、ブロックチェーンベースの証明書を学生へ発行(2019年より)するという、OpenCertsというシンガポールのプロジェクトについてCointelegraphが記事を出した後に発足したものです。 モスクワの情報技術部門 このプロジェクトは、モスクワの情報技術部門(DIT)とモスクワ市選挙委員会(M...

Continue Reading...

Continue Reading


eBayが暗号通貨を採用か

2019年5月16日 Consensus 2019(コンセンサス)での販促資料によると、eBay(イーベイ)がビットコインやアルトコインを含め、暗号通貨を受け入れる可能性があると噂されています。ニューヨークのカンファレンスでのバナーによると、「eBayは仮想通貨とデジタル通貨へ対応する準備をしている」と、CCNは公表しました。 ニューヨークで開催されたConsensus 2019での写真を見ると、eBayが暗号通貨や暗号通貨決済の分野に参入しています。”仮想通貨、eBayに”というメッセージが書かれたバナーを使い、参加者の想像力を掻き立て、暗号通貨決済を採用する可能性について話題を作ろうとして...

Continue Reading...

Continue Reading


スターバックス:コーヒー生産をブロックチェーンで追跡可能に

2019年5月15日 米国のコーヒー巨大企業であるスターバックスがマイクロソフト社のAzureブロックチェーンを利用し、コーヒー生産の過程を追跡可能にすると、GeekWireで報道されました。 スターバックスのデジタルイノベーション 現在のところ、スターバックスはイノベーションやデジタルイニシアティブについて、最先端に居続けています。2017年に話を戻すと、スターバックスのCEOであるKevin Johnsonはこう述べています。「実在店舗を持つ小売店は、現在のグローバル小売り市場でも、今後のデジタル小売り市場でも、今以上のポジショニングを確立できるところはないでしょう。そのため、私達はスピー...

Continue Reading...

Continue Reading


ランボルギーニ、暗号通貨、ムーニング

ランボルギーニ ランボルギーニ現象はまさに、暗号通貨で稼いだことで、ランボルギーニが買えるようになったという現象のことを指しています。ランボルギーニは新しいお金を指していて、この場合は多額の暗号通貨のことを指しています。 つまり、”ランボルギーニ”はもう1つの暗号通貨の用語である、”Mooning(ムーニング、価格が急高騰すること)”に関係しています。 ムーンする ムーンする(価格が急高騰する)とは、月と、とどまるところを知らない暗号通貨の価格上昇現象のことを指しています。意味としてはそのままの通りですが、お気に入りの暗号通貨の価格が信じられないほどのスピードで成長し、ランボルギーニ現象を引き...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 4 of 9« First...23456...Last »