Articles


マイクロソフト、分散型身分証明にビットコインのブロックチェーンを活用

2019年6月7日 マイクロソフトは5月13日に、ビットコインブロックチェーン上のIdentity Overlay Network(アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク、ION)と呼ばれるSidetree(サイドツリー)を基盤にしたDIDネットワークの試作品を公表しました。DIDとは、分散化された身分証明書で、”証明可能な新しいタイプの証明書で、自己主権型身分証明書”を指しています。DIDは、個人利用者の権限者におかれ、いかなる中央権力も身分証明の提供元もアクセスできないものです。 IONとは何でしょうか? マイクロソフトの身分証明部門のシニアプログラムマネジャーのDaniel Buc...

Continue Reading...

Continue Reading


世界銀行が二次流通市場での取引にブロックチェーンを活用

2019年6月6日 世界銀行グループの国際復興開発銀行は、オーストラリアのコモンウェルス銀行(CommBank)と提携し、ブロックチェーン技術を利用して債券の二次流通市場での取引記帳を行います。 この提携は5月15日に公表され、bond-i向けに二次流通市場の取引をブロックチェーンに記録し、分散化台帳技術を使った債券の発行と取引を可能にした初めての例となっています。Bond-iは、ブロックチェーンで稼働する新しい債務証書のことで、新規発行、割り当て、移転、管理といった債券のライフサイクルを通じてブロックチェーンが利用される世界で初めての債券です。これは、2018年8月に世界銀行とコモンウェルス...

Continue Reading...

Continue Reading


AT&TがBitPayを通じて暗号通貨決済を採用

2019年6月5日 モバイルキャリアのAT&Tと決済サービスのBitPayは、暗号通貨決済をさらに推し進めるために提携することになりました。これによって顧客は、AT&Tの請求書をAT&Tのウェブサイトやアプリ上で、暗号通貨で支払うことがができるようになります。 BitPayは、グローバルで20,000以上の事業者に、暗号通貨を法定通貨へ変換するプラットフォームをサービスとして提供しています。BitPayは事業者向けに、ビットコイン、ビットコインキャッシュの決済処理ソリューションをオンライン決済サービスとして提供します。 BitPayのウェブサイトで対応通貨の一覧を見るこ...

Continue Reading...

Continue Reading


Facebookが2020年GlobalCoinを導入

2019年6月3日 BBCの報告書によると、Facebookが独自の暗号通貨を2020年に導入し、約12カ国でデジタル決済システムを立ち上げる予定ということです。 今年末までには試験的運用を始めるようですが、詳細は今年の夏に公表される予定です。Facebook創設者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)はイングランド銀行のMark Carney(マーク・カーニー)、米国財務省の高官と会い、暗号通貨に関する規制関連の課題について議論をしたと報じられています。Facebookはまた、ウエスタンユニオンなどの国際送金会社のような、より早くて安価な国際送金手段を模索しています。...

Continue Reading...

Continue Reading


EDFのDApp利用がイーサリアムの価格押上要因に

2019年5月31日 フランスやヨーロッパでの電力供給の先進的な生産・供給を行っているEDFは、イーサリアムのDApp企業であるiExecと提携し、イーサリアムを基盤にしたソリューションを検証します。多くの企業がイーサリアムやDAppsに興味を示してきたことが、イーサリアムの価格押し上げ要因になっていました。 EDFとは?  EDFは、世界で5番目に大きな電力会社で、大部分をフランス国家が保有しています。2016年は712億ユーロの収益を上げ、360億ドルの時価総額を持つ会社です。EDFは、電力の生産、送電、配電、輸入、輸出を行っています。原子力、石炭、ガスを利用し、フランスのエネルギー消費者...

Continue Reading...

Continue Reading


Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)とは?

2019年5月29日 魅力的でワクワクするブロックチェーンの世界にいる方であれば、もしかしたら、Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス、EEA)について聞いたことがあるかもしれません。スターウォーズ映画から出てきたような響きがしますが、そういうことではありません。Enterprise Ethereum Allianceは、略してEEAと呼ばれていますが、今会員を増やしていて、世界中で最も重要なブロックチェーン集団の1つになりつつあります。 Enterprise Ethereum Allianceとは何でしょうか? EEAとは、企...

Continue Reading...

Continue Reading


Alyxがサプライチェーン管理でIOTAと提携

2019年5月27日 高級ファッションブランドのAlyxは、IOTAが提供するオープンソースの分散化台帳技術を使用し、サプライチェーンで追跡を可能にします。この提携により、直近の7日間でIOTAの株価を52パーセントも押し上げることになりました。このプロジェクトには、原料を生産するAvery DennisonやサプライチェーンのEVRYTHNGも加わり、デザイナーのMatthew Williamsが作るファッションラベルのAlyxと共同でブロックチェーンソリューションを利用します。 ブロックチェーンを利用しファッション業界へ透明性をもたらし、消費者へブランドファッションが持続可能か、倫理的な調...

Continue Reading...

Continue Reading


ビットコイン・ピザの日を祝って

2019年5月22日 5月22日は、ビットコイン・ピザ・デーです!歴史上、最も高価な2枚のピザが購入された記念日です。 おそらく初めてビットコインで行われた日常的な決済です 有名なソフトウェア技術者であるLaszlo Hanyecz、”ビットコイン・ピザ男”とも知られていますが、9年前にPapa John’s Pizzaを10,000BTCで購入したとされています。当時、10,000BTCは25ドル程度でしたが、今日の現在価値が1BTCあたり7,915ドルであることを考えると、約80百万ドルにもなります。 暗号通貨の初期の投資家として、Hanyeczは、2010年にピザを買ったよう...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーン・ウィーク:芸術がスポットライトを浴びる

2019年5月20日 ニューヨークで、ランボルギーニが多く停められているようなブロックチェーンイベントが開催されたことはご存知だと思いますが、ブルームバーグは、今年のニューヨークのブロックチェーンウィークは、例年よりもランボルギーニが少なかったと伝えています。コインデスクが主催する暗号通貨カンファレンスである、Consensus (コンセンサス、5月13日-15日)は、”極端な”カンファレンスと見られている一方で、Ethereal Summitは暗号通貨業界をより人間らしいものにするためにあるとされてます。ブルームバーグが述べているように、富による祝福が、”音浴、瞑想、フードトラックで食べるラ...

Continue Reading...

Continue Reading


モスクワ官庁がブロックチェーンを電子投票システムへ

2019年5月17日 モスクワ官庁は、今夏の学生評議会の選挙で、ブロックチェーンを電子投票システムで試験的に利用します。ロシアニュース代理店のTASSが報告するところによると、9月8日に行われる市長選の前に、システムの検証目的で利用するとのことです。 このプロジェクトは、18のシンガポールの教育機関が、ブロックチェーンベースの証明書を学生へ発行(2019年より)するという、OpenCertsというシンガポールのプロジェクトについてCointelegraphが記事を出した後に発足したものです。 モスクワの情報技術部門 このプロジェクトは、モスクワの情報技術部門(DIT)とモスクワ市選挙委員会(M...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 4 of 9« First...23456...Last »