Articles


フィデリティ投信がビットコイン取引を提供

2019年5月13日 Bloombergの記事は、Fidelity(フィデリティ)投信は、数週間以内に、機関投資家向けにビットコインの売買を提供すると報じました。 世界で最も大きな資産運用会社の1つであるFidelity(フィデリティ)はデジタル通貨業界へ参入し、ビットコインの相対取引やオーダールーティングを提供します。5月2日に公開された調査によると、機関投資家の47パーセントは、”デジタル資産は投資する価値がある”と答えていることから、Fidelityは個人投資家ではなく機関投資家を対象としています。 FidelityのArlene Robertsはこう述べています。「私達のプラットフォー...

Continue Reading...

Continue Reading


APIとは?

APIとは?

2019年5月10日 APIとは、GoogleやFacebook、Appleまで、最新のテクノロジーを公共の場に提供し、革新的なプラットフォームを通じて人々をビジネスと繋げているということで、テクノロジー業界では度々話題に上がっています。 インターネットへのアクセス量がアプリやデバイスに分散化されるにつれて、APIがインターネットアクセス量をどのように動かすか、このトレンドがどのように向かうかは非常に興味深いトピックです。APIは現在のビジネスへ大きな影響を持っているということは、明確に言えます。 APIとは APIは、Application Programming Interface(アプリ...

Continue Reading...

Continue Reading


世界通貨基金と世界銀行がLearning Coinを公開

2019年5月8日 国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、ブロックチェーン技術を調査・研究するために、プライベートブロックチェーンを導入し、”Learning Coin”(ラーニングコイン)という暗号通貨トークンを発行しました。 これはあまり驚くようなニュースではありません、というのも、どちらの機関もデジタル通貨への関心を表明していたからです。IMFの専務理事であるChristine Lagarde(クリスティーヌ・ラガルド)は、デジタル通貨の利用を促進し現金利用を縮小するために、中央銀行のデジタル通貨(CBDCs)の可能性を模索するように訴えかけました。2018年に彼女が言っていたのは、「デジ...

Continue Reading...

Continue Reading


Blockchainを利用したWien Energie冷蔵庫が誕生

2019年5月3日 Wien EnergieとBoschは、この度ブロックチェーンを使った冷蔵庫を製造したと、プレスリリースで発表がありました。 4月3日水曜日、オーストリアの電力供給企業であるWien Energieは、多国籍の技術・電力会社であるBoschと協業して、電力消費を管理することができる、初めてのブロックチェーン冷蔵庫を開発したと報じました。 このプロジェクトは、電力市場に家計の参加を促し、電力消費・生産について消費者の意識を高めることを目的としています。どちらの企業も消費者を教育する傍ら、エネルギー消費を節約できる可能性を探っており、ここでブロックチェーンは環境問題に貢献してい...

Continue Reading...

Continue Reading


Gazpromがブロックチェーンを活用

2019年5月2日 ロシアの国営ガス会社Gazprom(ガスプロム)によるガス供給の自動化にブロックチェーン技術が採用されるとの情報が Cointelegraph によって報道されました。 ロシアの金融ニュースサイトVestifinance によると、ロシア首相Dmitry Medvedev氏がGazpromの会長Alexey Miller氏と会談し、様々な応用技術分野におけるブロックチェーンの活用について議論しました。首相は非常に前向きであり、ブロックチェーン技術はロシア経済を「有望な」未来へ導くであろうと発言したそうです。 Gazpromの会長Alexey Miller氏はGazprom社...

Continue Reading...

Continue Reading


Binance Chainがメインネットを導入

2019年4月25日 Binance Chain (バイナンス・チェーン)はメインネットを導入し、メインネット・スワップを実行します。4月23日の発表によると、 世界最大の暗号通貨取引所のBinance(バイナンス)は、2018年12月にブロックチェーンの導入を発表し、ツイートで次のように述べました:「バイナンスはブロックチェーンの採用を後押ししており、業界を支援するために様々な事柄に取り組んでいます。数か月後にバイナンス・チェーンが完成し、数百万のプロジェクトがトークンを発行できるようになります。」 バイナンスは、バイナンス・チェーンと呼ばれる独自のブロックチェーンを導入し、ICOトークンや...

Continue Reading...

Continue Reading


スイスホテルがビットコインを受入開始

2019年4月22日 チューリッヒで1899年に崇高な建築を建造したDolder Grandは、ビットコイン決済を受け入れることで21世紀にタイムスリップしてきました。Swiss hotel(スイスホテル)は、Henry Kissinger(ヘンリー・キッシンジャー), John Wayne(ジョン・ウェイン), Sophia Loren (ソフィア・ローレン)や Prince Charles(ウェールズ公チャールズ)などの、政治家、セレブリティ、王族・皇族などを迎えてきたホテルで、暗号通貨決済へ門戸を開放します。 いくつもの改築や様々な課題を乗り越えてきて、Dolder Grandは暗号通貨...

Continue Reading...

Continue Reading


国際商業会議所がブロックチェーンの採用を後押し

2019年4月19日 国際商業会議所(ICC)は、数百万の事業者メンバーがブロックチェーン技術を導入し、生産の各過程を監視するなどの導入の利点を享受することを可能にします。 ICCはシンガポールに拠点があるスタートアップのPerlinと提携し、ブロックチェーンがICCの業務にどのように行かせるかどうか探っています。Perlinは公式の技術パートナーとして、無償でブロックチェーンプラットフォームへのアクセスを提供します。 ICCの事務総長であるJohn W.H. Denton AOはこのように述べています。「20世紀のグローバル経済へ大きな影響を与えたICCの介入について現在遡ることができます。...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨銀行が営業開始

2019年4月18日 プエルトリコに拠点がある暗号通貨銀行のサンジュアンマーカンタイル銀行(SJMBT) は、金融機関委員会のプエルトリコ局(Puerto Rico’s Office of the Commission of Financial Institutions, OCIF)によって国際金融機関(international financial entity0, IFE)として免許を受けました。 プレスリリースによると、この銀行は法定通貨とデジタル資産の管理・決済サービスを提供しており、関連会社のサンジュアンマーカンタイル取引所 (SJMX)が運営する取引プラットフォームに統合される見込...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーンプロジェクトの数で中国が首位に

2019年4月17日 4月2日、現在開発中のブロックチェーンプロジェクトの数に関して、中国はおそらく世界で首位であろう、とChina.org.cnは発表しました。 China.org.cnは記事の中で、“ブロックチェーンプロジェクトで自国が世界を主導している”と述べ、暗号通貨市場は弱含んでいるものの、様々な業界が実体経済で利用するためのブロックチェーンプロジェクトに関わっていることを指摘しました。進行中のプロジェクトは263個あり、グローバル全体のプロジェクトの25%を占めています。中国はブロックチェーン関連イノベーションのリーダーであり、その領域は金融から公共サービス、ヘルスケア、サプライチ...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 5 of 9« First...34567...Last »