Crypto Dictionary


暗号通貨:デジタルマネーの未来

暗号通貨:デジタルマネーの未来

2019年6月14日 貨幣とは、お札や硬貨のことでした。今日の世界において、現金は徐々にデジタルマネーに置き換えられてきており、消費者に対してより多くの利便性や選択肢を提供し、ビジネスに対しては低い手数料、チャージバックがない仕組みを提供しています。 暗号通貨とは何か?  暗号通貨の最も簡単な定義とは、暗号を利用し利用者に完全な安全性とプライバシーを提供しながら、かつ伝統的な通貨のように商品やサービスを売買することができるというものです。その違いは、伝統的な金融機関やクレジットカード発行元を通すことなく取引が完了できるということです。そうすると、銀行システムは”ブロックチェーン”と呼ばれる安全...

Continue Reading...

Continue Reading


フロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティ

2019年6月10日 これらの開拓時代の西部劇のテーマのような言葉は、イーサリアムの開発における異なる段階を表しています。 イーサリアムネットワークの4つの段階は、フロンティア、ホームステッド、メトロポリスとセレニティと呼ばれています。では、それぞれの段階が何を意味するのか、早速見てみましょう。 第一段階:フロンティア(2015年7月) 西部劇と同じで、フロンティアは全ての始まりです。つまり、イーサリアムネットワークの最低限の形ということです。「イーサリアムをマイニングできるインターフェイスと、契約をアップロードし実行できる方法があるということです。導入に向けてのフロンティアの位置づけは、マイ...

Continue Reading...

Continue Reading


ランボルギーニ、暗号通貨、ムーニング

ランボルギーニ ランボルギーニ現象はまさに、暗号通貨で稼いだことで、ランボルギーニが買えるようになったという現象のことを指しています。ランボルギーニは新しいお金を指していて、この場合は多額の暗号通貨のことを指しています。 つまり、”ランボルギーニ”はもう1つの暗号通貨の用語である、”Mooning(ムーニング、価格が急高騰すること)”に関係しています。 ムーンする ムーンする(価格が急高騰する)とは、月と、とどまるところを知らない暗号通貨の価格上昇現象のことを指しています。意味としてはそのままの通りですが、お気に入りの暗号通貨の価格が信じられないほどのスピードで成長し、ランボルギーニ現象を引き...

Continue Reading...

Continue Reading


APIとは?

APIとは?

2019年5月10日 APIとは、GoogleやFacebook、Appleまで、最新のテクノロジーを公共の場に提供し、革新的なプラットフォームを通じて人々をビジネスと繋げているということで、テクノロジー業界では度々話題に上がっています。 インターネットへのアクセス量がアプリやデバイスに分散化されるにつれて、APIがインターネットアクセス量をどのように動かすか、このトレンドがどのように向かうかは非常に興味深いトピックです。APIは現在のビジネスへ大きな影響を持っているということは、明確に言えます。 APIとは APIは、Application Programming Interface(アプリ...

Continue Reading...

Continue Reading


ボラティリティとは

ボラティリティとは

2019年4月10日 ボラティリティ(価格の変動性)は、資産価格がある一定期間にどの程度動くかを表す統計的な指標です。数値が高ければ高いほど、資産はリスクが高いということになります。暗号通貨は、始まった時から、ボラティリティがまさにその特徴を表していました。その他の資産クラスと比べて、暗号通貨のボラティリティが高いことは日常茶飯事で、1日で数%価格が動くことも珍しくはありません。 Coinbase(コインベース)とBitcoin advocate(ビットコインアドボケート)という暗号通貨取引所のCEOであるBrian Armstrongは、ボラティリティは暗号通貨が立ち向かわなくてはいけないい...

Continue Reading...

Continue Reading


暗号通貨バブル

暗号通貨バブル

2019年4月3日 暗号通貨バブルまたは投機バブルは、価格が大きく上昇した後急激に下落する経済現象です。ビットコインでは、2017年に巨大なバブルがあり、その後はじける結果となりました。 経済や金融において、バブルというのは価格の急激な上昇の後、縮小に転じる経済サイクルのことを指しています。ある金融商品に投資家が賭けることで、本源的な価値を超えて、市場に熱狂が作り出された結果として起こります。これによって価格のが上昇すると、特定の資産を購入することを投資家が思いとどまり、大規模な売りが引き起こされ、’バブル’によるデフレが起きる結果になります。 Financial Ti...

Continue Reading...

Continue Reading


ビザンチン将軍問題とは?

ビザンチン将軍問題とは?

2019年3月26日 ビザンチン将軍問題(BGP)とはコンピュータ科学の分野で使われる言葉で、分かれて存在しているいくつかの集団が、失敗を防ぐために統率を取ろうとする状況を表しています。集団の中の数名は、集団を裏切っている信頼できない裏切り者です。 ビザンチン将軍問題は、分散化されたネットワークでは、ハッシングや、演算処理、ノード(将軍)を通じて全てのノードが合意を形成する必要があるため、ブロックチェーンでの合意形成を議論する際に理想的な例となります。 歴史的な意味 歴史的には、ビザンチン帝国(紀元後330年から1453年)は東・南ヨーロッパに位置し、今でいうトルコのイスタンブール、コンスタン...

Continue Reading...

Continue Reading


クジラとイルカ

クジラとイルカ

2019年3月20日 その存在は聞いたことがあるかもしれませんが、暗号通貨界にはクジラ、イルカ、その他の魚が存在しています。魚群探知機に見えてこないのであれば、そういった暗号通貨保有者のことを学ぶ時が来ているのかもしれません。 暗号通貨の世界で”クジラ”や”イルカ”は、とても多くの暗号通貨やトークンを保持している、ビットコインやその他暗号通貨ウォレットやアドレスを示している言葉です。海は暗号通貨市場を表しており、大小様々な魚の住処になっていて、それが大小の波を作り、市場に影響し、ニュースの元を作っています。 クジラとは何でしょうか? 暗号通貨界でのクジラは、大量のコイン保有者の隠喩で、暗号通貨...

Continue Reading...

Continue Reading


フォークとは?

フォークとは?

2019年2月5日 フォークとは? 2019年2月27日ごろ、ブロック#7,280,000においてイーサリアムのコンスタンチノープルフォークが起きる予定ですが、ブロックチェーンと暗号通貨界に何をもたらすのか、いくつかの議論がありました。暗号通貨のフォークとは何かについて、学ぶにはいい機会だと思います。 暗号通貨のフォークとはブロックチェーンではよくある現象です。それは、暗号通貨のコードが2つに分かれ、ブロックチェーンの代替版を作った結果で、古いものと併存して存在することになる新しいバージョンの暗号通貨です。言い換えると、フォークはブロックチェーンコミュニティがコードの変更に同意した場合のみ起き...

Continue Reading...

Continue Reading


FUDは放っておこう

FUDは放っておこう

2019年1月30日 暗号通貨のFUDは事実です。人々がFUDを始めると、何か重要に違いない、特にそれが最先端でカッコいいブロックチェーンプロジェクトだとすると猶更です。FUDはFear(不安)、Uncertainty(不確実性)、Doubt(疑問)の頭文字をとったもので、たいていはメディアのデマや誤報から広がります。FUDは暗号通貨にただちに効果を及ぼす可能性があるもので、偽ニュースは市場にボラティリティ(変動性)をもたらし、コインやトークンの価格に影響を及ぼします。伝統的には、疑問や不安を作り、既存の代替品となるような新しい商品やサービスから顧客の目を背けさせる、故意の行動として理解されて...

Continue Reading...

Continue Reading


Page 1 of 212