CoinMarketCapが暗号通貨データ提供をさらに改善

2019年7月17日

CoinMarketCapは、Hashtag Capital(ハッシュタグキャピタル)という会社を初めて買収することで、暗号通貨データ​​の提供を改善するための最初の一歩を踏み出しました。

彼らのウェブサイト上のプレスリリースで、CoinMarketCapがHashtag Capitalを買収したことが説明されていますが、これには、暗号通貨市場に「真の価格」を設定するのに役立つ一連のアルゴリズムを開発したことが述べられています。これは、暗号通貨価格決定を正確に行う方法を改善するという同社のイニシアチブに沿った動きになっています。今年5月1日、同社は新たな透明性向上のイニシアチブ、Data Accountability&Transparency Alliance(DATA)を開始しました。これにより、同社は暗号通貨データの報告に関するいくつかの懸念に取り組む方法を議論することを目的とした、新しいグループを結成することになりました。

CoinMarketCapのCEO兼創設者であるBrandon Chezは、次のように述べています。「CoinMarketCapでの暗号通貨価格決定の限界を押し広げ、従来の出来高加重平均価格をさらに高度な価格アルゴリズムや分析手法へと改良することができます。」「Hashtag Capitalチームは、CoinMarketCapのデータへの取り組みを大幅に強化することができ、市場にデータ関連製品を提供するという、次の段階へ推し進めることができます。」

発表によると、Hashtag Capitalチームは、CoinMarketCapと提携して、価格決定アルゴリズムにさらに開発を加え、データ提供方法を継続して改善していく予定です。もともとCoinMarketCapのチームがHashtagに関心をもったきっかけは、Hashtag Capitalが、資産管理の一環としてより質の高い市場データを作成する方法に先駆者として取り組んでいたことでした。

このDATAイニシアチブに続き、CoinMarketCapは自社のプラットフォームに掲載されているすべての取引所へ、リアルタイム取引とオーダーブックの情報を提供しないと、プラットフォームの調整済出来高計算から除かれるリスクがあるということを通告しました。暗号通貨インデックスファンドを提供しているBitwiseアセットマネジメントは、以前報告されていたすべてのbitcoin取引量の95%が偽造されており、bitcoinの実際のスポット市場はわずか10取引所でしか行われていないことを主張しています。そしてその主張は、真の市場価格を提供するというCoinMarketCapの取り組みをさらに強化することにつながります。

出典:the-blockchain.com, blog.coinmarketcap.com, coindesk.com

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.