暗号通貨による請求サービスの利点

暗号通貨の普及は著しく、ごく自然に想定されうる次の段階は、大多数の顧客がデジタル通貨を受け入れる流れの中で選択肢と利便性を向上させることです。暗号通貨の人気は、それを導入かつ利用するユーザーたちと結びついています。したがって、日常的なサービスの形で暗号通貨の活用機会を設計することは、業界のさらなる発展のために不可欠です。ブロックチェーンがエンドユーザーへ多くの利点を提供するようになり、暗号通貨による請求プロトコルを介して普段の支払いや定期支払いを処理したいと望むユーザーが増えています。しかし、そもそもなぜ暗号通貨による請求サービスが必要とされるのでしょうか?

その問いに答えるためは、日常生活でもはや欠かすことのできないオンライン決済によって、私たちの生活がどれほどデジタル化されているかに着目しなければなりません。ところが多くの場合、クレジットカードや銀行など従来の決済システムを使用すると、遅延、誤請求、さらにはクレジットカード詐欺などの典型的トラブルの可能性が潜んでいて複雑です。セキュリティ面において中央集権化された構造について言えば、スピード、官僚体制、継続的に技術革新を起こす能力に関する課題などに直面しています。過去 5 年間を振り返ってみて、クレジットカード会社や銀行による革新的な発明が世間を驚かせたことが果たしてあったでしょうか?

そうしたギャップを埋めるために、暗号通貨ビジネスは金融業界で旋風を巻き起こそうとしているのです。技術としてのブロックチェーンは、あらゆるビジネスで必要とされる透明性を提供します。市場、顧客、投資家やその他のステークホルダーは皆、大企業が信頼を失墜させるスキャンダルに心底うんざりしている状態です。 Wells Fargo 社における巨額のアカウント談合、 British Airways 社の顧客データ流出、その他数多く存在するスキャンダルが企業全体に対する信頼の喪失を生み出しました。従来のシステムの欠点は、運営における透明性の欠如です。しかし、すべてのトランザクションを記録および保管するブロックチェーンを用いれば、もはや決済代行企業などの “信頼できる” 第三者の必要はありません。ブロックチェーンは万能薬ではありませんが、リーダーシップ、アナログからデジタルへの制度的な転換、そして潜在的な分散型構造の正しい組み合わせにより、ユーザーの信頼を取り戻すことは可能です。

暗号通貨を使用したブロックチェーン請求サービスは、デビットカード、クレジットカード、または銀行口座と連動する必要がありません。Paypal または第三者機関としての支払いサービスとは異なり、消費者は自分の身元や個人データを危険にさらすことなく商品やサービスに対してオンラインで支払い可能です。この点こそ暗号通貨請求サービスが消費者にとって魅力的となる所以です。別の利点は、暗号通貨の商標ともいうべきスマート・コントラクトの技術的要素です。これにより、消費者は自らの資金を完全な管理の元に置くことができ、暗号通貨はユーザーがトランザクションを承認するときのみ送金されます。このオプションは、二重支払いや詐欺の可能性を排除し、顧客と事業主のはるかに効率的な関係性を構築する基盤を整えうるのです。

PumaPay は日常の支払いにおける暗号通貨の機能性にとって有効なソリューションを提供することを目的としたシステムを開発しています。ブロックチェーンは、世界中の事業者それぞれのビジネスモデルに合った取引ロジックの設計を可能としています。消費者にとってもこのことは吉報です。というのも、 PumaPay は暗号通貨決済のメカニズムを反転させて、事業者が引き落とし処理を設定するとことによって支払いプロセスを簡素化するからです。この最初の操作段階に続いて QR コードが生成され、買い手はスキャンしてプル型コントラクトの詳細を取得することができます。事前に設定した条件が一致した場合にのみ、契約は承認され、決済は数秒以内に承認されます。決済は共有台帳に記録され、取り消し不可能です。

こうして、暗号通貨支払い請求サービスが日常の支払いを変革するのです。  どう思われますか?

 

コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!
 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.