日本で暗号通貨は現金に置き換わるのか?

2019年1月29日

日本では、変化の兆しが見えてきています。政府はブロックチェーン技術や暗号通貨を徐々に受け入れ始めています。中国や韓国と違い、日本は電子マネーの採用がとても遅いです。長い間現金に頼っていたのですが、それには理由があります。路上での強盗が少ないことや、金利や相続税が低いことが、現金を使うという贅沢を可能にしたのです。

しかし多くの小売業者は法的な決済手段として暗号通貨を受け入れ始めています。日本は非現金経済へ移行しようとしています。デジタル通貨は漸進的な未来の一部です。この理由からも、日本は未来の自国経済に不可欠な部分を確実に作ろうとしています。

日本は日常取引において現金の利用を減らし始めており、日本円と平行して新しい暗号通貨を導入しようとしています。

東京オリンピックが刻一刻と迫ってきており、日本は現在取引の65%を占めている現金の利用を止めたいと思っています。オリンピックは日本の経済にとって転換点になるでしょう。旅行者の流入や金融取引の増加もあるため、国はまずシステムを改革しなくてはなりません。フィナンシャルタイムズの記事によると、「日本の現金依存は簡単には壊れない」とのことですが、政府は現金主義に頼ってきた古い習慣を変えるために「2025年までにキャッシュレス決済の比率を倍にする意志がある」とのことです。

現金

現金を扱うのに年間約150-180億ドルほどかかっているだけでなく、縮小する労働力をも使っています。さらに、フィナンシャルタイムズの記事によると現金への大幅な依存は「他の先進国の平均の32%に比べて、ほぼ2倍である」とのことで、税逃れなどの違法行為を隠してしまっています。また、東京にある6割のレストランや多くの大規模なスーパーはカード決済を受け付けていないと推定されています。現金利用の割合が高いことで、日本の人々は現金により可能になるものを享受していることを意味しています。それは、匿名性、移動性、耐震性、銀行への不審、所有感などです。(Leo Lewisによる”日本の現金依存は簡単には壊れない”)

これをなくすことは、特に年配の世代にとって難しいでしょう。しかし暗号通貨が提供する利益、それはつまり、匿名性、銀行につながらない所有感というものは、おそらく現金で得られるものと近しいでしょう。

暗号通貨

2020年まで、そしてオリンピックの時までには、日本のメガバンクの1つで世界で5番目に大きな銀行である三菱UFJフィナンシャルグループは米国のテクノロジー会社のアカマイと組んでブロックチェーンベースの決済ネットワークを作ろうとしています。その2つはアカマイのクラウドサービスの中に作られたブロックチェーン上に設計をするためのパートナーとなっています。彼らは、1秒間に1億件の取引を処理できるとしています。アカマイインテリジェントプラットフォームと呼ばれるブロックチェーンネットワークは、今まで作られた中で最も素早く強固なネットワークです。

みずほフィナンシャルグループは、2019年3月に新しいステーブルコインを導入すると発表しました。みずほは2017年に計1兆8千億ドルほどの日本で2番目の金融サービス提供者です。プロジェクトはJコインと呼ばれ、60もの国内銀行に支持されています。スマートフォンを通じて品物やサービスの支払い方法として使われます。中央銀行である日銀に規制されないものの、Jコインは円と1対1でペッグし、他の仮想通貨を変動させません。

日本の銀行であるSBIホールディングスは自身のトークンをローンチする計画を明かしています。S-コインはモバイルの小売決済に利用される予定です。トークンはまずSBIグループの雇用者が実験台として利用します。実験が成功すれば、導入され、ブロックチェーン技術を決済領域で使うという日本の試みを補強することになります。

これらの企業は、暗号通貨決済の時代へと向かいたい日本の願いの実例です。国が先進技術や暗号通貨取引、暗号通貨規制になじみがあるためこの動きは自然なことに見えます。日本が仮想通貨界へ移るのはそんなに遠くない可能性なのかもしれません。政府機関や規制機関からの圧力もあり、金融機関はリストラの必要性があり、この移行が起きるために十分な理由が日本にはあります。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.