暗号通貨:デジタルマネーの未来

2019年6月14日

貨幣とは、お札や硬貨のことでした。今日の世界において、現金は徐々にデジタルマネーに置き換えられてきており、消費者に対してより多くの利便性や選択肢を提供し、ビジネスに対しては低い手数料、チャージバックがない仕組みを提供しています。

暗号通貨とは何か? 

暗号通貨の最も簡単な定義とは、暗号を利用し利用者に完全な安全性とプライバシーを提供しながら、かつ伝統的な通貨のように商品やサービスを売買することができるというものです。その違いは、伝統的な金融機関やクレジットカード発行元を通すことなく取引が完了できるということです。そうすると、銀行システムは”ブロックチェーン”と呼ばれる安全なコンピュータのネットワークによってすっかり置き換えられることになります。

伝統的な形の貨幣と違い、実物の現金はなく、硬貨も、クレジットカードですらもありません。全てデジタル世界、オンラインの世界に生きています。

暗号通貨はどのように機能するのか? 

米ドルやポンドなどの伝統的通貨は、個別の政府によって発行され、中央銀行が管理しています。新紙幣・硬貨の発行や管理は、中央の管理する主体にあり、このために中央集権システムとなっています。

その一方で、暗号通貨はどの単一主体にも管理されることがありません。銀行や政府の介入がないことで、分散化されたシステムとなり、それが暗号通貨をこれほどまでに強力なものにしているのです。

伝統的な通貨の移動は、銀行間でクレジットカードや銀行間送金という手段を通じて行われるものですが、暗号通貨はオンラインで直接人から人へ移動し、ブロックチェーンという技術を通じて検証されます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、全ての暗号通貨の基礎となる技術です。単純なことですが、ブロックチェーンは全ての取引が公開された台帳であり、ネットワーク上で起きているものです。この技術によって、起こったどんな全ての取引も、送付、受取、検証することが可能になります。各通貨はそれぞれ独自のブロックチェーンネットワークをもっていたり、共有のブロックチェーンネットワークを利用しているものもあり、様々です。

なぜ暗号通貨を使うのか?

  • 手数料の低さ– 手数料が高い伝統的な銀行送金と比べて、暗号通貨の手数料はとても低いです。
  • 安全性-暗号通貨はブロックチェーンに永久に保管され、アクセスするためには個人の秘密鍵、シードフレーズとして知られているものが必要となります。中央集権化のシステムがない状態では、ハッカーや盗人が遠隔地から資金にアクセスすることがとても困難になります。
  • 所有権-あなたが銀行に預けている預金を、銀行は投資に使い、資産はリスクにさらされていますが、暗号通貨の場合、資産はあなた自身のもので、あなた以外の人が利用することができません。
  • プライバシー-取引を処理している中央主体が存在しないため、暗号通貨は利用者へ完全なプライバシーを付与することができます。代わりに取引は利用者の間で直接やりとりされます。ブロックチェーン技術の記録は公開されたまま保持されますが、その内容は暗号化によってごちゃ混ぜの数字になっており、個人情報は付与されません。
  • アクセシビリティ-暗号通貨はインターネットがあれば誰にでもアクセスすることができ、銀行に行って口座開設をしてサービスを使う必要は全くありません。これにより、以前ではアクセスができなかった新興国へのアクセスが可能になります。

暗号通貨はどのようにして保管されるのか?

現金や硬貨を保管する必要がある伝統的な通貨と違って、暗号通貨は完全にデジタル世界で保管され、その方法は様々です。暗号通貨を購入する際、その資金にアクセスする秘密鍵を受け取ることになります。その秘密鍵は、取引所や第三者のアプリを通じてオンラインで保管することもでき、USBのハードウェアウォレットや、安全に保管できる印刷したQRコード上でさえも保管することができます。

暗号通貨はどのように購入できるか?

ここまで読んだ方であれば、スリルのある暗号通貨の世界に脚を踏み入れたくなるかもしれません。ではどこから始めたらいいのでしょうか。利用可能な選択肢は実に様々で、思ったよりも簡単です。

取引所

暗号通貨を直接購入できる取引所があります。Upbit、HitBTC、Coinbene、Bittrexなどです。こういった取引所は、暗号通貨にアクセスしたい初心者や専門家の双方が利用しています。

仲介業者(ブローカー) 

仲介業者は、暗号通貨に投資したい、取引したい人へ向けて暗号通貨へのアクセスを提供しています。取引の実行までを請け負い、金額に応じた手数料、固定の手数料を徴収しています。

PumaPay

PumaPayのプラットフォームはPMAトークンを暗号通貨へ変換することができます。幸運にもPMAにアクセスできるのであれば、ビットコインであれイーサリアムであれ交換することができます。

相対取引(OTC

相対取引は、デジタル通貨取引所とは別のところで行われる暗号通貨の取引の種類です。大きなトレーダーの多くに好まれていて、相対取引はヘッジファンド、資産運用会社や個人資産家によって行われています。

暗号通貨価格は誰が決めるのか?

公開されたばかりの株のように、暗号通貨の価格も$1や$1,000のように、公開者が決めることになっています。これ以降は、価格は需給に応じて永遠に変化し続けることになります。需要が多いと、価格は上がります。

どれが一番人気の通貨なのか?

業界は既に10年も存在しており、今や2,500超もの暗号通貨が存在します。もちろん、その中でも目立つものは数えるほどしかありません。

ビットコイン

世界初めての暗号通貨で、市場のリーダー的存在であるのがビットコインです。コミュニティの規模の大きさ、評判や安全性などから、ビットコインはほぼ暗号通貨と同義のようになっています。時価総額は最も高く、重要なメディアでいくつも特集されています。Coinmarketcap.comによると、暗号通貨市場全体の55.69%をビットコインは占めています。

イーサリアム

ビットコインが暗号通貨の王様であるなら、イーサリアムは王妃であり、この世界を統治する機会を待っているような存在です。ビットコインとは異なり、イーサリアムはブロックチェーン上へアプリケーションを導入するために設計されたものです。基軸となる通貨であるイーサリアムは、そういったアプリケーションの燃料として機能します。イーサリアムにとって最大の成果は、スマートコントラクトという概念をブロックチェーン上に初めて導入したことです。

ライトコイン 

ライトコインはビットコインのライト版として2012年に導入されました。その主要な利点としては、より速い決済、そして1秒当たりにより多くの取引を可能にし、決済を処理するためにより適切な選択肢になっていることです。

リップル 

リップルはデジタル通貨で、金融機関が国際送金をより容易に、安価で行うことができるようにしたものです。こういった組織の需要にこたえるために、彼らの技術は取引量に焦点を当てていることで、1秒当たりに扱える取引量がビットコインより200倍も多くなっています。

暗号通貨はなぜ存在するのか?

2008年の金融危機の時、銀行や様々なビジネスが信頼を失っていたころ、bitooin.orgというドメインが匿名で登録されました。そのすぐ後に、ホワイトペーパーが公開され、どう動作するのか、どのように二重払いの問題が解決できるのかなど、ビットコインが何なのかという詳細が明らかにされました。最も重要だったことは、分散化モデルにおいてどのように動作するか、全ての銀行システムを取り払ってしまえるのかということでした。そのホワイトペーパーは、”Satoshi Nakamoto”という偽名で署名がされていました。

今日にいたるまで、Satoshi Nakamotoとは誰なのかわかっていません。しかし、Satoshi Nakamotoは1百万のビットコインを所有しているとも噂されており、これは現在価値にすると、70億米ドルもの価値になります。

 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.