Don’t Send Tokens to the Token Contract Address!

We’ve recently received requests from a few PumaPay users asking us to ‘refund’ their payments wrongly sent to the PumaPay Token address instead of the receiver’s. This article serves as a brief guideline for all less seasoned crypto and PumaPay holders on how to avoid the common pitfall of sending tokens to the token contract address and losing funds.

As a reminder, the PumaPay Token Contract address is:

0x846c66cf71c43f80403b51fe3906b3599d63336f 

When accessing this address, the user will be presented with the whole stream of transactions in chronological order.

As always on Etherscan, the transaction path is clearly indicated under the “From” and “To” columns, which show the sender and the receiver’s addresses, respectively.

As any transaction which takes place on the blockchain is irreversible, making sure that the receiver’s address is correct before signing the transaction is vital. Furthermore, if the funds are erroneously sent to the Token Contract Address, they cannot be recovered, remaining stuck on the contract. Blockchain developers say that solidity smart-contract programming language prevents token recovery once a certain amount of tokens was sent to the token contract. There is no function to enable such action on behalf of the ERC20 token contract. For more insights refer to the ERC20 token standard. Additionally, for those of you who are still in doubt about how blockchain works, let us step back in time and revisit a previously published article where we were speaking about the importance of being the master of your own data. In other words, if you’ve mistakably sent PumaPay Tokens to the Token Contract address, regrettably there is nothing that can be done from our side to recover those tokens for you and restore your balance.

Have a question? Let’s hear it on Telegram, where we all get together to share thoughts and learn from each other.

    トークン契約アドレスにトークンを送らないでください!

    最近数人のPumaPayユーザーから、正しい受取り先ではなくPumaPayトークンアドレスに間違って送金をしてしまったので返金してほしいとのリクエストをいただいております。この記事では、暗号通貨に熟練していない人達やPumaPay保有者の方々へ、トークン契約アドレスにトークンを送ってしまい資金を失ってしまうというよくあるミスを防ぐ簡単な方法をお伝えします。

    PumaPayトークン契約アドレスは下記の通りです:

    0x846c66cf71c43f80403b51fe3906b3599d63336f 

    このアドレスにアクセスする際、ユーザーは時系列での取引の流れを提示されます。
    Etherscanでもあるように、取引経路は “From”と”To”列で示されており、送る側と受け取る側のアドレスがそれぞれ表示されます。

    ブロックチェーンで起こる全ての取引は取り消すことができないため、取引前に受け手のアドレスが正しいかを確認することは重要です。さらに、もし資金がトークン契約アドレスに誤って送信されると、それは取り消すことはできず、契約上で詰まってしまうことになります。ブロックチェーン開発者が言うには、スマートコントラクトのプログラム言語には、一度ある量のトークンがトークン契約に送られると、その取り消しを防止する仕組みがあるとのことです。ERC20トークン契約に代わってそのような行為を有効化する機能はありません。より詳しいことはERC20トークン標準規格をご参照ください。さらに、ブロックチェーンがどのように動くのかまだ疑問を持っている方のために、たまには1歩引いて、以前公開された「自身のデータ所有者」になることの重要性について書かれた記事を再度参照してみましょう。言い換えると、PumaPayトークンをトークン契約アドレスに誤って送ってしまっても、私達の側からそれらのトークンを取り戻し、残高を回復することはできないということなのです。

    質問はありますか?Telegramのコミュニティに参加し、考えを共有し、お互いに学びを深めてみましょう。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です