PumaPay がブロックチェーンの研究及び開発を前進させるため、ニコシア大学 IFF (未来研究所) の創立メンバーに

2018 年 11 月 13 日 キプロス、ニコシア – ニコシア大学の 未来研究所 (IFF) は、キプロスに拠点をおくブロックチェーン企業であり革新的なプル型決済プロトコルの開発に注力する PumaPay とのパートナーシップを発表しました。ニコシア大学の IFF は多分野にまたがる新しい研究センターで、ブロックチェーン・ AI について、またその実効的な統合についての理解を拡大し、産業、行政、教育そして一般社会への効果的な応用に貢献することを目的としています。 PumaPay はその創立メンバーとなります。IFF は、キプロス、 EU 、そして世界中で学際的な研究と革新の先頭に立ち、世界をリードする学術的研究センターとなることを目指しています。

PumaPay は事業者が暗号通貨での支払いを容易に受け入れられる、独自の決済プロトコルを開発しています。これにより、定期継続決済のような現状はクレジットカードでのみ可能な便利かつ多様な決済方法が、暗号通貨で可能となります。この利便性をブロックチェーンと組み合わせ、 PumaPay は決済システムを再定義しようとしています。Wix 、 Fasion TV 、 Rent24 、 IronFX を含む複数の国際的ブランドが、既に PumaPay ソリューションの導入を確約しています。

ニコシア大学 (UNIC) は世界でいち早く、ブロックチェーンを含む第四次産業革命のテクノロジーを受け入れた大学です。同大学は、デジタル通貨に関する修士課程 (MSc) を初めて立ち上げて以来、ブロックチェーン及び関連分野の学術研究・調査を進めてきました。

「ブロックチェーン・テクノロジーは決済だけでなく、私たちの生活のあらゆる場面で、未来への大いなる可能性を秘めています。私たちは、これまで誰もが達成できなかった革新的な決済ソリューションを開発するうえで、この業界における優れた人材と情報交換し、最先端の研究を基にしています。私たちは、決済ソリューションを開発することで、ブロックチェーン技術の学術研究と実社会への実践的な応用の架け橋となることができると考えています。」 と PumaPay の CEO Yoav Dror 氏は述べました。

「私たちは、 PumaPay IFF の創立メンバーとして歓迎いたします。ブロックチェーンを含むエクスポネンシャル(指数関数的に飛躍的な発展を遂げる)テクノロジーの交点における、研究及び技術開発の主要ソースを IFF が目指す中で、この分野に取り組む巨大企業と革新的なスタートアップとが一堂に会することはとても重要です。私たちは、 PumaPay のブロックチェーンベース決済プロトコルにおける専門的技術が、他の企業・学会メンバーのノウハウと組み合わさり、IFF のヴィジョン実現に大きく貢献することを期待しています。」 とニコシア大学 IFF 所長 George Giaglis 氏は述べています。

PumaPay について:

PumaPay は、トランザクション処理サービスの全レイヤーが分散化された、無料でオープンソースなブロックチェーンベースのプロトコルを提供しています。包括的で柔軟なプロトコルにより、提携者はほぼ既存の請求方法を使用してトランザクションを処理することができ、従来の方法(クレジットカード)とブロックチェーンベースのソリューションを組み合わせることが可能です。さらに詳しい情報は、こちらをご覧ください https://jp.pumapay.io

IFF について:

IFF (未来研究所)はニコシア大学の研究機関です。  IFF は、技術的進歩がこの先数十年の社会的変化を急速に拡大させるという仮説の検証のため、創立されました。ブロックチェーン、人工知能、生物工学、ナノテクノロジー、ロボット工学、 AR/VR (拡張/仮想現実)、ドローン、 DAO (自律分散型組織)、計算医学、 IoT 、自律走行車といった広範囲にわたるテクノロジーは、 2020 年までに実用化され始めます。これらのテクノロジーはどれをとっても、従来の常識を打ち破るものです。それらが合わされば、経済、社会構造、法制度、所得分配、統治体系、教育、そして戦争に複合的な影響を与え、社会がどのように形作られているかという根本的な疑問を提起するでしょう。私たちのゴールは、生徒や教職員(ニコシア大学に限らず)、政策立案者、ビジネスリーダーに、このような変化に準備するよう促し、社会全体に有益な結果をもたらすことです。研究所のミッションは、スクール・学部を横断した課程、学術研究、授業、学会を含む本当の意味での学際的な教育です。このような急成長する分野おいて、同じ領域に興味を持つ大学や組織との共同での取り組みを大いに歓迎いたします。

 

コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!
 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.