暗号通貨を入手しましょう:クレジットカード会社が手数料を値上げします

2019年2月19日

クレジットカード会社のVisaとマスターカードは、この4月より米国の事業者に対して手数料を値上げする予定です。事業者にとってこの変更は喜ばしいものではなく、個人はより高いサービス料金を支払うことになります。

クレジットカードの売上交換手数料

新しい変更の一部は、事業者が、消費者がクレジットカードやデビットカードを使って商品やサービスを購入するカード取引に対して、銀行やカード発行元に対して払う売上交換手数料に関わるものです。銀行やカード発行会社がVisaやMasterCardに払う手数料も値上がりします。

暗号通貨は未来:PumaPayは実行可能な代替案を提供します

では、何ができるのでしょうか?明らかな解決策は、クレジットカードシステムを劇的に崩壊させてしまうことです。多くの事業が、処理を最適化し、時間とコストを節約できる代替案を探しています。その答えとして、私達は見られています。

暗号通貨が上に述べたような多くの問題を解決し、特に手数料を大幅に削減できることは驚くことではありません。PumaPayは売上交換手数料を課しておらず、事業者の負担になるどのような手数料も排除することが最終的な目標です。

決済カード処理はビジネスが排除することができないものですが、そのエコシステム全体は、法外な手数料がビジネスの重荷になる構造を作り出しています。

PumaPayのプロ型決済プロトコルはそれらの障害物を乗り越えられる、堅固で拡張性があり、柔軟な決済システムを促進にする設計になっています。

PumaPayは、事業者が顧客から効率的に、限られた手数料で暗号通貨決済を受け入れることが可能になる暗号請求ソリューションを開発しました。

事実は実にシンプルで、暗号通貨は未来ということです。ブロックチェーン技術と暗号通貨が決済業界へ持つ可能性は、想像していたよりも大きいものです。そしてPumaPayは明日の決済システムを開発する機会を既に握っています。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.