A Snapshot of the Global Blockchain Technology

During the past few months, we have witnessed the increasing interest in blockchain technology and how big market players have begun acknowledging its importance and uniqueness. In spite of governments still being reluctant to it, established companies from various industries are recognizing the potential of a distributed ledger that can be incorporated into their operations. 

It may be that the business environment is suspicious of emerging technologies, but the blockchain can make a positive impact. Although the mainstream sees it as the root of all technological and business ills, blockchain certainly can make things quicker, more accessible, cheaper and much more secure. 

One of the industries that are severely disrupted by blockchain is the payments one. Our traditional systems never reached maturity and come with many flaws: credit card fraud, personal data breach, inefficient payments systems, slow technologies, intermediaries and massive centralization. Concerning payments, blockchain can provide a real-time, single and transparent record of a transaction which becomes impossible to corrupt. Payments carried on a blockchain do not require manual processing or third-party verification. 

Fast forward to October 2018, we notice how the idea is being implemented more and more not only by startups but by large corporations as well. Just in the past two months, four essential names in the business world joined the blockchain revolution. Uber’s largest shareholder, SoftBank, IBM, and Bank of China teaming up with UnionPay are all exploring blockchain for payment systems. 

So, we are seeing more and more different institutions and business giants experimenting with blockchain, but the issue remains how to finally adopt it. Can we just simply use it? How accessible is it? Sure, IBM has great plans to take on the world with another revolutionary product, yet they are far from considering the vast majority of consumers as part of their plans for now. It is only a natural step that companies will shift to the blockchain, but let’s dispense with all the hype and assess whether right now their projects are appealing to a large segment of consumers. 

After all, blockchain technology has become more popular because of emerging small businesses and start-ups. Thus, looking at the business model of companies which solely focus on payments will provide good insight into whether blockchain for payments works in practice. For example, Pumapay is a case in point. Not only does the company offer the blockchain experience, but also a digital wallet that supports their PMA token, all other altcoins, and an extensive network of adopters. The merchants’ web includes various companies who offer services any consumer can relate to—WIX or FashionTV. This robust ecosystem is backed by global brands that operate in different industries and provide subscriptions for products and more. 

While the debate continues—on whether the use of cryptocurrencies like Bitcoin is a legitimate way to make payments—blockchain is steadily advancing into the world of payments facilitating change for financial transactions. PumaPay’s idea is beneficial as they have established a new paradigm: a unique ecosystem that involves a consolidated and collaborative environment of merchant retailers, enterprises, digital payments and a broad spectrum of consumers. PumaPay’s solution is here to disrupt traditional structures and break through obsolete economic systems, while always having in mind that its primary goal is to satisfy the needs of the end user. 

    グローバルブロックチェーン技術のスナップショット

    この数か月間、ブロックチェーン技術、そしてその重要性や独自性を市場参加者が認知し始めたことを確認していました。各国政府は未だ気が進んでいませんが、様々な業界の会社が設立した会社は、分散化台帳がそれぞれの業務に応用できる可能性があるということを確認してきています。

    ビジネス環境は新興技術について疑念を持っているかもしれませんが、ブロックチェーンはポジティブな影響をもたらすことができます。未だに主流はそれを技術やビジネスの病気の根源と見ていますが、ブロックチェーンは確実に物事を速く、アクセスしやすく、安くてより安全なものにすることができます。

    ブロックチェーンによって深刻な影響がある業界は、決済業界です。伝統的なシステムは一向に成熟せず、多くの欠陥をかかえています。それは、クレジットカード詐欺、個人データ漏洩、非効率な決済システム、遅い技術、中間業者や大いに中央集権化されていることなどです。決済に関して、ブロックチェーンはリアルタイムで、単一かつ透明性のある取引記録を作ることができ、それは壊れることがありません。ブロックチェーンでの決済はマニュアル処理や第三者認証を必要としません。

    2018年10月まで話を進めると、より多くのアイディアがスタートアップだけでなく大企業によっても実現されてきたのがわかります。過去2カ月間だけでも、ビジネス界における4つの主要な企業がブロックチェーン革命に加わりました。Uber最大の株主、SoftBankIBMUnionPayと組んだBank of Chinaが、決済システムとしてのブロックチェーンを探求しています。

    そして、より多くの企業や大きなビジネスがブロックチェーンで実験をしているのを見てきましたが、最終的にどう適用するのかという課題が残ります。シンプルに使うことはできるのでしょうか?どれだけアクセス可能なのでしょうか?もちろん、IBMは別の革新的商品を世界に挑戦する素晴らしい計画を持っているのですが、大多数の消費者を考慮にいれたものからはかけ離れたものです。企業がブロックチェーンへシフトするのはごく自然な進歩なのですが、詐欺を排除した上でプロジェクトが多くの顧客セグメントへ訴求できているかを検討していきましょう。

    結局のところ、ブロックチェーン技術は小規模ビジネスやスタートアップのおかげで広まってきています。つまり、決済のみにフォーカスしている会社のビジネスモデルを見ると、決済のためのブロックチェーンが実際に機能するかどうかのよい知見を提供してくれます。例えば、PumaPayは適例です。ブロックチェーンの経験だけでなく、PMAトークンやその他のアルトコイン、導入者の拡張されたネットワークに対応しているデジタルウォレットも提供しています。事業者のウェブサイトは、WIXやFashionTVなど、いかなる消費者も関係がありえるサービスを提供している様々な会社を含んでいます。この包括的なエコシステムは、異なる産業で、商品やその他のサブスクリプションを提供しているグローバルブランドに支えられています。

    ビットコインのような暗号通貨が決済の合理的な手段であるかどうかは議論が続いていますが、ブロックチェーンは金融取引の変化を促しながら決済の世界を着実に前進させています。PumaPayのアイディアは、新しい枠組みを作り上げたということで有益なものです。その新しい枠組みとは、小売り事業者、企業、デジタル決済と広い領域の消費者が統合し、協業する独自のエコスシステムです。PumaPayのソリューションは、伝統的な構造を壊し、時代遅れのエコシステムを打破しながら、エンドユーザーの需要を満たすことを最優先事項においています。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です