Introducing Backpack.io, one of PumaPay’s Early Adopters

Backpack.io, a pure B2B SaaS All-in-one back-office platform for the fintech industry has joined the growing number of Early Adopters who are committing to integrate the PumaPay open source blockchain-based protocol into their technologies.

As one of the leading suppliers of AutoKYC, CRM & Payments in the capital markets, Backpack’s feature-rich, trusted, and reliable all-in-one back office platform can easily support high volumes trade transactions in excess of hundred million volume per day. More than 30 financial firms have integrated Backpack CRM and KYC modules to manage their onboarding and maximize their business efficiencies. The next-generation SaaS technology is deployed in more than 22 countries and complies with different local regulatory environments.

To give their clients in the financial industry, retail broking, and electronic trading technology sectors an easier, efficient, and convenient method to transact daily while saving substantial amounts and reducing risks, the fintech Singapore-based startup will implement the PumaPay Pull Payment Protocol into the Backpack platform.

“We see a tremendous growth in demand for alternative to FIAT payment options in the fintech space, and PumaPay brings an excellent solution to our b2b clients who are willing to let their traders fund their account with a digital currency while complying fully with all KYC requirements,” says Yoni Avital, Backpack CEO.

With the adoption of PumaPay’s fast and highly flexible blockchain-based billing system, Backpack will be able to incentivize their merchants to use and accept PumaPay tokens (to be listed PMA in exchanges) as payment option listed as part of the payment options available.

Built entirely around the functionality of the PMA, the PumaPay ecosystem will promote the adoption of the token among Backpack’s e-commerce and online service providers, modernizing the outdated payment card system that uses credit cards, debit cards, pre-paid cards, and charge cards. Transactions involving intermediaries are inefficient, expensive, and risky, and Backpack can eliminate these with the integration of the PumaPay protocol which allows for the direct transfer between customer and merchant without going through the extra layer of banking.

To improve the payment process between Backpack merchants and their customers, the pull payment protocol offers a unique architecture of smart contracts that will overcome existing blockchain limitations, enabling the scenarios such as scheduled payments, monthly subscriptions, direct debit, and so on — which can be tailored to fit unique billing needs and “pull” funds from customers’ wallets following a predefined set of parameters and limitations.

    PumaPay早期導入事業者の1つ、Backpack.ioのご紹介

    Backpack.ioは、フィンテック企業向けのバックオフィス業務一括提供SaaSサービス提供者であり、PumaPayのオープンソースブロックチェーンベースのプロトコルを導入する早期導入事業者に、この度加わることになりました。
    金融マーケットにおける自動KYC、CRMや決済の先進的供給者の1つとして、Backpackの豊かな機能、信頼があって頼りになる一体化されたバックオフィス業務のプラットフォームは、1日当たり1億を超えるほどの量の多い取引量を簡単に処理することができます。30を超える金融機関がBackpackのCRMとKYCモジュールを既に統合し、導入時の管理やビジネス全体の効率を最大化しています。こうした次世代のSaaS技術は22カ国以上の国に導入され、それぞれ異なる規制環境にも対応しています。

    大きな額を節約しリスクも減らしながら、金融業界の顧客、リテール仲介業者、そして電子取引業者に、日常の取引を簡単で、効率がよく、便利に行う手段を提供するために、シンガポールをベースにするフィンテック新興企業はPumaPayのプル型決済プロトコルをBackpackのプラットフォームへ導入します。

    「法定通貨での決済オプションの代替案への需要はとても大きくなっており、PumaPayは、全てのKYC要件を順守しながら、デジタル通貨での資金管理を導入したいB2B顧客に素晴らしいソリューションを提供します」とBackpack CEOのYoni Avitalは述べています。
    PumaPayの速くて高い柔軟性を誇るブロックチェーンベースの請求システムを適用することで、BackpackはPumaPayトークンを決済の選択肢として利用したり受け入れたりすることを彼らの事業者に勧めることができるようになります。

    PMAの周辺機能全体を作ることで、PumaPayエコシステムはBackpackのeコマースとオンラインサービスプロバイダの間でトークンの導入を推進し、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、チャージカードなどを使う時代遅れのカード決済システムを現代化することになります。
    仲介者が介在する取引は非効率的であり、コストが高く、リスクがあります。BackpackがPumaPayを統合することでそれらを排除することができ、銀行という余分な層を通ることなく顧客と事業者間の直接送金ができるようになります。

    Backpackの事業者と顧客間の決済プロセスを改良するために、プル型決済プロトコルは既存のブロックチェーンの制限を乗り越えるスマートコントラクトという独自の仕組みを提供することができ、定期支払、月次定期購読、直接引き落とし、など独自の請求ニーズにあったものに合わせることができます。そして事前に設定したパラメータや制限に従って顧客のウォレットから資金を引き出すことができます。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です