暗号通貨の首都、日本

PumaPayチームはアジアツアーの最後の目的地として、世界における禅の首都、そして技術ハブでもある、日本の東京に今週遂にやってきました。新興技術、より具体的にいうと暗号通貨とブロックチェーンに関して、国としての歴史を振り返ってみると、なぜここが今回のアジアツアーにおいて不可欠な場所であるかがご理解いただけると思います。

技術のパイオニア

90年代後半の技術ブームの間に起きていた多くの革新の背後で、日本は大きな影響力を持っていました。キヤノン、任天堂、さらにはソニーなどの大規模なハイテク企業はすべて日本企業で、この企業だけに留まりません。技術的革新はますます勢いを増し、日本人はそれをDNAに組み込んできたと言えるでしょう。ゲーム、自動車、通信業、そして現在のブロックチェーンなど、あらゆる技術において技術革新には終わりがありません。最新技術に追いつく必要があるという意思が、彼らの文化にしっかりと組み込まれています。

暗号通貨への規制

日本は、暗号通貨をお金の形として受け入れている世界で最初の国の1つです。2016年、銀行業界が暗号通貨を決済のためのデジタル通貨として受け入れるのに役立つ一連の法案を内閣府が承認しました。これによって暗号通貨は合法化され、国内のすべての銀行、および投資を規制する公的機関である金融庁の監視下に置かれることになるでしょう。イノベーションの推進という圧力もあり、金融庁は暗号通貨を即座に合法化し、暗号通貨交換業のための業界標準や規制を導入することになりました。

こういった新しい規則に従って設立された暗号通貨交換所のいくつかは、日本仮想通貨交換業協会と呼ばれる独自の規制機関を設立しました。この教会は、日本国内で事業を行っている取引所の集合体で、国内での事業において特定の規則やベストプラクティスに従うことに同意しています。日本の消費者にとって暗号通貨の安全性と正当性を高め、規制当局と取引所運営者間の唯一の接点を作ることが当協会の目的です。日本が暗号通貨およびブロックチェーンの主導的存在になったことで、こういった独自の規制基準が必要になったと言えるでしょう。

暗号通貨の首都

報道時点で、日本円はBTCの世界取引量の平均約11%を占めていることもあり、日本はビットコインにとって世界で2番目に大きい経済であると報じられています。また、暗号通貨を積極的に取引する人口は350万人を超えており、そのため、日本は暗号通貨を日常で使う人口の割合が最も多い国の1つとなっています。

また、日本中の企業が暗号通貨の採用を継続して行っています。家電量販店大手のビックカメラは、ウェブサイト上での購入でビットコインを受け入れています。  E-net Systems Coは、日本の取引所bitFlyer経由で、ビットコインを使用して電気料金を支払うことを可能にしています。最も印象的な功績の1つとしては、いくつかのバーが、支払い手段として暗号通貨を受け入れているということもあります。東京のブルーテラスバーでは、PumaPayでの支払いを受け付けています。CEOのYoav Drorによる初めての支払いのライブビデオはこちらをご覧ください。

こういった歴史や背景は、なぜ日本が私たちのアジアツアーで最も不可欠な開催地の1つであるかということを理解するために、大切な要因の1つです。

出典: japantimes.co.jpRakuten.comasiablockchainreview.comforbes.comskalex.iocointelegraph.com

 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.