オートチャージ請求モデルとは?

オートチャージ(トップアップ)請求モデルにより、企業と顧客の関係が作られ、維持されます。企業は、自身のプラットフォーム上で顧客の残高を追跡することができ、その残高が事前に決められた値を下回ると、元の残高になるまで自動で追加チャージを行うことができます。

取引プラットフォームを利用している顧客を例を考えてみましょう。まず顧客が100ドルを入金し、この残高が20ドルを下回る度に、100ドルへ残高をチャージすることを許可したとします。

オートチャージはどう機能しますか?

企業側:

各プロダクトの設定で、新しい課金モデルを作成する際、まず企業は”オートチャージ”を選択します。元の金額、閾値、オートチャージ金額などのパラメータを設定することができます。この契約の中で、彼らは顧客の資金を直接”引き出す”合計金額を設定することができます。

顧客側:

顧客は、好みのオートチャージオプションを選択し、口座に十分な資金がある限り、事前に定義された合計支出金額に基づき、いくらチャージするか設定することができます。また、企業側が設定した総支出金額の制限を承認、編集、または変更することができます。また、制限金額を超えそうになった場合も、制限を個人で設定できるようにすることで、顧客自身が常に自由に資金を管理できるようにしておくことも可能です。

 

オートチャージモデルに適した業界

この請求モデルのメリットを享受する業界としては、オンラインエンターテイメント、ビデオオンデマンド、オンラインカジノ、オンラインゲーム、スポーツ賭博、投資、通信、公共交通機関のようなものがあげられます。

PumaPay決済革命の一員になる場合、こちらから登録してください!

さらに詳細な情報は、メールを送っていただくか、テレグラムを通じてご連絡ください。最新ニュースはFacebookTwitterをフォローして、チェックしてください。

プル型決済ソリューションの詳細は、こちらのウェブサイトをチェックしてください。

 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.