News

CointelegraphがPumaPay内部へ潜入!
9月 16, 2019

CointelegraphがPumaPay内部へ潜入!

PumaPayが盛り上がってきました。  アジアツアーに先立ち、Cointelegraphチームは我々のオフィスを訪問し、包括的な決済ソリューションについて、これまでの成果やツアーの詳細についてインタビューを行いました。  CointelegraphはPumaPayオフィスの舞台裏へ招かれ、決済業界を変革しようとしているチームと実際に話をしました。 ビデオを見るには、”Inside PumaPay”をクリックするか、下のビデオをクリックしてください。 PumaPayは、皆様からの継続的なサポートに心から感謝しています。 最新のニュースを受け取るには、Telegramへご参加ください。 Twit...

Continue Reading

DON'T MISS

LATEST ARTICLES

暗号通貨:デジタルマネーの未来

2019年6月14日 貨幣とは、お札や硬貨のことでした。今日の世界において、現金は徐々にデジタルマネーに置き換えられてきており、消費者に対してより多くの利便性や選択肢を提供し、ビジネスに対しては低い手数料、チャージバックがない仕組みを提供しています。 暗号通貨とは何か?  暗号通貨の最も簡単な定義とは、暗号を利用し利用者に完全な安全性とプライバシーを提供しながら、かつ伝統的な通貨のように商品やサービスを売買することができるというものです。その違いは、伝統的な金融機関やクレジットカード発行元を通すことなく取引が完了できるということです。そうすると、銀行システムは”ブロックチェーン”と呼ばれる安全...

Continue Reading


Synchronize ヨーロッパ開催間近!

2019年6月13日 来る6月18日火曜日に、IMNが主催する展示会であるSynchronize(シンクロナイズ)ヨーロッパが、英国ロンドンのetc.venues St Paul’sにやってきます! Synchronize ヨーロッパとは? Synchronizeは、金融業界の分散化台帳技術(DLT)、ブロックチェーン、スマートコントラクトを企業や機関向けに採用を推し進める目的で開かれる展示会です。2018年4月にニューヨークで初開催され、今回はSynchronize初めてのヨーロッパでの開催となります。 この展示会は、既存の事業の中へ、分散化技術を最も効率的で効果的な方法で採用できる方法を教...

Continue Reading


暗号通貨の投資家はどのように資産を変化させてきたか

2019年6月12日 Forbesの記事によると、ある暗号通貨投資家がビットコイン全体の供給量の25%を購入したいと思っているようです。この顧客は、暗号通貨取引にピアツーピア(P2P)のネットワークを創り出した暗号資産の投資会社であるDadiani Syndicate(ダディアニ・シンジケート)を利用している投資家の1人です。この資産家は、多額の暗号通貨を蓄えてきた新しい億万長者の1人であり、これらを実物資産に交換したいと思っています。 高価値の取引 創設者によると、特に様々な国家間で暗号通貨を動かす際など、Dadiani Syndicateは高価値の取引の問題へのソリューションを見つけていま...

Continue Reading


暗号通貨専門家がビットコインの価格上昇を説明

2019年6月11日 グローバル取引とテクノロジーの会社であるSusquehanna(サスケハナ)のデジタル資産部門長であるBart Smithは、2019年のビットコイン価格の再上昇について、3月30日のCNBCの番組Squawk Boxで説明しました。 Smithがその番組で語っていたのは、ビットコインは投機的で価格変動性が高い媒体なので、取引をする際は、価格変動性を理解すること、適切な方法を採用することが重要であることです。また、直近2カ月間で価格が50%も上昇したことについて、技術、政治、規制などの要素がビットコインの価格をけん引したことにも触れています。「ビットコイン価格には多くの要...

Continue Reading


フロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティ

2019年6月10日 これらの開拓時代の西部劇のテーマのような言葉は、イーサリアムの開発における異なる段階を表しています。 イーサリアムネットワークの4つの段階は、フロンティア、ホームステッド、メトロポリスとセレニティと呼ばれています。では、それぞれの段階が何を意味するのか、早速見てみましょう。 第一段階:フロンティア(2015年7月) 西部劇と同じで、フロンティアは全ての始まりです。つまり、イーサリアムネットワークの最低限の形ということです。「イーサリアムをマイニングできるインターフェイスと、契約をアップロードし実行できる方法があるということです。導入に向けてのフロンティアの位置づけは、マイ...

Continue Reading


マイクロソフト、分散型身分証明にビットコインのブロックチェーンを活用

2019年6月7日 マイクロソフトは5月13日に、ビットコインブロックチェーン上のIdentity Overlay Network(アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク、ION)と呼ばれるSidetree(サイドツリー)を基盤にしたDIDネットワークの試作品を公表しました。DIDとは、分散化された身分証明書で、”証明可能な新しいタイプの証明書で、自己主権型身分証明書”を指しています。DIDは、個人利用者の権限者におかれ、いかなる中央権力も身分証明の提供元もアクセスできないものです。 IONとは何でしょうか? マイクロソフトの身分証明部門のシニアプログラムマネジャーのDaniel Buc...

Continue Reading


Page 10 of 39« First...89101112...2030...Last »