News

Kemixとは?
1月 16, 2020

Kemixとは?

ビジネスパートナーであるKemixとの提携により、PumaPayは資金を引き出す際の法定通貨決済レイヤーを提供することができます。これにより、事業者は暗号通貨を法定通貨へ簡単に変換することができます。 Kemixとはどのような会社ですか?  Kemixはアルゴリズムを利用したトレーディング会社で、取引所間をつなぎ、日常の暗号通貨決済を処理している企業です。 事業者が持つ価格変動リスクを排除し、暗号通貨に対して最適なレートを提供すべく運営されています。   法定通貨決済レイヤーとは?  法定通貨決済レイヤーは、取引所をわざわざ経由することなく、受け取ったPMAを法定通貨へ変換することが...

Continue Reading

DON'T MISS

LATEST ARTICLES

ウィリアム・シャトナー、ブロックチェーンの「パスポート」を使ってグッズ詐欺対策に参入

2019年7月8日 William Shatner(ウィリアム・シャトナー)は、暗号通貨やブロックチェーンの普通のファンでは違いますが、法的強制力のあるスマートコントラクトMattereumのプロバイダとの最近のコラボレーションなど、新しいアプリケーションを積極的にサポートしています。 Captain KirkとしてSFファンにも知られているシャトナー氏は、それがテクノロジーへの興味をもつきっかけとなった役割でもあるのですが、スタートアップと協業し、グッズとその正当性をカタログ化するための認証システムを確立するべく取り組んでいます。シャトナー氏は、「貴重な未来の家宝と、価値のない偽物の違いを判...

Continue Reading


PumaPay ビジネスの進捗: 導入手続き

2019年7月5日 いよいよ待ちわびていた時がやってきました。当社独自の暗号通貨決済および請求プラットフォームであるビジネスコンソールは、現在いくつか企業によって厳密なテストが行われています。 最初の3つの統合作業は暗号通貨での請求モデルを設定したり、現在導入手続きの最終段階にあり、その舞台裏のすべてを皆様と共有させていただきたいと思います。こういった早期導入者とより密接に協業する中で出会った素晴らしい共同作業の精神に、これ以上ないほど感謝を申し上げます。では、導入手続きに必要なものを詳しく見てみましょう。 導入手続きとは? 従来の意味でのオンボーディング(導入手続き)とは、新しく採用された社...

Continue Reading


新しい戦略アライアンスマネジャーをご紹介

2019年7月4日 新しい戦略的アライアンスマネージャであるGeorge Polzerを紹介します。 George(ジョージ)は、ブロックチェーンとAIの統合分野の専門家であり、業界の思想的リーダーです。  彼は20年以上の起業家やスタートアップの経験を持って、海の向こう側から私達の中前に加わります。  Georgeは、PumaPayが戦略的提携を特定、構築して、急速に進化する、変革的デジタル決済エコシステムで製品開発を加速し、差別化を図り、今後も古くならないもの提供することを支援します。 彼はBechtelのヨーロッパAI部門を立ち上げましたが、彼のドットコムカンパニーは、Salesforc...

Continue Reading


Visa、PayPal、UberがFacebookの暗号通貨へ投資

2019年7月3日 Facebookの新しい暗号通貨、Libra(リブラ)はいくつかの大企業に支えられています。ウォールストリートジャーナルによると、Facebookというソーシャルメディア大手は、Visa、Mastercard、PayPal、Uberなどの金融およびeコマース企業と契約し、これらの企業から新しい暗号通貨であるLibraを統括するコンソーシアムにそれぞれ1000万米ドルの投資を受けます。  Stripe、Booking.com、およびMercadoLibreも当該暗号通貨を支援しますが、どんな役割になるのかは明らかにされていません。 Libra協会とは、Facebookとは関連...

Continue Reading


PumaPay第二四半期の進捗報告

2019年7月2日 イノベーション、デザイン、開発、これらはPumaPayで創る全ての商品やソリューションの核となっています。今年の第二四半期(4-6月)の進捗、また第三四半期について現在提案されている予定について、皆様と共有できることを嬉しく思っています。 達成したこと プロトコルの改善 マイクロサービスを導入し、負荷が軽く、モジュール式のものにし、より速い実行力、ネットワークへの最適化、柔軟性を可能にすることで、サービス指向デザインの構造を向上し、改善することができました。  また、プロトコルに対して、マルチレイヤーでの開発を追加しました。つまり、異なるアプリケーション特有の処理レイヤーに...

Continue Reading


iPhoneのブロックチェーンアプリケーション:アップルのCryptoKit

2019年7月1日 アップルのCryptoKit(クリプトキット)は暗号通貨のことではありません。暗号の利用者向けのスイフトAPIで、暗号機能が新しいiOS13のソフトウェアのリリースに組み込まれます。クリプトという言葉は暗号通貨を指しているものではなく、皆が言っているように、暗号文を意味しています。 アップルは、カリフォルニアのCupertinoというところで開かれたWorldwide Developers Conference(ワールドワイトディベロッパーカンファレンス)という場所で当ニュースを発表しました。「iPhone上でユーザーのキーを管理するSecure enclave(セキュアエ...

Continue Reading


Page 13 of 44« First...1112131415...203040...Last »