News

Carrefourがブロックチェーンの追跡機能を利用し売上を拡大
6月 19, 2019

Carrefourがブロックチェーンの追跡機能を利用し売上を拡大

2019年6月19日 Carrefourはブロックチェーンを利用した追跡機能で売り上げを拡大したと、ロイター通信が報じています。 ロイター通信によると、フランスの小売企業は、顧客の信頼を得る目的で、肉、乳製品、果物について生産者から販売店までの追跡を行い、今後は100以上もの商品に拡大するとのことです。これまでに、ブロックチェーンの情報は鶏肉、卵、牛乳、オレンジ、豚肉、チーズなどの20品目について利用可能になっています。 CarrefourのブロックチェーンプロジェクトマネジャーであるEmmanuel Delermは、ロイター通信に対してこう話しています。「この鶏肉の信頼性がCarrefour...

Continue Reading

DON'T MISS

LATEST ARTICLES

フロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティ

2019年6月10日 これらの開拓時代の西部劇のテーマのような言葉は、イーサリアムの開発における異なる段階を表しています。 イーサリアムネットワークの4つの段階は、フロンティア、ホームステッド、メトロポリスとセレニティと呼ばれています。では、それぞれの段階が何を意味するのか、早速見てみましょう。 第一段階:フロンティア(2015年7月) 西部劇と同じで、フロンティアは全ての始まりです。つまり、イーサリアムネットワークの最低限の形ということです。「イーサリアムをマイニングできるインターフェイスと、契約をアップロードし実行できる方法があるということです。導入に向けてのフロンティアの位置づけは、マイ...

Continue Reading


マイクロソフト、分散型身分証明にビットコインのブロックチェーンを活用

2019年6月7日 マイクロソフトは5月13日に、ビットコインブロックチェーン上のIdentity Overlay Network(アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク、ION)と呼ばれるSidetree(サイドツリー)を基盤にしたDIDネットワークの試作品を公表しました。DIDとは、分散化された身分証明書で、”証明可能な新しいタイプの証明書で、自己主権型身分証明書”を指しています。DIDは、個人利用者の権限者におかれ、いかなる中央権力も身分証明の提供元もアクセスできないものです。 IONとは何でしょうか? マイクロソフトの身分証明部門のシニアプログラムマネジャーのDaniel Buc...

Continue Reading


世界銀行が二次流通市場での取引にブロックチェーンを活用

2019年6月6日 世界銀行グループの国際復興開発銀行は、オーストラリアのコモンウェルス銀行(CommBank)と提携し、ブロックチェーン技術を利用して債券の二次流通市場での取引記帳を行います。 この提携は5月15日に公表され、bond-i向けに二次流通市場の取引をブロックチェーンに記録し、分散化台帳技術を使った債券の発行と取引を可能にした初めての例となっています。Bond-iは、ブロックチェーンで稼働する新しい債務証書のことで、新規発行、割り当て、移転、管理といった債券のライフサイクルを通じてブロックチェーンが利用される世界で初めての債券です。これは、2018年8月に世界銀行とコモンウェルス...

Continue Reading


AT&TがBitPayを通じて暗号通貨決済を採用

2019年6月5日 モバイルキャリアのAT&Tと決済サービスのBitPayは、暗号通貨決済をさらに推し進めるために提携することになりました。これによって顧客は、AT&Tの請求書をAT&Tのウェブサイトやアプリ上で、暗号通貨で支払うことがができるようになります。 BitPayは、グローバルで20,000以上の事業者に、暗号通貨を法定通貨へ変換するプラットフォームをサービスとして提供しています。BitPayは事業者向けに、ビットコイン、ビットコインキャッシュの決済処理ソリューションをオンライン決済サービスとして提供します。 BitPayのウェブサイトで対応通貨の一覧を見るこ...

Continue Reading


Money 2020 ヨーロッパ にやってきました!

2019年6月4日 月曜日から6月5日の水曜日まで、PumaPayはヨーロッパで最大級のフィンテックイベントのMoney 2020ヨーロッパに参加するために、アムステルダムにやってきました。 Money 2020 ヨーロッパは、金融サービス業界でのイノベーションという、PumaPayの核心に近いテーマに焦点を当てている展示会です。CEOのYoav Dror、そして私達のビジネス開発チームが、銀行業界の変革、決済手段の進化とイノベーション、サイバーセキュリティ、規制についてのセッションに参加します。 決済やテクノロジーの中での最大手の企業である、Stripe(ストライプ)、PayPal(ペイパル...

Continue Reading


Facebookが2020年GlobalCoinを導入

2019年6月3日 BBCの報告書によると、Facebookが独自の暗号通貨を2020年に導入し、約12カ国でデジタル決済システムを立ち上げる予定ということです。 今年末までには試験的運用を始めるようですが、詳細は今年の夏に公表される予定です。Facebook創設者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)はイングランド銀行のMark Carney(マーク・カーニー)、米国財務省の高官と会い、暗号通貨に関する規制関連の課題について議論をしたと報じられています。Facebookはまた、ウエスタンユニオンなどの国際送金会社のような、より早くて安価な国際送金手段を模索しています。...

Continue Reading


Page 2 of 3012345...102030...Last »