News

Kemixとは?
1月 16, 2020

Kemixとは?

ビジネスパートナーであるKemixとの提携により、PumaPayは資金を引き出す際の法定通貨決済レイヤーを提供することができます。これにより、事業者は暗号通貨を法定通貨へ簡単に変換することができます。 Kemixとはどのような会社ですか?  Kemixはアルゴリズムを利用したトレーディング会社で、取引所間をつなぎ、日常の暗号通貨決済を処理している企業です。 事業者が持つ価格変動リスクを排除し、暗号通貨に対して最適なレートを提供すべく運営されています。   法定通貨決済レイヤーとは?  法定通貨決済レイヤーは、取引所をわざわざ経由することなく、受け取ったPMAを法定通貨へ変換することが...

Continue Reading

DON'T MISS

LATEST ARTICLES

APIとは?

2019年5月10日 APIとは、GoogleやFacebook、Appleまで、最新のテクノロジーを公共の場に提供し、革新的なプラットフォームを通じて人々をビジネスと繋げているということで、テクノロジー業界では度々話題に上がっています。 インターネットへのアクセス量がアプリやデバイスに分散化されるにつれて、APIがインターネットアクセス量をどのように動かすか、このトレンドがどのように向かうかは非常に興味深いトピックです。APIは現在のビジネスへ大きな影響を持っているということは、明確に言えます。 APIとは APIは、Application Programming Interface(アプリ...

Continue Reading


PumaPay、数十億ドル規模市場での地位を確立

2019年5月9日 Pornhub(ポーンハブ)、Gamma Entertainment(ガンマエンターテインメント)、LiveJasmine(ライブジャスミン)など、アダルトエンターテインメント業界の36の巨大企業が、PumaPayの独自のプル型決済プロトコルの採用をこれまでに決定しています。この動きは、彼らのサービスの競争力を高めるとともに、世界中の数十億の暗号通貨市場へと市場を拡大するでしょう。 数十億ドル産業でその地位を確立できたことは、PumaPayにとって、とても大きな成果です。36の企業は、PMAを決済手段として受け入れ、PumaPayのプル型決済プロトコル技術を利用し、暗号通貨...

Continue Reading


世界通貨基金と世界銀行がLearning Coinを公開

2019年5月8日 国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、ブロックチェーン技術を調査・研究するために、プライベートブロックチェーンを導入し、”Learning Coin”(ラーニングコイン)という暗号通貨トークンを発行しました。 これはあまり驚くようなニュースではありません、というのも、どちらの機関もデジタル通貨への関心を表明していたからです。IMFの専務理事であるChristine Lagarde(クリスティーヌ・ラガルド)は、デジタル通貨の利用を促進し現金利用を縮小するために、中央銀行のデジタル通貨(CBDCs)の可能性を模索するように訴えかけました。2018年に彼女が言っていたのは、「デジ...

Continue Reading


PumaPay1周年記念日

PumaPayは5月7日に1周年を迎えました! 私達の決済システムにといて、広く期待されていたいくつかの機能を導入することができるなど、この一年は素晴らしい出来事が多くありました。 2018年、私達はイーサリアムブロックチェーン上で定期支払を導入する初めての暗号通貨決済企業でした。 事業者が登録、請求モデルを設定することで、PMAの支払いを受け入れることができるビジネスコンソールを公開しました。請求モデルウィザードでは、スムーズに、かつ直観的に請求モデルを作成することができます。 モバイルウォレットアプリはAndroidとiOSの両方で、BTC, ETH, PMA と全てのERC20規格のトー...

Continue Reading


Ikajo InternationalがPumaPayの暗号通貨請求ソリューションを採用

2019年5月6日 2019年5月 キプロス、リマソル ブロックチェーン決済システムを提供するPumaPayは、グローバル決済サービスプロバイダーのIkajo Internationalが、自身の暗号通貨決済ソリューションを採用することを発表しました。 Ikajo International は、国際的なeコマースの事業者へグローバル決済サービスを提供しており、プル型決済プロトコルを導入することは会社の成長を促し、サービスの競争力を高めることができます。 PumaPayのプル型決済プロトコルは、日常的な取引において、クレジットカードでなされている請求方法など、複数の決済シナリオを可能にすること...

Continue Reading


Blockchainを利用したWien Energie冷蔵庫が誕生

2019年5月3日 Wien EnergieとBoschは、この度ブロックチェーンを使った冷蔵庫を製造したと、プレスリリースで発表がありました。 4月3日水曜日、オーストリアの電力供給企業であるWien Energieは、多国籍の技術・電力会社であるBoschと協業して、電力消費を管理することができる、初めてのブロックチェーン冷蔵庫を開発したと報じました。 このプロジェクトは、電力市場に家計の参加を促し、電力消費・生産について消費者の意識を高めることを目的としています。どちらの企業も消費者を教育する傍ら、エネルギー消費を節約できる可能性を探っており、ここでブロックチェーンは環境問題に貢献してい...

Continue Reading


Page 20 of 44« First...10...1819202122...3040...Last »