What are Nodes?

Nodes are increasingly becoming a contested subject within blockchain debates. Technically speaking, nodes are a critical component of any blockchain infrastructure. If there were no nodes, data on the blockchain would not be accessible.  

But how is this working? 

A blockchain’s infrastructure is built on blocks of data. These blocks of data are stored on nodes, and a full node is a device that registers the log of transactions of the blockchain. Nodes are vital to maintaining the integrity of a blockchain. More simply, a node is just a copy of the blockchain that exists on any device. 

Nodes fall into two categories: full nodes and light ones. While the first type represents a complete list of every single transaction that occurred on a blockchain, the latter is only a partial log. A good example is Bitcoin nodes, where a full one would contain every single block that has ever been created on the network since 2009. A lightweight node may include blocks that were created in the past few months. Light nodes are connected to full nodes in spite of their data limitation.  

What are nodes for? 

Nodes keep the integrity of the blockchain for a specific digital currency. A complete blockchain log can be held even if only one node is running it. This can increase risks like hacks, power failures or systemic crashes. Blockchain-based cryptocurrencies usually contain more than hundreds of nodes – the more nodes a cryptocurrency is running on, the safer it is.

Much has been said about blockchain transparency and safety given the technological infrastructure it is based on. The fact that it is a distributed ledger and thousands of copies of a blockchain are scattered on the network to different users makes it impossible to delete a copy of it. But the nodes are the mechanism that makes it impossible for any government or organization to shut down a blockchain or alter any information completely. 

Every crypto enthusiast needs to understand the underlying mechanics of a node as it’s what fuels the blockchain and its one-of-a-kind technology. Nodes are the essence and the foundation of the technology allowing a blockchain to function and carry out different tasks.  

Do you want to find out more about the blockchain? Read our crypto dictionary series and have all blockchain related terms explained! 

    ノードとは?

    ノードはブロックチェーンの議論の中で論争対象になりつつあります。技術的に、ノードはどのブロックチェーン基盤においても不可欠な要素です。ノードがないと、ブロックチェーン上のデータにはアクセスができません。

    でも、どうやって動いているの?

    ブロックチェーンの基盤はブロック状のデータ上に作られています。これらのブロック状のデータはノードに蓄積され、フルノードというのは、ブロックチェーンの取引ログを登録する装置のことを指します。ノードはブロックチェーンの堅実性を保つために不可欠なものです。単純に言うと、ノードとはブロックチェーンのコピーでどの装置にも存在しているものです。
    ノードは2つのカテゴリに分けられます。フルノードとライトノードです。前者はブロックチェーン上に起きるそれぞれの単一取引の完全なリストですが、後者は部分的な記録でしかありません。よい例はビットコインのノードです。フルノードは2009年以降にネットワークに作られた全ての記録を含んでいます。軽量のノードは過去数カ月間に作られたブロックを含みます。ライトノードはデータの制限にもかかわらず、フルノードにつながっています。

    ノードは何のためにあるのですか?

    ノードは特定のデジタル通貨用に存在するブロックチェーンの堅実性を維持しています。1つのノードしか動いていない場合でも、完全なブロックチェーン記録が保持できてしまいます。これは、ハッカーや、停電、システム障害などのリスクを増加させます。通常ブロックチェーン上の通貨はおよそ数百のノードを含んでいます。つまり、暗号通貨はより多くのノード上に動いているほど、安全になるのです。

    ブロックチェーンの透明性や安全性は、基礎となっているテクノロジー基盤のもとに多くの議論がなされています。事実としては、それは分散化台帳やネットワーク上に散らばったブロックチェーンの数千ものコピーであり、それによって異なるユーザーがそのコピーを削除できなくするというものです。しかし、ノードはどんな政府や組織でも、ブロックチェーンを遮断したり、いかなる情報も変更できなくする仕組みです。それはブロックチェーンを動かしている独自の技術であるため、どの暗号通貨の支持者もノードの仕組みを理解する必要があります。ノードというのは、ブロックチェーンが機能し、異なるタスクを実施するための基礎となる技術であり、不可欠なものなのです。

    ブロックチェーンについてもっと詳細を知りたいですか?私達の暗号通貨の用語解説記事をお読みいただければ、ブロックチェーンに関連する全ての言葉が説明されています。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です