クジラとイルカ

2019年3月20日

その存在は聞いたことがあるかもしれませんが、暗号通貨界にはクジラ、イルカ、その他の魚が存在しています。魚群探知機に見えてこないのであれば、そういった暗号通貨保有者のことを学ぶ時が来ているのかもしれません。

暗号通貨の世界で”クジラ”や”イルカ”は、とても多くの暗号通貨やトークンを保持している、ビットコインやその他暗号通貨ウォレットやアドレスを示している言葉です。海は暗号通貨市場を表しており、大小様々な魚の住処になっていて、それが大小の波を作り、市場に影響し、ニュースの元を作っています。

クジラとは何でしょうか?

暗号通貨界でのクジラは、大量のコイン保有者の隠喩で、暗号通貨海で最も大きな魚です。彼らは、市場を動かしたり、価格を操作することさえもできます。大きな暗号資産を持つクジラは、市場を動かすことができるヘッジファンドやビットコイン投資ファンドなどの機関投資家です。Pantera Capital、Bitcoins Reserve, Binary Financial, Bitcoin Investment Trust, Coin Capital Partners, Falcon Global Capital, Fortress, Global Advisors Bitcoin Investment Fund.などがあげられます。

例えばビットコインのクジラは、暗号通貨取引所で1000 BTCといった金額を取引しているものではありません。それは、ビットコインのイルカと呼ばれる者たちのことです。クジラは、取引所や小さな魚がいる個人投資家市場には現れません。

彼らは数十万、何十万ものビットコインを保有している投資家やファンドであり、彼らの取引は、戦略的に、極秘に特別な方法を通じて取引所で行われます。それは、通常の個人投資家からは見えない方法で行われます。

イルカ

魚から進化した、相当な量の暗号通貨を所持する保有者のことで、クジラよりも小さいものを言います。

あなたがビットコインでいうとどのあたりに位置するのか気になっている場合、保有している量に応じた魚のピラミッドを見ることもできます。どのフォーラムを見るかによって、プランクトンだったり、サトシ・ナカモトだったり、ザトウクジラだったりします。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.