PumaPay スマートコントラクトが第三者機関の承認を受けました

2019年8月21日

今回アップグレードされたプル型決済プロトコルが、セキュリティ会社のSmartDecElecti Consultingによる監査に合格したことをご報告いたします。

プル型決済プロトコルの最新バージョンである2.0では、プロトコルの完全性や、バグや脆弱性がなくセキュリティに問題がないことを確認し、両社による厳格なテストを通過することができました。

PumaPayでは、コミュニティの信頼が最も重要であると考えています。そのために、スマートコントラクトのアップグレード毎に、包括的な監査やセキュリティチェックを実行して、システムが最高レベルのセキュリティとパフォーマンスで実行されることを常に確認しています。

Electi Consultingは、データサイエンス/分析、ソフトウェアおよびシステム開発、ブロックチェーンアプリケーション、情報セキュリティの分野で技術およびビジネスコンサルティングを提供する研究開発会社です。

SmartDecは、スマートコントラクトセキュリティ、ソフトウェア監査、システムソフトウェア開発、エンタープライズセキュリティスキャナーなどのサービスを提供しています。

何が変わったのでしょうか?

プル型決済プロトコルへのアップグレードとして、1.1バージョンへ2つの重要な変更が加えられました。バージョンはv.0.5.8にアップグレードされ、実行側が必要な資金額は1ETHから0.5 ETHに変更されました。。

他にいくつか主要なアップグレードがありましたが、その1つに最初のプル型決済の実行がプル型決済の登録時に行われるようになりました。これにより、登録の際に、最初の交換レートがパラメータとして表示されることになります。

取引実行中にも、交換レートがパラメーターとして渡されることで、送信するPMAの値が正しく計算されるようになりました。交換レートはグローバル変数として保存されることがなくなり、登録時または実行時にパラメータとして渡されるようになりました。

PumaPayの決済革命に参加したい事業者の方は、こちらから登録してください。

さらに詳細な情報は、メールを送っていただくか、テレグラムを通じてご連絡ください。最新ニュースはFacebookTwitterをフォローして、チェックしてください。

プル型決済ソリューションの詳細は、こちらのPumaPayウェブサイトをチェックしてください。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.