Bitcoin Related to Satan? Most Outrageous Crypto Conspiracy Theories 

Blockchain technology and cryptocurrencies are one of the most talked about subjects in the fintech industry, but for many they are still enveloped in an air of mystery which has given rise to several conspiracy theories. The fact that one of the central figures around cryptos and the creator of Bitcoin, Satoshi Nakamoto, remains anonymous to this day, has strengthened the mythology and the numerous fake stories circulating among online users. Let’s have a look at the most popular conspiracy theories making the rounds now: 

1. The Mark of the Devil 

People usually demonize what they don’t understand, and Bitcoin, as well as any other cryptocurrency, is shrouded in darkness due to its complex nature.  According to the following conspiracy theory, Bitcoin is believed to be the “Mark of the Beast”! This theory finds its origins in the Bible’s New Testament and the Book of Revelations chapter 13 where it is stated that people will be forced to have a mark on their bodies in order to be able to purchase everyday necessities. With people now being able to store their Bitcoin under their skin with subdermal chips, literally being marked by the technology itself, the theory has gained currency especially among religious circles and conservatives.  As a Twitter user said earlier this year when news of the device came out: ‘I like Ripple and XRP but I will never get the chip! The mark of the beast! Praise Jesus!’ 

2. CIA and MI5 created Bitcoin to fund secret missions 

The claim is not unfounded as it was made by one of the wealthiest women in Russia and co-founder of Russian cybersecurity firm Kaspersky, Natalya Kaspersky, during her presentation at ITMP University in St Petersburg, Russia. One of her slides read:  “Bitcoin is a project of American intelligence agencies, which was designed to provide quick funding for US, British and Canadian intelligence activities in different countries. The technology is ‘privatised,’ just like the Internet, GPS and TOR. In fact, it is dollar 2.0. Its rate is controlled by the owners of exchanges.” She also explained that Satoshi Nakamoto was a codename for a collective of American cryptographers. When influential people like herself make such claims, it’s hard not to see how the news, no matter how fake it might be, will soon be woven into full blown conspiracy theories.  

3. Governments buying all the BTC 

Various governments are secretly buying up all the BTC in the world. This theory has risen out of the many confiscations of Bitcoin by governments and the millions they have made by selling it. Not only governments, but also investors like Timothy Draper, who bought their BTC at discounted prices from government auctions. 

4. Mt Gox crash triggers conspiracy theories 

From being the biggest bitcoin exchange in Japan, Mt Gox (the name stood for “Magic: The Gathering Online eXchange”), was by the end of February 2014 bankrupt. 850,000 bitcoins were lost in a hack, with $28 million in cash already missing from the company’s bank account. This was feared to be the end of Bitcoin as its price crashed. While some of it was recovered—200,000 bitcoins were allegedly later discovered by Karpelés in some forgotten wallets—650,000 have never been found.  To cut a long story short, Mt Gox continues to be under bankruptcy protection with the case being under investigation. The French developer who purchased the exchange in 2011, Mark Karpelés, was arrested in Japan in August 2015 and charged with fraud and embezzlement for transferring 341 million yen ($3 million) from a Mt. Gox account holding customer funds to another account in his name in 2013. Karpelés was also charged with the allegation of boosting the balance of an account in his name in Mt. Gox’s trading system. He was imprisoned until July 2016, when he was released on bail. The 32-year-old chief executive has pleaded not guilty to the charges relating to the loss of bitcoins from Mt Gox. While the story is intriguing, the loss of such a big number of bitcoins has sparked a series of theories including the suggestion that Mt Gox never had the amount of coins it claimed it did and that Karpelés had manipulated the numbers to show that the exchange held more bitcoin than it really had. Another conspiracy theory alleges that the US government seized Gox’s cold wallet and that Karpelés was ordered not to disclose the truth.  

5. One World Currency 

This is the belief that in the future the world will share one currency which would be created by the elite. The theory is loosely related to the one about the Mark of the Beast, as the currency will be traceable and everyone in the world will be forced to use it. This fits with blockchain technology being traceable and also BTC being a cyber-currency that can be used globally to create a new world order. 

6. Conspiracy theories birthing new ones 

From Bitcoin being a creation of the US government, China, or the NSA, to Satoshi Nakamoto being an AI, crazy theories abound. Bitcoin and cryptocurrencies continue to feed the imaginations of crypto enthusiasts and online users, enchanting the online space and creating a sense of community where users can share their beliefs and theories. Originating from events in real life and blown out of proportion, these conspiracy theories have become a kind of blockchain folklore and will undoubtedly continue to give birth to new theories as cryptos become more commonly used in everyday life. 

    ビットコインは悪魔に関係している?理不尽な暗号通貨陰謀説

    ブロックチェーンの技術と暗号通貨はフィンテック業界で一番話題に上るテーマの1つですが、その多くは謎に包まれ、いくつかの陰謀説を生み出すまでになりました。暗号通貨の主要な登場人物の1人でビットコインの創設者のナカモトサトシは今日まで匿名を保っているという事実は、神話性を強めており、オンラインユーザーの中でいくつもの偽情報が出回っています。

    最も有名な陰謀説を見てみましょう:

    1. 獣の刻印

    人間はたいてい、ビットコインやその他の暗号通貨を含め、よくわからないものを悪魔化する傾向があり、その複雑な性質のために闇に包まれます。以下の陰謀説によると、ビットコインは“獣の刻印”であるとのことです!この説は新約聖書、第13章のヨハネの黙示録に起源をもち、そこでは人々は日々の必需品を調達するために体に刻印を押されていたと述べられています。今では文字通り技術による刻印ですが、皮下に埋め込まれたチップでビットコインを持つことができるので、この説が宗教界や保守派に広まっています。こういった装置が年初に出てきた時、あるツイッターのユーザーはこうつぶやきました:「リップルもXRPも好きだけれど、チップは絶対にいらない!獣の刻印だ!神を称えよ!」

    2.CIAとMI5が秘密任務の資金調達をするためにビットコインを創造した

    この主張は、ロシアの富豪女性の1人であり、ロシアのサイバーセキュリティ会社Kasperskyの共同創業者であるNatalya KasperskyがサンクトペテルブルクのITMP大学でのプレゼンテーション中に作ったもので、根拠が全くないというわけではありません。彼女のスライドにはこうありました:“ビットコインは米国諜報機関のプロジェクトで、他国における米国、イギリス、カナダの諜報行為に即時の資金調達を可能にするべく作られたものです。技術はインターネットやGPS, TORのように私的利用されています。実際、それはドル2.0なのです。レートは取引所の所有者によってコントロールされています。” また、彼女はナカモトサトシは米国暗号使用者全体のコードネームであるとも説明しています。彼女のような影響力のある人がそのような主張をした時に、ニュースというものは、どれほどでたらめな情報であったとしても、あっという間に本格的な陰謀説に仕立て上げられてしまうことを無視することはできません。

    3.政府がBTCを買っている

    いくつかの政府が世界中で秘密裏にBTCを買い集めているというものです。この説は政府によるビットコインの没収に端を発しており、政府はそれを売ることで何百万ドルもの利益を得ているというものです。政府だけでなく、政府のオークションでBTCを割引価格で購入したTimothy Draperなどの投資家も含まれます。

    4.Mt Goxの失墜が陰謀説を誘因した

    日本における最大のビットコイン取引所であったMt.Gox(名前は、マジックザギャザリングオンライン交換所から来ている)は、2014年2月末に破産しました。85万ものビットコインがハッキングによって失われ、28百万ドルもの現金は会社の銀行口座からはすでになくなっていました。ビットコインの価格が暴落したことから、これがビットコインの終わりであるかのように恐れられました。伝えられるところによると、そのうち20万ビットコインは、Karpeleによって忘れられていたウォレットに見つかったとのことですが、65万については見つかることはありませんでした。端的に言うと、Mt.Goxは未だ事件が調査中とのことで破産保護下におかれています。
    フランス人の開発者で2011年に取引所を購入したMark Karpelesは3億4千百万円(3百万ドル)を顧客資金があるMt.Goxの口座から彼の名義の口座に2013年に送金したとの詐欺と横領の罪に問われ、2015年8月に日本で逮捕されました。Karpelesはさらに、Mt.Goxの取引システムの中で口座残高を水増しした罪にも問われています。彼は2016年7月に保釈されるまで収監されていました。32歳のチーフエグゼクティブは、Mt.Goxのビットコインの紛失に関しては有罪と認められませんでした。彼の話は興味深いものですが、大きな額のビットコインの紛失に、Mt.Goxは主張しているほどの額のビットコインは持っていなかった、Karpelesが実際より多くのビットコインを取引所が持っていると見せかけるために操作していたとの説まで出てきました。もう1つの陰謀説としては、米国政府がGoxのコールドウォレットを差し押さえて、Karpelesはその真実を公にしないように命じられたというものもあります。

    5.唯一の世界通貨

    未来の世界において、世界はエリート階級によってつくられた1つの通貨を共有するという説です。この説は、通貨がトレーサブルで世界の誰もが使わざるを得ないという点で、獣の刻印と少し関係しているものがあります。これは、トレーサブルで、BTCは新しい世界秩序を作るために世界中で使われるサイバー通貨という点においてブロックチェーン技術と適合しています。

    6.陰謀説が新しい陰謀説を生む

    ビットコインが米国政府や中国、NSAの作り物であるというものから、ナカモトサトシはAIであるというものなど、信じられないような説があふれています。ビットコインや暗号通貨は、暗号通貨支持者やオンラインユーザーの想像力を刺激し、オンラインスペースを魅了し続け、ユーザーが信念や説を共有するコミュニティの感覚を作っていくのです。現実世界における出来事に端を発し、これらの陰謀説はブロックチェーンの民間伝承の類になっており、暗号通貨が日常生活でより一般的に使われるようになるに従って、新しい説は疑いようもなく生み出され続けるでしょう。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です