News

PumaPayプロダクトアップデート:さらに改善されました!
4月 24, 2020

PumaPayプロダクトアップデート:さらに改善されました!

世界中がロックダウンの最中、PumaPayはお客様のニーズに対応するために努力を重ねてきましたが、この機会を利用して製品をさらに良いものにするためのアップデートを行いました。 最新の開発により、モバイルウォレットアプリとビジネスコンソールの両方で、これまで以上に最適化された体験をユーザーに提供できるようになりました。 新機能についてご説明します。 ボタン1つで返金請求が可能に 顧客は、PumaPayモバイルウォレットアプリを通じて、購入した商品の払い戻しを請求できるようになりました。返金のリクエストは特定の取引に対して行うことができ、その詳細は加盟店に送信され、加盟店はPumaPayビジネスコ...

Continue Reading

LATEST ARTICLES

暗号通貨における秘密鍵と公開鍵

2019年2月7日 主要な暗号通貨は公開鍵の暗号法に基づいて作られており、それはペアとなる鍵を利用する暗号法で、1つの公開鍵(公に知られていて、認証に使われるもの)と1つの秘密鍵(秘密で、承認と暗号化に使われるもの)を利用する暗号法システムです。 秘密鍵と公開鍵は、無作為のアルファベットと数字の組み合わせからなる暗号法システムで、ユーザーが最初のビットコインやアルトコインの取引を開始する際に作成されます。例えば、もし暗号通貨をブロックチェーン上で送りたいという場合、公開鍵の方に送ります。秘密鍵はユーザーが送る各取引のデジタル認証を作成するために使用され、秘密鍵の所有権を有効化し、取引が改ざんさ...

Continue Reading


なぜテザーは謎につつまれた暗号通貨なのでしょうか?

2019年2月7日 最も活発に取引がされ人気がある暗号通貨の1つであるテザー(USDTとも呼ばれます)は、暗号通貨投資家が関心をよせていますが、それはそのコインがUSドルによって価値が担保されていると言われているためです。それゆえ、USドルの代わりとして暗号通貨市場で取引されています。しかし10月から、暗号通貨トレーダーは不安を感じています、というのも、テザーの価格が$0.94まで下落し、テザートークンの明らかな売りを引き起こし、投資家が通貨への信頼を失っているという憶測が広まったからです。 テザーの人気はビットコインと、価格操作を行っていたと言われている暗号通貨取引所のBitfinexから来...

Continue Reading


フォークとは?

2019年2月5日 フォークとは? 2019年2月27日ごろ、ブロック#7,280,000においてイーサリアムのコンスタンチノープルフォークが起きる予定ですが、ブロックチェーンと暗号通貨界に何をもたらすのか、いくつかの議論がありました。暗号通貨のフォークとは何かについて、学ぶにはいい機会だと思います。 暗号通貨のフォークとはブロックチェーンではよくある現象です。それは、暗号通貨のコードが2つに分かれ、ブロックチェーンの代替版を作った結果で、古いものと併存して存在することになる新しいバージョンの暗号通貨です。言い換えると、フォークはブロックチェーンコミュニティがコードの変更に同意した場合のみ起き...

Continue Reading


HexopayがPumaPayの暗号通貨請求ソリューションを採用

2019年2月4日キプロス、リマソル 暗号通貨決済・請求ソリューションのPumaPayは、ギャンブルやリスク管理業界に特に注力している主要な決済会社のHexopayがPumaPayの暗号請求ソリューションを近い将来採用することに合意したことを発表いたします。 PumaPayは2018年5月にプライベートセールにて117百万ドルを調達し注目を集めました。結果として、CryptoCompareによると7番目に大きなICOとしてランクされています。1年以内で、ユーザーが暗号通貨ベースの定期支払を簡単に定期購読できる暗号通貨ウォレットをリリースし、現在はビジネスコンソールの完成に向けて動いています。こ...

Continue Reading


FUDは放っておこう

2019年1月30日 暗号通貨のFUDは事実です。人々がFUDを始めると、何か重要に違いない、特にそれが最先端でカッコいいブロックチェーンプロジェクトだとすると猶更です。FUDはFear(不安)、Uncertainty(不確実性)、Doubt(疑問)の頭文字をとったもので、たいていはメディアのデマや誤報から広がります。FUDは暗号通貨にただちに効果を及ぼす可能性があるもので、偽ニュースは市場にボラティリティ(変動性)をもたらし、コインやトークンの価格に影響を及ぼします。伝統的には、疑問や不安を作り、既存の代替品となるような新しい商品やサービスから顧客の目を背けさせる、故意の行動として理解されて...

Continue Reading


日本で暗号通貨は現金に置き換わるのか?

2019年1月29日 日本では、変化の兆しが見えてきています。政府はブロックチェーン技術や暗号通貨を徐々に受け入れ始めています。中国や韓国と違い、日本は電子マネーの採用がとても遅いです。長い間現金に頼っていたのですが、それには理由があります。路上での強盗が少ないことや、金利や相続税が低いことが、現金を使うという贅沢を可能にしたのです。 しかし多くの小売業者は法的な決済手段として暗号通貨を受け入れ始めています。日本は非現金経済へ移行しようとしています。デジタル通貨は漸進的な未来の一部です。この理由からも、日本は未来の自国経済に不可欠な部分を確実に作ろうとしています。 日本は日常取引において現金の...

Continue Reading


Page 30 of 46« First...1020...2829303132...40...Last »