暗号通貨における秘密鍵と公開鍵

2019年2月7日

主要な暗号通貨は公開鍵の暗号法に基づいて作られており、それはペアとなる鍵を利用する暗号法で、1つの公開鍵(公に知られていて、認証に使われるもの)と1つの秘密鍵(秘密で、承認と暗号化に使われるもの)を利用する暗号法システムです。

秘密鍵と公開鍵は、無作為のアルファベットと数字の組み合わせからなる暗号法システムで、ユーザーが最初のビットコインやアルトコインの取引を開始する際に作成されます。例えば、もし暗号通貨をブロックチェーン上で送りたいという場合、公開鍵の方に送ります。秘密鍵はユーザーが送る各取引のデジタル認証を作成するために使用され、秘密鍵の所有権を有効化し、取引が改ざんされないことを確認します。

秘密鍵は、あなたの秘密のパスワードで、あなた一人しか知ってはいけません。あなたの通貨を売る時、秘密鍵がブロックチェーンに通貨が売られることを伝えます。秘密鍵はユーザーがあなたのビットコインやアルトコインにアクセスできるようにする安全なパスワードであり、資産を安全に管理します。「秘密鍵を持っていないならば、ビットコインを持っていないのと同じである」との言葉もある程です。秘密鍵なしでは、暗号通貨の使用、引き出し、他の取引などを口座から行うことはできません。あなたの秘密鍵を守るには、秘密鍵とウォレットをバックアップしき、USBやCDへ暗号化して保存しておくことを推奨しています。

公開鍵は広く流通しており、他人と共有することができ、ブロックチェーンがコインを特定するのに使うものです。ユーザーが通貨を購入したり売却することをブロックチェーンコミュニティへ知らせるものです。これは、秘密鍵から作成されるアルファベットと数字の長い組み合わせで表されるものです。しかしながら、公開鍵は複雑な数学アルゴリズムを通じて作られるため、その過程を逆転させること、つまり公開鍵から秘密鍵を作成することは不可能になっています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です