PumaPay:性別のバランスがとれた企業

2019年3月8日

開始当初から、PumaPayはプロジェクト開始当初から、PumaPayは透明性や公平性だけでなく、性別や人種、年齢に関係なく全員が平等に扱われ、差別なく平等に機会が提供される組織であることを目標としています。

フィンテック業界は、 大多数は男性が関わっていることが多く、女性にはない、力強さや男性らしさが特徴としてあります。スタートアップとして、PumaPayは男性に支配された集団で固まらず、性別の均衡がとれた構成を作るという想いによって前進しています。戦略的な役割に多くの女性が就いており、PumaPayは、多文化な企業として、先入観がなく、男性女性の双方に扉が開かれた方針という責任と受容に、強い想いを持っています。

プロフェッショナルな女性は、今まで男性優位の業界では苦労することが多く、発言力を得るために奮闘してきました。

PumaPayは開放的なスタートアップで、女性が決断し、発言をし 新しい才能の採用や、方針の策定にも関わっています。人事部と業務部の部長を務めているElena Savvidesは、PumaPayでは彼女が探していたやる気やサポートが得られ、それによって差別がない環境を作り、育み、平等な機会と従業員のやる気を向上させることができると感じています。「性別に関係なく、才能ある人材を採用し、この企業の性格を形作ることができることはとてやりがいがあることです。」と述べています。

PumaPayの女性は、マーケティング計画を作成したり、イベントの計画を練ったり、PumaPayブランドを形づくり、再構成したりなど、時代に合ったものへと日々作り替えています。他人に権限を委譲したり、自らイニシアチブを取ることを支援しながら、決済の権限を持ち、会社の新しいアイディアを言葉にしています。ソフトウェア開発者のStella Evagorouは、伝統的に男性によって担われていた役割を担っていますが、それが彼女の仕事の楽しさを阻むことはありません。「自分の能力を最大限生かして義務を果たすことに誇りを持っていますし、女性の開発者であることの制限を感じたことは一切ありません。一生懸命働くことで、男性女性関係なく、同僚とよい友人関係を構築してきました。」

一生懸命働き、いいチームの一員であり、同僚を支援し、継続的な刺激を与えてくれる女性が、多くのチームを率いています。Olesia Meshcheriakovaはプロジェクトマネージャーを務めており、チームメンバーが期限内に仕事を終わらせるための支援をしています。彼女にとって、チームを率いることは素晴らしい経験になっています。「男性、女性どちらと働くかは関係なく、プロジェクトを期限通りに完了するために、同僚と相互に影響し合えるプロフェッショナルな関係性を築いてきました。そして、それはPumaPayにある開放的で受容的な環境なしではできませんでした。」

PumaPayは組織の全員が女性ではありません。それでは1つの側に偏った組織になってしまいます。その代わり、才能を伸ばす一方で、それぞれの性別でより高い段階で表現ができるよう、私達は全ての従業員が一番成果を出せる役割を担える機会を全ての従業員に提供しています。性別はどのような地位に対しても、必要な要件ではありません、しかし伝統的に見過ごされてきた集団に対しては意識を向けており、女性もの一部であると思っています。貢献の価値を評価するだけでは物足りないということもできます。

ブロックチェーンのスタートアップは、自律し、イノベーションを生み出せるようになるまでには多くの時間、エネルギー、努力が必要であることを理解しています。性別のバランスを改善する、より多くの女性がリーダーシップが必要な地位を担うこと、異なる価値観でより多様なチームを作ることは、前進したいという継続した願望の裏にある原動力です。決済業界を作り替えるというのが私達のモットーですが、しばらくは、オフィスでの先入観を作り替えることが目の前の現実となるでしょう。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.