PumaPayビジネスコンソールMVPが公開

2019年3月29日

先月のビジネスコンソール試作品の導入に次いで、この度無事開発を終え、お約束通り第一四半期にビジネスコンソールが導入できたことをお知らせいたします。

これは私達にとって、興奮に満ちたとても重要な商品と位置付けています。ビジネスコンソールは、事業者をプロトコルへ統合するための土台となるものです。それにより、事業者は請求モデルを管理、監視することができます。同時に、請求モデルウィザードにより、事業者は円滑で直観的に請求モデルを作成することができます。

今後数週間で、早期導入者の実際の導入を開始する予定です。この作業は徐々に体系的に行われ、初めは3~5社へ導入を始めます。早期導入者との統合を終え次第、ペースを速め、新規事業者に対しての登録作業も開始します。言うまでもないことですが、コミュニティの皆さんには開発状況については定期的にお知らせいたします。

下記は、ビジネスコンソールのプレビューです。

4月はさらに多くの進捗を予定

4月後半には、完成を待ちわびていたネイティブ版のモバイルウォレットアプリがいよいよ導入される予定です。

これはChrome拡張機能を含んでおり、下記画像のようなイメージとなります。

詳細はメールにてご連絡いただくか、Telegramよりお問い合わせください。

Facebook and Twitterでも最新ニュースをチェックできます。

決済ソリューションについてのさらに詳しい情報は、PumaPayウェブサイトをご確認ください。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.