PumaPay ビジネスの進捗: 導入手続き

2019年7月5日

いよいよ待ちわびていた時がやってきました。当社独自の暗号通貨決済および請求プラットフォームであるビジネスコンソールは、現在いくつか企業によって厳密なテストが行われています。

最初の3つの統合作業は暗号通貨での請求モデルを設定したり、現在導入手続きの最終段階にあり、その舞台裏のすべてを皆様と共有させていただきたいと思います。こういった早期導入者とより密接に協業する中で出会った素晴らしい共同作業の精神に、これ以上ないほど感謝を申し上げます。では、導入手続きに必要なものを詳しく見てみましょう。

導入手続きとは?

従来の意味でのオンボーディング(導入手続き)とは、新しく採用された社員が組織へどう統合されるかということです。つまり、私たちは早期導入者をPumaPayの「新入社員」と見なすことができます。ただし、早期導入者の導入手続きという点では、事業者がビジネスコンソールへどのように接続されるかという仕組みを意味しています。

導入手続きの前に終えておくべきものは何でしょうか?

1.合意の受諾

拡大を続ける私達のエコシステムの一員になるために、全ての企業は特定の契約条件を含む契約に署名し、当社の暗号通貨ソリューションを採用する意志を確認する必要があります。

2.KYCプロセス 

アンチマネーロンダリングの枠組みや、顧客のデューデリジェンス要件に沿っていることを確認するため、1つ1つの認証プロセスを踏むことが必要になります。

3.ビジネスコンソールのチュートリアル

ビジネスコンソールと現在利用可能な請求モデルについて体系的なチュートリアルを提供しており、それによりPumaPayは事業者と技術的な仕様を作成し、彼らの独自のビジネスフローと請求要件を理解することができます。これにより、既存または新規製品の開発を促すための事業的な知見も得ることができることが期待されます。

4.導入手続き

実際の導入手続きを始めるために、事業者にはビジネスコンソールへのアクセス権が与えられます。自身の資格情報を初めて使用することで、テスト環境の設定を開始することができます。これを行うために、事業者は私たちのAPIとWikiの文書を参照することになりますが、これらは、彼らのプロセスが円滑に完了することを助けるツールとなります。

暗号通貨請求プロトコルに慣れるためには少々時間を要するため、PumaPayはテストネット環境を提供しています。この環境を利用することで、本物の暗号通貨を消費することなく、当社の製品のすべての機能を実際に試すことができます。メインネット(本番環境)上でリアルタイムのアクティビティを行う前に、様々な検討を行うのに最適な環境です。

ビジネスのベストプラクティス

テスト環境では、事業者が自社製品の暗号通貨請求モデルを作成し、バックエンドとフロントエンドでその機能のテストをすることができます。これにより、当社のソリューションがどのように機能するのか、また事業者独自のニーズに合わせてどのように調整できるのかについて、理解を深めることができます。

知っていましたか?

事業者の資金ウォレットには、トークンが必要です。テスト用にトークンを供給するPumaPayファウセットから、テスト用のPMAトークンを取得できます。  ETH ファウセットからは、ETH ウォレットにテスト用イーサリアムを入手することができます。テスト用取引がブロックチェーン上で送信されたかどうかを確認することで、テストループを完了することができます。

5.小規模テスト段階

テストネットで理論的に実施できたことを、実稼働する前に小規模でテストし、それがメインイーサリアムネットワーク(メインネットネットワークと呼ばれる)でどのように機能するか確認します。

6.公開開始

すべてのテスト段階が完了すると、いよいよ暗号通貨決済を受け入れ始める準備が整います。

どのくらいかかりますか?

最初の3つの早期導入者のテストは、お互いに刺激的で学びの多いものとなりました。これは全て、新しく革命的でユニークな製品で行われるため、予想外の問題に多く遭遇し、修正を重ねてきました。早期導入事業者は、テストを進めることよりも、時間に寛容でいてくれました。私たちがより広い市場に大きな影響を与えることを可能にするために、重要なフィードバックが得られたことは最も貴重な経験となりました。

これらの情報により、PumaPayの導入手続きについての知見を皆様が得られることができれば幸いです。  双方の時間を必要とするプロセスとなりますが、  今後、統合についてより多くを公開できることを楽しみにしています。

 

PumaPayは、革新的な商品を開発し、世界中の事業者に向けて前向きにつながりを築き、商品を開発する中で、皆様からいただく支援について大変感謝しております。PumaPay と私達のエコシステムについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

Telegram Facebook や Twitterをご覧いただくことで、最新のニュースを確認いただけます。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.