PumaPay Takes Corporate Expenses to the Blockchain

PumaPay brings multiple benefits to merchants and their clients alike. But that’s not it, our PullPayment protocol can also be invaluable when it comes to corporate environments and expenses, such as business travel.

Those of us who travel for work dread the moment when we come back to the office and need to claim our travel expenses, which often includes filling out a bulky form, which the accounting team will still have questions about. So, if you paid for a work lunch with business partners with YOUR OWN CARD, you still have to jump through the hoops to get your money back. Why doesn’t your employer just give you a corporate credit card, right? Well, employers have multiple reasons not to do that for regular employees, but don’t think that they aren’t annoyed with all those travel and corporate expense procedures too. With its restricted payment option, PumaPay has the solution that will work for employees and management alike.

Like a puma on the prowl

Developed around the smart features of the PullContract and the PMA token, PumaPay reverses the mechanics of crypto transactions. By doing so, not only does it reduce the time required by a crypto transaction to complete but it also allows users to keep their spending in check with the restricted payment scenario. Let’s see how it could work.

This is the story of Benjamin, who was sent on a business trip to Las Vegas. Benjamin was given access to a special PumaPay corporate wallet to cover all his travel expenses.

Benjamin was jumping with joy that finally he’d be traveling to, well, the city where we all want to “get lost” and spend screamingly crazy amounts of money in casino. For a split second, Benjamin thought he might as well do that and no one would notice. But – work first. Benjamin went on ahead and booked his round-trip flight and his hotel with his corporate PumaPay wallet. In both cases, his PumaPay transactions were completed within seconds. Each time, he went to the provider’s website and selected PumaPay as a payment option. A QR code linked to Benjamin’s contract was generated, and the payment went through smoothly with a simple QR code scanning.

So far, so good, the big day came, and Benjamin boarded the plane and off he flew to Vegas. From the airport, Benjamin went to the hotel to check in and prepare for the convention the next day.

Everything went exactly by the PumaPay book. Whenever Benjamin needed to travel locally or buy a sandwich, he scanned the QR code and got the product or service. So, in the evening he thought he could go a little wild after a busy day at the convention center and went to the casino. To his surprise, Benjamin could not even buy a soda there. The reason? Well, what he didn’t know was that the PumaPay wallet he was given access to was actually restricted.

PumaPay is a flexible blockchain-based payment solution that facilitates transactions that would otherwise be impossible over the blockchain, including restricted corporate payments. What Benjamin didn’t know is that his manager set a number of Limiters or restricting parameters on his corporate PumaPay wallet that would allow regular purchases such as breakfast, lunch, dinner or a trip by taxi from the hotel to the convention center, hotel and flight bookings but not “luxury” expenses such as a casino night. Bad luck, Benjamin!

In Benjamin’s case, his employer restricted his transactions based on the product type. However, flexible as it is, the PumaPay protocol supports any type of restricted payments over the blockchain, allowing product or amount-based Limiter set-ups, manual or transaction-based approvals (a particularly efficient option for stay-at-home moms who want to keep an eye on their children’s expenses) or automatic authorizations. PumaPay takes corporate payments to the blockchain.

Our Crowdsale is coming up! Until then feel free to join us on Telegram and let’s talk! We’d love to hear your thoughts and answer your questions.

    PumaPayがビジネス経費をブロックチェーン上へ

    PumaPayは事業者やその顧客へ複数の利益をもたらします。しかしそれだけではなく、プル型決済プロトコルは出張費などビジネス経費についても有益なものになります。

    仕事で旅行に行く人は、オフィスに帰った後出張経費を申請することを嫌がります、というのも、とてつもない量のフォームを記入したり、経理から質問攻めに会うからです。つまり、あなたのカードでビジネスパートナーとランチをした場合、経費精算にとても苦労します。なぜ法人用クレジットカードを渡してくれないの?と思いますよね。事業者側は一般の社員に法人用カードを作りたくない理由がいくつかあるのですが、だからといって、出張費やビジネス経費プロセスに困っていないかというと、そうではありません。制限決済オプションによって、PumaPayは事業者側や経営層に提案できるソリューションを持っています。

    さまようヒョウのように

    プル型コントラクトやPMAトークンなどのスマートな機能と共に開発されたPumaPayは、暗号通貨取引の仕組みを逆転させます。そうすることで、暗号通貨取引が完了するまでの時間を減らすことができるだけでなく、制限された用途での決済のみ受け付けることができます。では、どのように動くのか見てみましょう。

    ラスベガスへ出張に来た、ベンジャミンという人の話です。ベンジャミンはPumaPay法人ウォレットを持たされ、それで全ての出張関連費を賄う必要がありました。

    ベンジャミンは、ずっと訪れてみたいと思っていた、叫びたくなるような額のお金が使われる、誰もが迷い込んでみたいカジノの街へ行けることに喜びを隠せませんでした。少しだけ、自分がそんなことをやっても誰も気づかないだろうと思ってしまいました。しかし、仕事が優先です。まず、ベンジャミンは往復航空券とホテルをPumaPay法人ウォレットで予約しました。どちらのケースでも、PumaPayの取引は数秒で完結します。毎回、サービス提供者のウェブサイトにいってPumaPayを決済オプションとして選ぶだけです。ベンジャミンの契約にリンクするQRコードが作成され、スキャンするだけで決済がスムーズに完了します。

    ここまではいいでしょう。いよいよその日がやってきました。ベンジャミンは飛行機に乗り込み、ラスベガスへと向かいます。空港から、ホテルへ向かいチェックインを済ませ、次の日の展示会の準備をしました。

    全てがPumaPayで予約した通りに進みました。ベンジャミンが周辺地域を散策したり、サンドイッチを買ったりするときはいつでも、QRコードをスキャンして商品やサービスを受けられます。夜になると、展示会で忙しい一日を過ごしたのだから、カジノで少し遊んでみようと思いました。しかし驚いたことに、ベンジャミンはそこでソーダすらも買うことができませんでした。その理由ですか?彼が与えられたPumaPay法人ウォレットは、制限付きのものだったからです。

    PumaPayは、制限付きの法人決済を含め、ブロックチェーンを通すと不可能になってしまう取引を円滑にするブロックチェーンベースの柔軟な決済ソリューションです。ベンジャミンが知らなかったのは、上司が彼のPumaPay法人ウォレットにいくつもの制限をつけていたため、朝食、昼食、夕食や、ホテルから展示会会場、空港までのタクシー費用など通常の利用は可能だったものの、カジノでの出費などの贅沢品の経費は許されていなかったのです。運が悪かったね、ベンジャミン!

    ベンジャミンの場合だと、雇用元は商品タイプに基づいて取引を制限していました。しかし、PumaPayのプロトコルは柔軟なので、ブロックチェーン上ではどんな種類の制限付き取引も可能です。商品を許可したり、金額ベースの制限や、手動管理、取引ごとの承認(自宅にいる母親で、子供の出費に目を光らせている人には特に最適なオプションです)、自動承認などです。このように、PumaPayはブロックチェーンで会社の経費を処理することができます。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です