PumaPayとニコシア大学が戦略的提携

アテネで開催された、DECENTRALIZED 2019という素晴らしいブロックチェーン関連イベントとプレゼンテーションの後、PumaPay CEOのYoav Drorは、このイベントのスポンサーに就任した理由と、IFFの創設メンバーである理由について説明しました。

DECENTRALIZED 2019は、ニコシア大学が毎年主催する展示会で、今回が3回目の開催です。今年のカンファレンスでは、ビジネス、テクノロジー、アカデミアの3つの分野で、最近の傾向や将来的な発展について議論が行われました。PumaPayのブロックチェーン定期決済システムは、この中で2つの分野:ビジネス、テクノロジーをカバーしています。ヨアヴ氏は、既に公開されている企業向けの暗号決済ソリューションの内容を含め、PumaPayが暗号通貨の採択をどのように推進しているかについて発表しました。

PumaPayは、今回の主催団体であるInstitute for the Future(IFF)の設立メンバーの1人です。IFFはニコシア大学における学際的研究センターであり、新興技術をさらに推し進め、各業界や政府、教育機関などへの効果的な採用に貢献し、人々の生活と社会全般への影響を適切に評価することを目的としています。

ニコシア大学は、ブロックチェーンを中心に主要な講義を提供する研究所としては世界初の1つで、先駆者的な存在です。世界で唯一のデジタル通貨に関する修士号を取得することができ、学術研究や実際のアプリケーション開発も積極的に進めています。

ニコシア大学との関係もあり、スポンサーとして、そして講演者として、このイベントに参加するのは重要なことでした。UNICおよびIFFと戦略的に連携できることを誇りに思っています。初めから、我々が達成しようとしていることは一致しています。それは、企業と個人のような主体の双方ににとって、デジタル決済と暗号通貨の間に存在する溝を埋める支援をしているということです。実際我々は、201810月に完全な分散型の定期決済をブロックチェーンに導入した最初の企業です。我々のソリューションは、定期支払い、トップアップ(追加課金)、従量課金、時間毎課金など、オンライン・オフラインの分野で最も一般的な取引に対応しており、日常決済に対応したブロックチェーンソリューションです。DECENTRALIZEDは、これを発表するには素晴らしい機会です。来年キプロス、リマソルで開催されるDECENTRALIZED 2020も、大変楽しみにしております。

PumaPay CEO, Yoav Dror

 

暗号通貨ソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。

最新のニュースを受け取るには、Telegramへご参加ください。 Twitterや Facebook でも確認いただけます。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.