Reddit Alexis OhanianがPumaPayのような暗号通貨の作り手に関して言及

2019年2月27日

インフルエンサー、「インターネットの市長」、投資家、ソーシャルメディアプラットフォームRedditの共同創業者で、Serena Williams の夫であるAlexis Ohanianは、暗号通貨について、「詐欺は終わり、熱は冷めた。だけどそれはいいことだと思う」と語りました。

先週金曜日にヤフーファイナンスでのインタビューでAndy Serwerに語ったのは、興奮は冷めたものの暗号通貨の未来についてはとても前向きに思っているとのことでした。Coinbase CEOのBrian Armstrongが以前、「暗号革命の春」と述べたことを言い換えて、Ohanianは「では、これは明らかに暗号通貨の冬だね」と述べました。

暗号通貨詐欺はなくなるものの、暗号通貨の作り手は生き残る

Ohanianが明らかにしたのは、現在の状況は、価格下落という現状にも関わらず散々なものではないということでした。投機筋が去ったのはいいことで、なぜなら現在暗号通貨に関わっている人は本当の信者だからです。そして彼らは実際に作り手でもあります。彼らは、本気で実現しようと、基盤となるものを構築しています。

確かに、暗号通貨市場は弱気ですが、本当の信者は暗号通貨の基盤を開発している作り手です。例えばPumaPayは、商品やサービスを構築し導入するべく必要な段階を踏んでおり、業界がまだ初期段階にも関わらず、実現させるべく継続して努力を重ねています。Ohanianにとって、暗号通貨についての大げさな表現や表面的な称賛は、困難にめげずに暗号通貨ソリューションとブロックチェーンプロジェクトに取り組み続ける会社が行うまともな仕事に置き換わってきたということです。

JPMコインの導入という以前の記事でも言及しましたが、OhanianはJPモルガンが自身の暗号通貨を作ることになった心変わりについても強調しています。彼はまた「過度に投機的な行動がなくなったことは、本物のイノベーションが起きているという指標にもなっているということです。」と述べています。

Ohanianにとって、暗号通貨業界は少しずつ、暗号通貨に対してより明確な見方を持つようになっているとのことです。そのため、投資する際には長期的な視点を持つ必要があります。そしてこれは、「どんな種類の投資にも一般的にいいアドバイスではあるのですが、暗号通貨という初期の段階のものにとってはなおさらです」と彼は言います。

暗号通貨は“勇気を与えるもの”

Ohanianが暗号通貨についての考えを述べたのはこれが初めてではありません。昨年、暗号通貨は、その価格変動性にも関わらず「潜在的な新しいインターネット」となると彼は述べていました。Stephen ColbertがホストするLate Showに出演した際、Ohanianは、デジタル通貨は「単一国家のみに保証されているわけではない価値の保全手段である」と述べました。また彼は、「多くの州において、政府やお金についての不確実性は存在します。そして人々は貯蓄が少なくなっていくのを目にしています。ビットコインと同じくらいの価格変動性をもつにもかかわらず、ハイパーインフレに見舞われるいくつかの国家よりは変動率が少ない可能性がある通貨を持つことに、価値はあります。」 「世界中の人にとって、あなたのものはあなたのもの、なぜなら暗号通貨はデジタルなのであなたと一緒にどこにでも移動できる、という事実を知ることができる安心感というのは、とても勇気が持てることなのです。」

Ohanianは暗号通貨に長く関わっています。2011年にRedditは暗号通貨取引所Coinbaseの設立時からの投資家でした。OhanianはOrigin Protocolと呼ばれるブロックチェーンベースのシェアリングエコノミースタートアップについても、4月の28.5百万ドルのSAFT (Simple Agreement for Future Token、トークン化に関する合意)セール中に支持を表明していました。

より多くのインフルエンサーや暗号通貨投資家が暗号通貨の利点について表明するにつれて、作り手が暗号通貨をさらに広く適合させようとする現場の仕事も伴い、暗号通貨界は今後も熱を保ち続けるでしょう。

 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.