シンガポールがブロックチェーンの採択を主導

PumaPayアジアツアーは今週シンガポールに上陸し、ブロックチェーン業界の著名人を招待し、我々のソリューションとブロックチェーン業界全体について議論を行いました。最初の開催地をシンガポールにしたことは、シンガポールがブロックチェーン技術の主導的な実践者であり、暗号通貨界の先駆者であるということからも重要なことでした。

シンガポールのブロックチェーンへの取り組み

主要なブロックチェーンハブとなるため、シンガポール政府は国全体でブロックチェーンの開発と実装を積極的に推進しています。2016年、シンガポールの金融当局は、R3および複数の金融機関と提携し、銀行間決済でブロックチェーンの利用を検討するプロジェクトであるUbinを発足させました。シンガポールはまた、国家貿易プラットフォーム(NTP)を他のASEAN諸国および中国のデジタルシルクロードとリンクさせたことで、国際貿易の領域で、世界初の国境を越えたブロックチェーンを主導しました。また、通商産業省は独自のブロックチェーンプロジェクトを開発し、食料品の原材料を追跡し、その食品のサプライチェーンに透明性や起源の情報を提供しています。

ブロックチェーンの実装を主導するという目標は、さまざまな官民パートナーシップとともに、民間セクターにも拡大しています。エンタープライズシンガポールは、政府とブロックチェーンアクセラレータTribe Acceleratorとの共同施策であり、ブロックチェーン新興企業を発展せるために取り組んでいます。エンタープライズシンガポールのディレクターであるJonathan Limは、「Tribe Acceleratorと連携することで、より革新的で破壊的なブロックチェーンスタートアップを生み出し、国内そして海外での成長機会を獲得していきたいと考えています。」と述べています。

82%の企業のエグゼクティブ達が、ブロックチェーン関連イニシアチブが組織の中で進行中であるとPWCが報告していたことからも、シンガポールがブロックチェーン業界を主導することにここまで力を入れる理由も明らかだと言えるでしょう。

引き続きPumaPay アジアツアーの模様を公開していきます。お楽しみに!

出典: pwc.com,mas.gov.sg,ipi-singapore.org,cio.com

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.