Why Stablecoins are not the Holy Grail of Cryptocurrencies 

The story goes that stability is key when it comes to adopting cryptocurrencies in daily transactions, and “stablecoins” arguably provide the user with a sense of confidence due to their low volatility. Stablecoins are cryptocurrencies backed by real currencies, with the most common being Gemini Dollar (GUSD), TrueUSD (TUSD), USD Tether (USDT), and Paxos Standard (PAX), among others. What are stablecoins?  Unlike Bitcoin or Ethereum which are highly volatile, stablecoins are cryptocurrencies that are pegged to a more stable asset such as gold, but very often the USD or the Euro that will ideally guarantee their consistent value, without exception. The logic behind this consists of the cryptocurrency itself determining its own price in the market rather than the other way around. But this is wishful thinking, and reality has shown us otherwise.  An ideal coin?  In an ideal world, all these claims made by the proponents of stablecoins such as their price stability, privacy, decentralization, easy integration and scalability might sound attractive, but, in the end of the day, these are just mere claims clothed in technobabble. Stablecoins’ potential to act as an alternative to currencies lies in the fact that they are available to all internet users and can be transferred fast and efficiently internationally, at least this is how the saying goes. However, as we have witnessed, in real life, all stablecoins to date have failed, particularly, due to their inability to sustain price stability 24/7, their lack of transparency and trust, as well as their centralization, despite their public declarations to the opposite.  Challenges and Problems  As pegged cryptocurrencies, stablecoins are usually backed one-for-one by the USD, meaning that 1 stablecoin equals 1 USD. For many, the problem of stablecoins lies in their very nature, since to guarantee their value, the specific amount of US dollars needs to be in reserve, at all times. One would need to have significant funds to keep offering this service, especially when supply becomes greater than demand. And here arises the big problem, because holding millions or billions of US dollars in reserve, something to be achieved through investors or fundraising, is unsustainable and questionable. Pumping vast amounts of a stablecoin into the economy and being unable to prove the existence of US dollars to back the stablecoin has added to many stablecoins’ negative image. One of the biggest challenges faced today by stablecoin projects is this inability to keep a public record of their assets to ensure adequate reserves. This is also why regulators, who want evidence such as licenses and paperwork, do not appreciate cryptocurrency companies seeking to peg their newly created out of thin air currency to the value of a central bank-issued currency. More generally, pegs historically break, and there are many nightmare stories to show how national currencies pegged to the dollar failed to maintain the peg, due to lack of limitless currency reserves.   Stablecoin projects are also known for artificially inflating the price of other cryptocurrencies, increasing speculation, creating price declines and destabilizing other cryptos, the complete opposite of what stablecoins usually seek to accomplish.   What might be surprising initially, but on second thought quite true, is that stablecoins can be considered a bad investment, because they are backed by another poor investment, the US dollar. The fact that the US dollar might be comparatively more stable than many cryptos, does not make it a better investment, as its purchasing power is little due to inflation and volatility.  Plus, linking a cryptocurrency to a fiat currency, questions the very decentralization project cryptocurrencies initially set out to defend.  PumaPay Token: An alternative?  Unlike stablecoins, projects such as PumaPay and its PMA token, make solid statements that they move on to deliver, in an attempt to bring cryptocurrencies into the realm of daily payments and away from the fantasy world of unsubstantiated claims. By delivering a token whose purpose is to be used in daily transactions, PumaPay strives to offer an efficient, transparent and easy solution to crypto payments. With its newly and never before available offering of recurring payments in PMA on the Ethereum network, supported by a brand-new PumaPay Cryptocurrency Wallet for iOS and Android, PumaPay employs an elegant and easy to execute in the long run solution. PumaPay offers a transparent and viable example. This is why trying to find the holy grail of cryptos with stablecoins, is like adopting traditional currency systems’ centralization, but without any transparency.   

    ステーブルコインがなぜ暗号通貨の聖杯ではないのか

    日常取引に暗号通貨を採用するとなると、価格の安定性が鍵となりますが、ステーブルコインはボラティリティ(変動しやすさ)の低さから、利用者に安心を与えることができています。ステーブルコインは本物の通貨に裏付けされていて、中でも最も一般的なものはGemini Dollar (GUSD), TrueUSD (TUSD), USD Tether (USDT), Paxos Standard (PAX)などです。

    ステーブルコインとは何か?

    ビットコインやイーサリアムのようにボラティリティが高いものと違って、ステーブルコインはもっと価格が安定した資産、例えば金やUSD、EURなど、例外なくそれらの継続的な価値を保証してくれるものに価格が連動している暗号通貨です。この裏には、市場が暗号通貨自体の価格を決めているのではなく、暗号通貨自体が市場において価格を決めているという論理があります。しかしこれは楽観的な考え方で、現実が示しているものは違っています。

    理想のコイン?

    理想の世界において、価格安定、プライバシー、非中央集権、容易に統合できることや拡張性のステーブルコインの支持者によってされた主張は、魅力的かもしれません。しかし結局は、テクノロジーバブルの中で作られた主張にすぎません。ステーブルコインが通貨の代替物として機能する可能性は、それらが全てのネットユーザーに利用可能であり、国際的に早く効率的に送金ができる事実に依存します。しかしながら、現実世界で見ている通り、今までのステーブルコインは全て失敗しています。それは、彼らの公に対する主張とは違って、24時間365日の価格安定性を維持することができていないことや、透明性や信用力の欠如、中央集権的になっていることなどが原因です。

    課題と問題

    ペッグ通貨として、ステーブルコインはUSDと1対1になっていますが、それは1ステーブルコインにつき1USDということです。多くの場合、ステーブルコインの問題はその性質自体にあって、価値を保証するために特定の量のドル預金を常に確保しておく必要があります。特に共有が需要を上回ってしまった場合,
    このサービスを提供し続けるためにはとても大きな資金を必要とします。そしてここに大きな問題があるのですが、預金として何百万、何億ものドルを資金調達を通じて確保しなくてはいけないため、持続不可能で、実現が疑問視されています。多くのステーブルコインを経済に供給したにも関わらず、ステーブルコインの裏にドルの存在を証明できていないというのは、多くのステーブルコインの負のイメージです。今日ステーブルコインのプロジェクトで直面している大きな問題のうち1つは、十分な準備金を確実にする資産を証明する公的な記録がないというところなのです。それが理由となって、規制監督庁は、ライセンスや文書による証拠を求めたり、何もないところから作られた新通貨が、中央銀行発行通貨の価値と連動させたいという暗号通貨会社を認めたくないのです。より一般的には、ペッグは歴史的にも成り立っていません。ドルにペッグする国の通貨が、無制限に膨れ上がる可能性のある準備金を用意できず、ペッグを維持できないのです。

    ステーブルコインプロジェクトは他の暗号通貨の価格に人工的なインフレ圧力をかけたり、投機資金を増やし、価格下落を生み暗号通貨が不安定になるなど、ステーブルコインが達成しようとしていることの正反対のことを作り出してしまいます。はじめは驚くような概念も、よく考えてみると、ステーブルコインは悪い投資のように考えることもできます。なぜなら、それはもう1つの質の悪い資産、米ドルに裏付けられているからです。米ドルは相対的に他の多くの暗号通貨よりも安定してはいるものの、よりよい投資ではありません、というのもインフレやボラティリティにより購入力が小さいためです。加えて、暗号通貨を法定通貨にリンクさせることは、まさに非中央集権的な暗号通貨プロジェクトが最初から守ろうとしているものを疑問視させてしまうのです。

    PumaPayトークンはそれに替われるのか?

    ステーブルコインとは違い、PumaPayやそのPMAトークンのようなプロジェクトは、非本質的な主張のファンタジーの世界から離れ、日常決済に暗号通貨を導入するという強固な主張があります。日々の取引に使えるトークンを届けることで、PumaPayは効率的で透明性の高い、簡易な暗号通貨決済ソリューションを提供しようとしています。新しく、そして今までにはないイーサリアム上でのPMAでの定期支払方法を、iOSとAndroid対応のPumaPay暗号通貨ウォレットを使って提供することで、PumaPayは長期間のソリューションを容易にします。PumaPayは透明性が高く実行可能な例を示します。こうした理由で、ステーブルコインで暗号通貨の聖杯を手に入れようとすることは、透明性がない、伝統的な中央集権的通貨システムを取り入れるようなものです。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です