Stickpay が PumaPay 暗号通貨決済プロトコルを導入

Sticpay は暗号通貨の世界で、 PumaPay を決済方法の選択肢に追加するという大胆な手段を講じます。

20181018日、リマソル:決済サービス会社 Sticpay は PumaPay を採用するため、ブロックチェーン・スタートアップの Decentralized Vision Ltd と組みました。 PumaPay は Ethereum ブロックチェーンにおける定期支払い、利用毎支払い、共同支払いや制限付き支払いなど幅広い決済方法を可能とする画期的な暗号通貨決済ソリューションです。

Sticpay は PumaPay トークン (PMA) をデジタルウォレットの決済方法に加えます。Sticpay は、国際的な口座間の確実で迅速な送金を円滑にするため、デジタル支払ソリューションとデジタルウォレットの適合に重点的に取り組んでいるグローバルリーチな決済処理会社です。

PumaPay のプル型決済プロトコルを統合することにより、 Sticpay はそのマーケットシェアを拡大し、現在提供しているものに新たな支払方法を1つ追加することとなります。同様に、 Sticpay 利用者は PMA トークンを使い、円滑かつ便利に取引を行うことができるようになります。他方で、 Sticpay は PumaPay の定期決済プロトコルの利点を享受します。

Sticpayの広報担当者は、「 Sticpay がグローバルなユーザー基盤の飛躍的な成長を遂げている時に、 PumaPay 社と組めることにワクワクしています。 Sticpay は常にブロックチェーン技術の最先端にあり、このパートナーシップが支払いエコシステム全体に利すると自信を持っています。」 と述べました。  

PumaPay は Ethereum ネットワークにおいて定期支払いをサポートする、数少ないブロックチェーン・ベースの決済ソリューションです。

決済業界を全く新しく作りかえるというミッションを追って、 PumaPay は事前に合意された条件の元、事業者が直接顧客の口座に請求することを可能とします。顧客とともに設定したプルコントラクトの種類によって、事業者は週1回、2週に1回、月に1回または年に1回といった頻度で資金を引き出すことができます。

将来的なプル型決済プロトコルの反復は、利用毎支払い、共同支払い、制限付き支払など、より広範囲にわたる決済シナリオに対応します。

PumaPay ソリューションは暗号通貨ホルダーのためのモバイルアプリケーションと、事業者がいかなるプラットフォームとも迅速かつ容易に統合することができるようSDK (ソフトウェア開発キット)とAPIツール一式を含んでいます。

PumaPay CEO Yoav Dror 氏は、「我々は決済業界へエコシステムを拡大できたこと、そして Sticpay のような新しい早期導入事業者と組めたことにワクワクしています。このパートナーシップはオーストラリア、ブラジル、香港、インドネシア、ネパール、ナイジェリア、シンガポール、フィリピンや他の暗号通貨に好意的な国々への支援活動を加速させ、それらの国々は我々のソリューションの柔軟性により恩恵を受けるかもしれません。」 と述べました。

Sticpay について

Sticpay は、法定通貨と暗号通貨両方の利用者/保有者がオンライン/オフラインで迅速かつ安全に取引を行えるよう顧客主義のソリューションを提供する、キプロスに本拠地を置く決済プロバイダーです。

PumaPay について

PumaPay は、トランザクション処理サービスの全レイヤーが分散化された、オープンソースなブロックチェーンベースのプロトコルを提供しています。包括的で柔軟なプロトコルにより、提携者はほぼ既存の請求方法を使用してトランザクションを処理することができ、従来の方法(クレジットカード)とブロックチェーンベースのソリューションを組み合わせることが可能です。

 

コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!
 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.