Tag: cryptocurrencies


2019年とその先を見据え、刷新された PumaPay のヴィジョンとロードマップ

概要: PumaPay (プーマペイ)の CEO Yoav Dror は、事業者と利用者の要求にこたえる次世代の決済ソリューションとして、プーマペイの新しいヴィジョンを語りました。彼は現段階におけるプロジェクトの開発状況とともに、今年からチームが開発に着手している革新的なステップを詳細なロードマップとともに伝えています。我々は 2019 年、革新的な決済システムの開発完了を目論んでおり、暗号通貨のループを閉じることで暗号通貨のもつ価格変動リスクに対抗し、世界中の事業者にとって暗号通貨決済が実用的かつ安全な選択肢とすることを目指しています。 プーマペイは昨年から長い道のりを辿ってきており、初期の...

Continue Reading...

Continue Reading


TravelBlockがPumaPayの暗号通貨請求ソリューションを採用

2019年1月22日 キプロス、リマソル 暗号通貨の決済や請求ソリューションを提供するPumaPayは、ブロックチェーンを使用した旅行予約プラットフォームのTravelBlockがPumaPayの暗号通貨請求ソリューションを近々導入することを発表しました。PumaPayの独自のプル型決済プロトコルはTravelBlockに、日々の暗号通貨取引の効率性を向上することを目標とします。PumaPayのプロトコルは複数の決済シナリオを導入する計画で、少し例をあげるとサブスクリプションの追加購入や公共料金決済モデルなどの、現代の消費者の多様なニーズを満たしながら提供されるビジネスも促進します。 Dece...

Continue Reading...

Continue Reading


ステーブルコインがなぜ暗号通貨の聖杯ではないのか

日常取引に暗号通貨を採用するとなると、価格の安定性が鍵となりますが、ステーブルコインはボラティリティ(変動しやすさ)の低さから、利用者に安心を与えることができています。ステーブルコインは本物の通貨に裏付けされていて、中でも最も一般的なものはGemini Dollar (GUSD), TrueUSD (TUSD), USD Tether (USDT), Paxos Standard (PAX)などです。 ステーブルコインとは何か? ビットコインやイーサリアムのようにボラティリティが高いものと違って、ステーブルコインはもっと価格が安定した資産、例えば金やUSD、EURなど、例外なくそれらの継続的な...

Continue Reading...

Continue Reading


ブロックチェーン、暗号通貨にとって2019年はどんな年になるのでしょうか?

2018年は暗号通貨やブロックチェーンにとってとても難しい1年でした。ブロックチェーンという技術にとっては、多くの意味でいい年だったかもしれません。というのも、ようやくブロックチェーンというものが暗号通貨とは別の概念ということがようやく認知されたからです。しかし2019年はもっと有望な年になりそうです。より多くのブランドが技術自体や暗号通貨を受け入れ始め、特にRobinhood や  TD Ameritradeのような主要な取引所がBTCや他の暗号通貨取引を取り扱うことになることも大きいです。多くの評論家はこれを前提に、ブロックチェーン技術を採用する会社が多くなればなるほど、この技術への投資が...

Continue Reading...

Continue Reading


グローバルブロックチェーン技術のスナップショット

この数か月間、ブロックチェーン技術、そしてその重要性や独自性を市場参加者が認知し始めたことを確認していました。各国政府は未だ気が進んでいませんが、様々な業界の会社が設立した会社は、分散化台帳がそれぞれの業務に応用できる可能性があるということを確認してきています。 ビジネス環境は新興技術について疑念を持っているかもしれませんが、ブロックチェーンはポジティブな影響をもたらすことができます。未だに主流はそれを技術やビジネスの病気の根源と見ていますが、ブロックチェーンは確実に物事を速く、アクセスしやすく、安くてより安全なものにすることができます。 ブロックチェーンによって深刻な影響がある業界は、決済業...

Continue Reading...

Continue Reading


2020年までに人々が暗号通貨で支払っているものトップ10

プラスチックの欠片をスワイプして日用品を買うことが信じられないような、カッコいいことだった時のことを覚えていますか?信じるかどうかはおいておいて、数人は覚えていることでしょう!今日、暗号通貨で全ての支払いができるというのは多かれ少なかれSFの世界のようです。“少なかれ”という単純な言葉が示すように、Eコマースの統計が示すところによると、2020年までに少なくとも10個のものは暗号通貨で支払いが行われるようになります。 オンラインテクノロジーやEコマースの時代に、決済業界もその流れに乗らなくてはいけません。より多くの事業者が世界中で商品やサービスに交換する手段として暗号通貨を受け入れるようになり...

Continue Reading...

Continue Reading