ハノイ、そしてその先

今週PumaPayチームはアジアツアーの一貫で、ベトナムの海岸の街、美しいハノイの街を訪れました。シンガポールからアジアツアーを開始した後、ベトナムを訪れることがとても重要な理由は、ツアーの目的を考えると簡単です。

なぜベトナム?

政府による採用

2017年、世界銀行によると、ベトナムは200%の上昇率という、世界で最も急成長しているGDPの国となりました。ベトナム政府は新興のブロックチェーン技術に注力しており、この急速なGDPの上昇もあり、潜在的なブロックチェーンハブとして世界的に注目を集めています。政府は、新しい技術の採用や開発に有利な条件を提供し、それによって、ブロックチェーンの国内への実装をより容易に迅速に行っていこうとしています。

党中央委員会の経済委員会の委員であるNguyen Van Binhは、ブロックチェーン技術を引き続き監視し、活用を奨励し、関連するリスクを最小限に抑えるための政策と規制の枠組みを発展させていく所存であることを述べていました。

若い労働人口

ベトナムの技術応用開発局のTa Viet Dung氏は、ベトナムには効率的に採用していくための基盤があり、ブロックチェーン技術の発祥地になると考えています。この要因の1つは、国の若い労働力です。Dung氏は、人口の40%が25歳未満であり、これは近い将来に企業や投資家から関心を集めるきっかけになると考えています。

ブロックチェーン教育

若い世代への支援を進めるために、ベトナムの教育部門は、ブロックチェーン技術に関しての中等教育を提供しています。2017年初めには、いくつかの大学がブロックチェーンに関する講義を開始し、業界の先駆者となる認定技術卒業生を輩出していました。

出典: forbes.combusinessblockchainhq.comasiablockchainreview.com

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.