スマートコントラクトを理解する

ブロックチェーンの最も革新的なことの1つは、分散化という側面にあります。疑いようもなく、分散化されたシステムは、全体のネットワークの中で共有され、透明性と安全性を向上します。ですが、取引の透明性と安全性は一体どのようにして保証されるのでしょうか?

この魔法がスマートコントラクトといわれているもので、この技術は第三者を排除できるとされています。ではどうやって?スマートコントラクトは、銀行のような中央集権型の機関のサービスではない方法で、透明性が高く、利害対立がないやり方でユーザーが取引することを手助けします。

スマートコントラクトの目的は取引をより速く、より安価に、より安全に手助けすることです。この技術を一番よく表す方法として、自動販売機を想像してください。例えば、定期購読の支払いをするとします。スマートコントラクトが、取引の詳細と一緒に作成されます。そして、暗号通貨が台帳(自動販売機)に放たれ、スマートコントラクトに紐づくサービスや商品が自動的に開放されます。現在のシステムでは、法律家や公証人へ、高い手数料を払って書類を作成する必要があります。スマートコントラクトでは、合意に関わる規則や罰則が改善され、双方の主体があらかじめ決めてある行動をとった時に合意が実行することになります。

この考えは1993年に初めて現れ、初めてこれを作ったのはコンピューター技術者で暗号技術専門家であった Nick Szabo でした。彼は自動販売機の例を使い、ユーザーがどのように契約を作成し、契約にデータを与え、コマンドを実行するのをおおまかに説明しています。スマートコントラクトの裏側の技術はユーザー間の合意を管理することができるのです。

この概念は暗号通貨よりももっと古いものですが、ブロックチェーン技術がこの概念を導入する手助けになりそうです。スマートコントラクトのデメリットも存在します。その1つが、決済の仕組みを扱う際の難しさです。暗号通貨空間が進化するに従い、決済プロトコルは変化する環境に適応しなければいけません。スマートコントラクトのプッシュ行為は現実的でなく、柔軟ではありません。

PumaPayはスマートコントラクトを違った角度から見ており、スマートコントラクトの伝統的なプッシュ行為をプル行為へ逆転させています。プル型コントラクトは、事業者に彼らの顧客の口座から、双方の合意があった値に基づいて引き出すという行為を可能にする、独特の仕組みのスマートコントラクトです。ユーザーは暗号通貨を従来のプッシュ型でも送れますが、ここで話題にしている革新的な技術とは、取引の最後にあるものです。

暗号通貨業界がもっともっと開発を進めていくと、初めの技術がよりよいアップデートや商品の確固とした基盤になります。結局、スマートコントラクトは仲介者の膨大な手数料なしに、ブロックチェーンの安全性を利用して、取引の安全性を保証するために作られたものなのです。ですが、テクノロジーは漸進的な過程であるため、アイディアは改良され、改革が起こり、PumaPayのプル型コントラクトはブロックチェーン周りで新しい革命児になることでしょう。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.