フォークとは?

2019年2月5日

フォークとは?

2019年2月27日ごろ、ブロック#7,280,000においてイーサリアムのコンスタンチノープルフォークが起きる予定ですが、ブロックチェーンと暗号通貨界に何をもたらすのか、いくつかの議論がありました。暗号通貨のフォークとは何かについて、学ぶにはいい機会だと思います。

暗号通貨のフォークとはブロックチェーンではよくある現象です。それは、暗号通貨のコードが2つに分かれ、ブロックチェーンの代替版を作った結果で、古いものと併存して存在することになる新しいバージョンの暗号通貨です。言い換えると、フォークはブロックチェーンコミュニティがコードの変更に同意した場合のみ起きます。コミュニティのメンバーがフォークに同意しないと、ハードフォークが起き、異なる暗号通貨を作り出します。たいていそういった変更はソフトフォークの形で起きることになりますが、それは新しいコインの作成を行わないソフトウェアアップグレードのようなものです。

フォークの種類

フォークには2種類あります:ソフトフォークとハードフォークです。

ソフトフォーク:これはコインのコードにおける変更です。これらの変化は劇的なものではなく、ブロックチェーン全体を変えてしまうような変更ではありません。ソフトフォークはコインの1つには影響しますが、その他は影響を受けません。ソフトフォークの例はSegwitで、ブロックチェーンには変更があったものの、ビットコインは同じ状態で維持されました。

ハードフォーク:これは暗号通貨のコードにおける変更の結果で、同じコインの古いものと新しいものを生み出します。例えば、ビットコインキャッシュとビットコインゴールドはハードフォークで、いくつかの異なるブロックチェーンが各々個別に稼働するというブロックチェーン全体に対する変更の後に起こりました。

フォークはどのように作られるのでしょうか?

フォークが起きる理由は、システムを革新する必要性、コード能力の向上、ユーザー体験やパフォーマンスを改善したりするためなど様々です。コインは様々なユーザーによって保持されているので、完全に新しい暗号通貨を作るためには彼らの同意が必要となります。ハードフォークのインスタンスはイーサというイーサリアムネットワークの暗号通貨が作り出したものです。さらに、イーサリアムのコンスタンティノープルハードフォークは2019年2月27日ころ#7,280,000で起こる予定で、2つの通貨を作り出します。最初、ハードフォークは2019年1月16日に起きる予定でしたが、イーサリアムの改善プロトコルの1つに問題があったため遅れていました。

フォークが作り出されたといっても、新しい暗号通貨を買うべきという意味ではありません。しかし、古いバージョンのコインを持っている人はボーナスがあるかもしれません。なぜなら、ビットコインの所有者がフォークに加わったビットコインキャッシュ(BCH)の場合、保有しているビットコインの量と同じ量のビットコインキャッシュを受け取ることができたからです。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.